ホーム

WIMAX主要プロバイダの比較表

高額キャッシュバックにだまされるところでした

主なWIMAXサービス会社の比較表を作ってみました。
条件としてはWIMAX2のサービスでの比較になります。

BIGLOBE WiMAX nifty WiMAX So-net モバイル WiMAX GMO とくとくBB WiMAX
口座振替 ×
クレジットカード
月額料金(税別) 4380円 4350円 4379円
4263円
初期費用(税別) 3000円 3000円 3000円 3000円
契約期間 2年間 2年間 2年間 2年間
特典 キャッシュバック
15000円
または
(タブレット)
Kindle Fire HD
or
Kindle Paperwhite
キャッシュバック 14000円 ソネットポイント
15000ポイント
(※要注意!!)

OR
(タブレット)
SUS MeMO Pad™ HD 7
19000円
キャッシュバック分を引いた
2年間の総費用
93120円 93400円 108090円 86312円
入会後の
問い合わせ電話
フリーダイヤル フリーダイヤル フリーダイヤル 有料ダイヤル



一番気になるのはキャッシュバックなどの特典です。

タブレットをもらえるところもありますが、ソネットのようにキャッシュバック
(ポイント)か、またはタブレットという風に、どちらか片方しか選べない会社
もありますので注意が必要です。

ソネットはある意味商売上手です。

上の表で
ソネットポイント

15000ポイント
(※要注意!!)
と書いたところです。

ソネットポイントは毎月の料金に使えることができます。
つまり毎月の料金からポイントを使って値引くことができるのですね、

では、結構お得なのでは?と思ったのですが・・・ 

 

よくよく調べたところ、この1.5万ポイントは、
25ヶ月目からしか使えないことが判明しました。。

つまり2年経過後初めて使えるものになります。
なので、キャッシュバック分を引いた2年間の総費用には-15000円
されていません。

 

http://www.so-net.ne.jp/point/use/access/
当月のご利用料金がキャンペーン等により無料または割引となっている場合は交換手続きいただけません
→25ヶ月目からしか使えない。

http://www.so-net.ne.jp/point/use/access/
の中ほどの注意点に書かれています。
「当月のご利用料金がキャンペーン等により無料または割引となっている場合は交換手続きいただけません」

 

sonet.JPG


ソネットは通常の料金から2年間限定で毎月500円割り引いてくれています。
しかし、この割引のためソネットポイントは割引と併用できませんよ、
というのがソネットの言い分です。
念のためサポートセンタに電話で確認したのですが、
上記の理解であっていました。


要は長期利用者への優遇措置として3年目以降も使ってくれるならポイントが
使えるよということなのですね。 

GMO とくとくBB WiMAXが一番お得?

では、2年間の総額費用が一番安いのはどこかといったら
GMOのWIMAXになります。

GMOのWIMAXは初期費用も0円ですし、
支払い方法として口座振替も使えます。



ただ、サポート面に不安があります。
というのは、電話の問い合わせいついては、他社と違い
フリーダイヤルではなく有料になります。

また問合せも「基本メールで問合せてね!」
という感じが微妙に伝わってくる書き方です・・・

 

gmo1.JPG

gmo2.JPG

 


まあ電話は相当込んでいて最悪つながらない可能性も
あるのではないかと個人的には思います。

 

 

最終的に選んだのはBIGLOBE WIMAX

結局私が最終的に選んだのはBIGLOBE WIMAXです。
GMOよりも総額は少し高いものの、大手の安心感、
サポート体制の充実があります。


電話で問い合わせることができますし、
夜や土日に電話してもあまり混雑していない印象でした。

万が一操作でわからないことが
あったり、不具合があっても対応してもらえると感じました。


まあタブレットはおまけですね。
タブレットがほしい方はKindle Fire HDがただでもらえるので
いいかもしれません。

WEB限定のキャンペーンがありましたので申し込む
なら下記のサイトがいいでしょう。


>>BIGLOBE WiMAX 2+ キャンペーン




以上ご参考になれば幸いです。





 

WiMAXの契約(キャンペーン)でMacBook Airをセットで買わないほうがいいのか?

