ホーム

2014年WiMAXで利用できるおすすめルーターは?

■WiMAXで利用できるモバイルルーターとは?

屋外でネット接続をする方が増えている現在ではモバイル通信はとても注目の
通信方法となっています。


スマホや携帯電話を利用してインターネットを利用する方でもパケット量の節約に
利用することができるのがモバイル通信です。


当然ノートPCやタブレットPCを利用する場合は端末によってはWi-Fiでの
ネット接続が必須になるので、特にこちらのユーザーには注目されています。


その中でも特に注目されているのがWiMAXというモバイル通信です。
最近ではさらに高速通信が出来る新しい回線がサービス開始されてこちらも
注目されています。


特に通常のモバイル通信で適応される帯域制限がなく、どれだけネット接続をしても
速度規制をかけられないのが人気の秘密です。


新しい回線サービスでは回線速度も上がり、さらに快適にインターネットへの接続が
出来るようになっています。


そんな人気のモバイル通信を利用するためには回線接続のための専用ルーターが
必要になります。


毎年性能が上がったモバイルルーターが発表されていますが、最新端末の中では
おすすめのモバイルルーターはどの端末なのでしょうか?


色々な条件などもありますが、2014年のお勧めモバイルルーターのチェックを
してみましょう。


■2014年のおすすめモバイルルーターとは?

WiMAXで利用できるモバイルルーターは今ではかなりの種類が販売されています。
ただし、現在ではすでに完全上位互換回線のWiMAX2+がサービスを開始しています。


その為にモバイルルーターもWiMAX2+対応の端末が多くなり、WiMAXのみ対応の機種は
すでに発表されていません。


そこでまずはWiMAXのみ対応の端末で現在も人気の機種をチェックしてみます。
・ Aterm WM3800R
・ Uroad-Aero
この2機種が多くのプロバイダでもキャンペーン対象商品として利用されていた人気の
モバイルルーターです。


どちらもカードサイズのコンパクトなモバイルルーターです。
薄くて持ち運びにも便利、さらに連続利用時間も長く屋外で利用するためユーザーには
かなり人気がある端末です。


特にUroad-Aeroは連続通信時間が12時間とモバイルルーターの中では最長の
接続可能時間となっています。


屋外での利用が多いユーザーにはかなり人気がありました。


次にWiMAX2+対応の端末のチェックもしてみます。
こちらは現在まだそれ程多くのモバイルルーターが発売されていないので選択肢は
仲リスクなくなっています。


中でも最新の端末はNAD11という端末です。
こちらは最初に発売されたWiMAX2+対応端末よりもスリムで連続回線接続時間が
長くなっています。


大容量バッテリーを採用し、屋外で利用できる時間を伸ばしています。
さらにauのプランとWiMAXハイパワーというサービスにも対応している端末です。


現在の最新端末なので今からWiMAX2+に加入するという方はこちらの端末の方が
おすすめです。


現在はまだWiMAXとWiMAX2+ノ両方が利用できる状況ですが、今後WiMAXの電波は
完全停止させることが発表されています。


その為にプロバイダによってはすでにWiMAXの新規加入者の受付を行っていない
というところもあります。


今からWiMAXを利用する場合はWiMAX2+への乗り換え時記なども考えて契約を
することが重要になりそうです。


■おすすめのモバイルルーターとは?

すでに電波の供給が終了することが発表されているWiMAXの場合、おすすめの
モバイルルーターは単純に現在販売されている最新端末です。


今後はWiMAX2+対応のモバイルルーターのみ発表されるので、これ以上高性能の
WiMAX端末が発表されることはありません。


持ち運びを考える場合は大きさと重さ、連続利用時間やバッテリー容量などを
チェックして自分にあっているものを選ぶのがおすすめです。


WiMAX2+対応端末は今後かなり多くの端末が発表される事が予想されます。
その為に少しでも気に入った端末が発表されたら契約してしまうのも
一つの方法だと思います。


それとWiMAX対応のモバイルルーターは日本製だけではなく海外製のルーターも
多く利用されています。


現在発売されているモバイルルーターもNAD11のみNEC製品で、それ以外の
端末は海外製のルーターとなっています。


モバイルルーターは精密機器なので、信頼性を考えるなら日本製という方も多く
作られている国で選ぶこともおすすめできる方法です。


特にWiMAX2+は通信方法が3種類から選べることや対応しているサービスの違いで
モバイルルーターによっては利用できないサービスもあります。


まだサービスが始まってからそれ程時間が経っていないために全てを安定して利用できる
というルーターが無いことも事実です。


今からすぐにWiMAX2+を利用したい、という方以外はルーターが出揃うのを待ってから
契約することもひとつの方法だと思います。

プロバイダによってWiMAX回線に速度の違いが出る?

