ホーム » wimaxあれこれ » デスクトップPCでWiMAXの利用をする接続方法は?|有線でも無線でも接続可能です

デスクトップPCでWiMAXの利用をする接続方法は?|有線でも無線でも接続可能です

free-apple-vector-template-03.jpg

 

■WIMAXはデスクトップPCでも利用できる?


WIMAXをデスクトップPCで利用する事ができるのでしょうか?
普通なら固定回線を利用してネット接続するデスクトップPCでも
WiMAXを使ってネットをする事ができるのでしょうか。


WiMAXの接続方法を調べてみました。

 

■有線も無線も接続ができるモバイルルーター

WiMAXのルーターは多くの方が利用しているのは
モバイルルーターといわれる持ち運びができるタイプの
ルーターです。

このモバイルルーターとWiFi接続する事でネットとの接続も
できる様になります。

その為に無線LANに対応している端末なら設定するだけで
WiMAXの利用が可能になります。


当然デスクトップPCでも無線LAN対応している機種なら
すぐに接続する事が出来ます。
対応していない場合には無線LAN以外の接続方法でルーターと
繋ぐ必要があります。


多くのモバイルルーターで利用できるのはUSBを利用して
デスクトップPC本体と繋ぐ事です。
モバイルルーターは充電する為にUSBを利用して電源コードを
接続します。


その為にUSBが本体にある端末が多く、それを利用してPCと
接続する事が出来ます。


それにモバイルルーターの中にはクレードルに対応している
端末があります。
クレードルにはLANポートが装備されているものがあります。
これを利用してデスクトップPCに接続する事も出来ます。

<有線でも無線でも接続可能なルータ①>

uroadearo.JPG

この端末は有線と無線、どちらでも接続できますが、注意点として、
両方を同時に使うことはできません。
つまり、有線をつかっている間は無線は使えません。
逆も同様です。

そのため、複数のパソコンをインターネットにつなぎたい場合は、有線ではなく
無線で接続する方法しかできなくなります。 


有線接続する方法が以上ですが、無線LANの受信機を
USBに接続すると無線LANを利用しても接続する事が
できる様になります。


ただし受信機の種類によっては長時間利用すると熱暴走を
起こしやすい端末や、デスクトップPCの置き場所によっては
無線LANがつながりにくいという場合もあります。


無線LAN接続する場合は端末の種類と利用する状況を
きちんと考えましょう。

 

■ホームルーターを利用する方法

モバイルルーターを利用してデスクトップPCと接続する以外に
ホームルーターを利用する方法もあります。


持ち運びが出来ない据え置き型のルーターもWiMAXでは
取り扱っています。
これならデスクトップパソコンと問題なく接続できます。

 

<有線でも無線でも接続可能なルータ②>

WS000001.JPG


ホームルーターである「Uroad-Home」ですがLANポート
の装備がされていますのでLANケーブルでデスクトップPCと接続できます。

こちらはLANポートが2つついています。
また 無線と有線は同時に両方利用可能です!
つまり2台パソコンをLANケーブルでつなぎ、
かつ無線でタブレットでインターネットすることが可能です。 


ホームルーターの場合、持ち運びを考えずに設計されているので
モバイルルーターよりもサイズが大きく、設計でき、パワーも大きい。
そのためか回線
速度はモバイルルータタイプより速いという口コミも多いです。
これでオンラインゲームをしているが特に問題ない
という口コミも見かけました。 


ホームルーターが選択できるプロバイダは少ないですが、
大手ならココが取り扱っています。

デスクトップ

 

このUroad-Homeなら室内で利用する場合にはモバイルルーターよりも
安定してネット接続できるというメリットがあります。


接続方法も多くデスクトップPCと繋ぐなら便利ですが
モバイルツールを利用している場合、そちらはまた別の方法で
外でインターネット回線と繋がなければいけなくなります。


デスクトップPCと繋ぐだけを考えるならモバイルルーターより
ホームルーターの利用をするほうがオススメです。(Uroad-Homeを選択)


他のモバイルツールがあって、外でのネット利用も考えている場合
モバイルルーターとクレードルのセットが接続も簡単です。
 

■WIMAX2+に対応した最新端末でデスクトップ接続可能な端末

WIMAXは1年契約と2年契約があります。
普通のWIMAXより速度がはやいWIMAX2+が今は人気があります。

WIMAX2+でデスクトップPCでも接続可能な端末はNAD11です。

NAD11.jpg



こちらは有線LANポートが1つですが、

ポイントは
「有線と無線が同時に使えることです!」

 

※クレードルに有線LANポートがついているので
クレードルと合わせて買う必要があります。 

各社ではLTEも使える「HWD14」もおすすめ!
と謳っていますが、ネットの評判は悪いです。

「繋がりにくい」とか
「電波がすぐ切れる」とかですね。

WIMAX2+のエリアは広がっていますので
NAD11が個人的にはいいですね。

あとはどこで買うかですが、WIMAX2+にこれから加入する場合は
デスクトップ
が一番お得です。


あとでアマゾンとかでクレードルだけ買うと
4000円位しますので。。

 

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top