■MacBook AIRが貰えるネット上のWIMAXキャンペーンがオススメでない理由

・ 実際の割引金額はそれほど大きくない
・ 月額利用料が大きくなるので負担が厳しい


小型のノートPCとしてかなり注目を集めたのがMacBook Airです。
販売当初には行列ができるほど人気がある端末として有名です。


そのMacBook Airをキャンペーン等で割引をして入手できる特典が一時期とても
多くのプロバイダで展開されていました。


最近ではUQ WiMAXのWiMAX回線同時加入で割引購入ができるキャンペーンが
見つかるくらいになっています。


でもこのキャンペーン特典はそれほどオススメできない理由があります。
それが実際には大きな割引になっていないという理由です。


UQ WiMAXの場合は独自のまとめてプランという契約方法で割引購入ができる
という特典を利用できます。


このまとめてプランとは月額利用料にプラスされる金額がある割引プランです。
その為に通常のプランとは違い月額利用料の負担が大きくなります。


実際にこのまとめてプランがどのような支払いになるのかをチェックしてみます。


■まとめてプランは月額利用料が高くなる?

・ プランによって月額利用料に加算される金額が違う
・ 機種によって適応されるプランが変わる


まとめてプランの詳細を調べてみると通常のWiMAX回線の月額利用料にいくらかを
加算して支払うのがまとめてプランです。


このプランを使って購入したノートPCなどの端末は購入金額に割引があります。
でも月額利用料に加算される金額があるので実際には分割購入をしているのと
同じ状況になっています。


まとめてプラン1100の場合には毎月のWiMAX利用料に1,019円がプラスされます。
それが24ヶ月続くので実際には24,456円を分割で支払っているのと同じ状況です。


MacBook Airの販売価格が49,980円になっていたとしても実際に支払う金額はこれに
24,456円をプラスした金額になります。


しかも機種によっては月額利用料が更に高くなるまとめてプラン1670が適応される
場合もあります。


端末の実売価格と支払う金額をきちんとチェックする必要があるプランです。


■ネット上のショップでも注意が必要

・ UQ WiMAX正規代理店でもまとめてプランが利用されている
・ UQ WiMAX以外にも同じようなプランが展開されている


ネット上をチェックしてみるとネットショップの中にはUQ WiMAX正規代理店という
ショップを多く見ることができます。


こちらでもMacBook Airを安く購入できるとありますが、よく見るとまとめてプランへの
加入が条件になっています。


機種や端末は本家のUQ WiMAXよりも多く選ぶことができますが、やはり本家と同じで
月額利用料が増えるまとめてプランを利用する必要があります。


しかもUQ WiMAX正規代理店以外でも同じような分割支払いプランを使っている
ネットショップが見つかります。


ネットショップでの買い物の場合は利用するプランにも注意が必要です。


■MacBook Airの実売価格はどれ位?

・ 新品の販売価格をチェックしてみる
・ ネットショップでの割引と実際の支払金額を比べてみる


実際にまとめてプランで支払いをするのではどれだけ安くなるのかを実売価格と
比較してみます。


Apple Storeで購入した場合は11インチ128GBモデルが102,800円です。
13インチ256GBモデルは136,800円となっています。


ショップの最安値を探してみると11インチ128GBなら93,500円でした。
まとめてプランを利用した場合の同じ機種の金額は61,980円でした。


差額は31,520円、まとめてプランで支払う月額利用料のトータルに消費税を
合わせた金額が26,412円なので実質の割引金額は5,107円です。


確かにまとめてプランで購入すると安くなりますがそれほど大きな割引には
ならないことがわかりました。


■WiMAX回線のキャンペーンをもっと探してみる

・ 直接プレゼントや割引ではないキャンペーンを調べてみる
・ お得に購入できるキャッシュバックがあるか調べてみる


モバイル通信のWiMAXは確かにノートPCとの相性がよくセットにすると更に
MacBook Airが使いやすくなると思います。


でも購入するときにセットにする必要はなく、別のWiMAXキャンペーンを上手に
利用する方法ないのでしょうか?


そこで色々とプロバイダのキャンペーンをチェックしてみるとキャッシュバックなどの
キャンペーン展開をしているところもあります。


高額キャッシュバックが利用できるならそれをMac Book Airの購入代金に当てれば
まとめてプランよりも割引は大きくなります。


特にWiMAXプロバイダのキャッシュバックは現金還元のところも多く、ショップでも
使いやすくなっています。


家電量販店のキャッシュバックはポイントの場合も多いのですがプロバイダの
キャンペーンならお得に購入できる可能性は高くなります。

■キャッシュバックが一番多いWIMAXはどれ?