■WiMAXは速度に違いが出る?

モバイル通信の中でも特に人気の高い回線がWiMAXです。
帯域制限が無いためにいつでも通信速度が変わらずに利用できるメリットがあります。


特にヘビーユーザーに注目されていて、今では多くのプロバイダからもサービスの
提供が行われるようになりました。


回線自体はUQコミュニケーションズが提供していて、ここがそのままプロバイダを
しているUQ WiMAXというプロバイダがあります。


本家と言われるプロバイダですべてのサービスが利用でき、料金も一般的には
こちらの料金を規準としています。


他にもサービスを提供しているプロバイダはかなり多く、それらMVNOのプロバイダも
色々なサービスを提供しています。


そこで気になるのはUQ WiMAXとMVNOでは回線速度に違いがあるのか?
ということです。


インターネットに接続する回線は全てWiMAX回線が利用されています。
でも色々と調べてみると選んだプロバイダによって回線速度に違いが出る
という方がいることも事実です。


では本当にプロバイダによって回線速度に違いは出るのでしょうか。
WiMAX回線の状況について調べてみました。


厳密に言うと回線速度自体にプロバイダによる差は無いはずです。
どのプロバイダでも同じ通信回線を利用しているので、回線速度には
違いがありません。


ただし体感できる速度に違いが出る可能性はあります。
それはプロバイダによって、大きく体感できてしまう場合もあるようです。


プロバイダによる体感速度の違いを調べてみました。


■プロバイダによる通信速度の違いとは?

WiMAX回線は全てのMVNOで同じ通信回線のWiMAX回線を利用しています。
その為に本当なら回線速度に違いがでないはずです。


でもWiMAX回線を使うまでの、プロバイダからWiMAX回線に接続するルートが
速度に違いを出してしまう可能性があります。


一般的にバックボーンと言われるもので、会員数が多いプロバイダの場合には
バックボーンが大きいので一度に多くのユーザーがアクセスしても問題なくネットに
接続させることが出来ます。


このバックボーンが小さなプロバイダの場合、混雑している時間帯にはユーザーを
インターネットに接続させるタイミングが遅くなり、それが体感速度の違いに
感じる可能性があります。


ただしWiMAX回線の場合、大手のプロバイダ以外はWiMAX回線に接続するまでの
ルートもUQコミュニケーションズのものを利用しています。


回線から基地局まで全てをレンタルしてサービス提供をしているために通信速度は
UQ WiMAXとまったく変わらない速度が出せるようになっています。


家電量販店などでWiMAX回線に加入した場合、こちらの全てをレンタルした
WiMAX回線の場合があります。


その為にWiMAX回線に関しては大手よりも小さなプロバイダやMVNOの方が
体感速度が速いと感じる可能性もあるようです。


ただし実際に速度を計測してみると、体感できるほどの足との違いがなく
かなり大きく通信速度がプロバイダによって変わる可能性はかなり低くなっています。


インターネットの回線は混雑している時にはどんな回線でも遅くなる可能性があります。
当然プロバイダを変更しても速度が改善することもあればしないこともあるようです。


■WiMAX回線の速度が変わる可能性があるのは?

プロバイダによって通信速度が大きく変わる可能性はあまりないことが分かりました。
でも実際にWiMAX回線は状況によっては大きく通信速度が変わります。


その速度が違う状況の原因になるのは一体何なのでしょうか。
WiMAX回線の場合は電波状況によって回線速度が大きく変わる可能性が高いです。


特にWiMAX回線が利用している周波数帯は、高周波数帯なので障害物で反射する為に
室内やビル群などで接続が悪くなる可能性が高いです。


電波状況が悪くなると速度が大きくオチます。
その為にプロバイダによる違いよりも電波状況を安定させることが早くするためには
重要になります。


モバイルルーターよりもホームルーターのほうが受信感度が高いので室内では
速度が大きく違い、安定して高速通信が出来るようになります。


モバイルルーターを室内で利用する場合は窓際において利用する、自作のアンテナを
利用しているなど工夫が必要になります。


またアンテナの設置状況は当然都心や地方都市中心部のほうが多く、地方のエリアに
なるほど繋がりにくくなります。


その為にWiMAXを利用する場合は事前に電波状況を確認する、レンタルで
無料のWiMAXを借りてみるなど実際に行動範囲で利用する事がお勧めです。


プロバイダによる速度の違いはあまり実感できませんが、キャンペーンやサービスの
違いはかなり大きくあります。


オトクに始めることが出来るプロバイダを選んで利用する事をおすすめします。

Return to page top