ホーム » wimax 各地域の速度 » WiMAXを都心で利用した時の速度は?|電波状況で速度は大きく変わります

WiMAXを都心で利用した時の速度は?|電波状況で速度は大きく変わります

■WiMAXは都心でどれ位の速度が出せる?

屋外でもインターネット接続が出来るモバイル通信は今とても注目されている
通信回線の一つです。


スマホなどでもネット接続ができますが、その場合パケット量を気にしないと
速度規制がかかってしまう可能性があります。
帯域制限といわれる規制で、一人のユーザーが回線を独占しないようするための
通信規制の一つです。


この帯域制限のないモバイル通信として人気があるのがWiMAXです。
どれだけ利用しても通信速度が遅くなることがなく、快適に屋外でもネットが
出来ると評判のモバイル通信です。


ではこのWiMAX、都心ではどれ位の速度でネット接続が出来るのでしょうか?
下り最速40Mと広告しているWiMAXを実際に利用してみて、その速度を
調べてみようと思います。


モバイル通信なので電波状況で通信速度は大きく変わってしまいます。
そこで今回は都心にエリアを絞って、通信速度をチェックしてみます。


比較的電波状況が安定していて、アンテナも豊富に立っているはずの都心では
WiMAXはどれくらいの速度で通信ができるようになるのでしょうか。
屋外で計測した数値をチェックしてみます。


■実際にWiMAXのスピードテストを行ってみると?

まずは電波状況がいい屋外での速度を計測してみます。
都心ということで山手線の駅ホームでのスピードテストを行ってみます。


新宿駅のホームで計測してみると、WiMAXの利用者が多いためか
下り4.5M程度の速度が計測されました。
思った以上に速くはない速度で、通常の通信速度平均値よりも下回る結果になりました。


次に渋谷駅ホームでの計測をしてみました。
こちらも下り5Mと先ほどの新宿駅とあまり変わらない結果です。


品川駅ホームでの計測では下り5.8Mの速度となりました。
ただし品川駅では高層ビルが多く、場所によって実際の速度がかなり変わりました。
ホームから降りて改札を抜けると電波状況がかなり悪くなり、下り2.3Mと大きく
落ちる結果が計測されています。


東京駅の場合、駅ホームでもかなりこの混雑状況のためか速度はあまりでませんでした。
下り3.7Mとホームでの計測でも遅い数値となっています。


秋葉原駅ではかなりの速度が計測出来ました。
下り10.4Mと今まででも最速の数値が計測できています。
実際にWiMAXの利用者も多いと思われますが、それ以上にアンテナの数も多く
安定して通信が出来る環境にあるためと考えられます。


池袋駅ではホームでの速度がかなり悪く0.8Mとあまり快適に利用できる速度では
ありませんでした。
ただしこちらの場合ホームを出た場合の速度が上がり、改札を抜けると下り5Mと
平均的な速度が実測されました。


今回はJR山手線駅ホームでのスピードテストの状況ですが、都心でもエリアによって
かなり速度が変わって計測されます。


単純にアンテナの数というよりも周囲の状況と利用しているユーザーの数がかなり
関係していると感じることができた結果でした。


次に最近サービスの始まった高速モバイル通信WiMAX2+のスピードもチェックを
してみます。


■高速通信のWiMAX2+の実際の通信速度は?

新しくサービスの始まったWiMAX2+は下り最速110Mの通信速度でネットが出来る
高速モバイル通信サービスです。
現在は都心と名古屋周辺、大阪中心地でのサービスエリアを拡大しています。


まだ整備があまり進んではいませんが、都心ではかなりのエリアで接続可能となり
実際に利用している方も増えているようです。


そこで実際にWiMAX2+の速度が都心でどれ位出るのかをチェックしてみます。
こちらもスピードテストを行った実測数値を調べてみました。


同様の都心山手線の駅でスピードテストをしてみると
新宿駅 49M、渋谷駅 40M、品川駅 73.5M、東京駅 56.3M、秋葉原駅 52.5M
上野駅 73.9M、池袋駅 54.9M
とかなりの速度が計測できています。


駅ホームで周りに障害物のない状況というシチュエーションの為に、速度自体はかなり
高速での通信が可能となっています。
ただし、毎回この数値が出せるわけではなくしかもこれは最速の数値を集めています。


それでもWiMAXに比べるとかなりの速度が計測された結果となっています。
実際に安定してWiMAX2+の電波をつかめる状況ならとても快適にネット接続が
出来るようになります。


ちなみに都心を少し離れると中野で32.5M、押上では54Mという下りの速度が
計測出来ました。


押上はスカイツリーのそばなのでまだ安定して電波が受信できるようです。
また都心近くの場合、観光地ではアンテナの増設が進められているようで観光地近くでは
速度が安定しています。


お台場は47M、東京ドームは77.5M、銀座で47.5Mとこちらでもかなり高速での通信が
可能となっています。


観光地や人の集まる中心地ではかなりの速度が計測できるサービスとなっています。
後は住宅地での整備が待たれるWiMAX2+のアンテナ整備です。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






Return to page top