・ 家電量販店のキャンペーン
・ プロバイダのキャンペーン
・ ショップのキャンペーン


お得にMacBook Airの購入をするためにはWiMAXとセットのキャンペーンを探しても
見つけにくいことがわかりました。


そこでキャンペーン特典のキャッシュバックを使って端末購入代金を安くするという
方法を考えてみました。


その為にはキャッシュバックが大きなキャンペーンを調べる必要があります。
そこでどこのキャンペーンが一番キャッシュバックが多いのかをチェックしてみます。


現在WiMAX回線への申込ができるのは家電量販店、プロバイダとネットなどの
ショップがあります。


これらのどこが大きなキャッシュバックキャンペーンを展開しているのでしょうか?
それぞれのキャンペーン内容をチェックしてみます。


■家電量販店のキャッシュバックとは?

・ WiMAX回線加入だけではキャッシュバックがほとんど無い
・ 選べる端末の中にはMacBook Airがあるとこは少ない


家電量販店でWiMAX回線への加入をする場合、キャンペーンの利用条件には
その店舗でパソコンを購入することが必要です。


ほとんどの家電量販店では指定のパソコン購入時にWiMAX回線への加入をする場合に
キャッシュバックを受けることが出来るようになります。


つまり家電量販店でキャッシュバックを使うためにはこちらでMacBook Airを購入する
という事が条件になってしまいます。


しかもキャッシュバック自体はポイントや商品券の場合がほとんどでポイントの場合は
後日利用の場合に割引なので購入するパソコンには利用できません。


更に店舗指定のパソコン以外ではキャッシュバックがなく、指定パソコンの中に
MacBook Airが入っている店舗はかなり少ないです。


家電量販店のキャッシュバックでMacBook Airをお得に購入することはちょっと厳しい
という印象を受けました。


■プロバイダのキャッシュバックとは?

・ WiMAX回線加入だけでもキャッシュバックの利用ができる
・ 現金キャッシュバックが多いので使いやすい


次にプロバイダが行っているキャンペーンをチェックしてみます。
色々なプロバイダがキャッシュバックキャンペーンの展開をしています。


プロバイダの場合は当然ですがWiMAX回線への加入申し込みだけでキャンペーンの
利用をすることができます。


余分なコストを掛けることなくWiMAXキャンペーンの特典を利用できます。
しかもキャッシュバックは現金還元というプロバイダも多くあります。


キャッシュバックの受け取りまでに1年位の時間がかかることもありますが
現金でもらうことができるので色々な使い方ができるのが嬉しいところです。


高額キャッシュバックを行っているプロバイダなら2万円以上のキャッシュバックが
利用できます。


まとめてプランよりもかなり大きな割引金額になります。


■ショップのキャッシュバックとは?

・ キャシュバック特典が利用できる所はほとんど無い
・ 独自プランでの割引は分割購入と同じ


改めてショップのキャッシュバックを調べてみると、キャッシュバック特典が
利用できるショップはほとんど見つけることができませんでした。


ショップの場合は独自プランなどでまとめてプランと同じような割引をしている
ところがほとんどでした。


購入金額自体は低くなっていますが、WiMAXの月額利用料が割高になるので
実際に支払いをする金額は通常の購入をした場合とそれほど変わりません。


しかもやはりWiMAX回線のみの加入をするのは難しく、何かを購入して
それと一緒にWiMAX回線加入をするとキャンペーンの利用ができるという状況です。


■現金キャッシュバックを使ったほうがお得になる?

・ 現金やクレジットカード商品券をもらってそれを使って購入する
・ キャッシュバック金額の高いプロバイダを探す


色々と調べてみるとMacBook AirとセットでWiMAX回線加入をするよりも
別々にしたほうがお得に購入できる可能性が高く感じました。


実際に高額キャッシュバックを行っているGMOとくとくBBでは最大の金額が
24,590円とかなり高額還元をしてもらえます。


それにこれ以外でも2万円のキャッシュバックをしているプロバイダがあり
それを使って端末購入資金に当てたほうがセット購入の割引額よりも安くなります。


キャッシュバックまでの時間がかかる場合もあり、手続きが多少面倒なプロバイダも
中にはありますが、それでも現金還元の魅力はかなり高いと思います。


プロバイダによっては商品券でのキャッシュバックの場合もありますが、その場合でも
クレジットカード会社の商品券です。


家電量販店の場合はその店舗でしか利用できないクーポン券のところもあります。
それよりも使いやすいのでやはりプロバイダのキャンペーンのほうがオススメできます。


キャッシュバック金額はプロバイダによって変わるので月額利用料やサービスと合わせて
キャッシュバック金額も注意してプロバイダを選びましょう。

Return to page top