ホーム » wimaxあれこれ » PS3でネット対戦をするときWiMAXでも可能ですか?|状況とゲームによっては可能です

PS3でネット対戦をするときWiMAXでも可能ですか?|状況とゲームによっては可能です

■PS3を無線LANでネット接続

モバイルツールも多くの利用されるようになり、通信回線も
今ではモバイル通信が多く利用される様になっています。


無線LANを利用している為に外でもインターネットに接続出来る
モバイル通信は今とても注目されています。
中でも高速通信ができてお得なWiMAXは多くの方が利用する
モバイル通信です。


無線LANを利用しているので回線工事が必要なく、契約して
すぐにネット接続できる手軽さもあり、固定回線の代わりに
利用するユーザーも多くいます。


でもモバイルツール以外でもきちんとネット接続ができで
ゲームなども楽しめるのでしょうか?
携帯ゲームなどをWiMAXで利用している方も見かけますが
家庭用のゲームでも同じ様にネットゲームが出来るでしょうか?


MMORPGなどネットゲームを多く出しているPS3を
WiMAXでネット接続した時にはきちんと動くのか
調べてみました。


ネットに接続するだけならほとんどの状況でWiMAXでも
安定して接続が可能です。
PS Storeなどインターネットに接続して利用する事が出来ます。


ホームページの閲覧などもほとんど通常回線と変わりなく
ストレス無く見る事ができます。


ただWiMAXの場合ネットへの接続状況は利用する地域によって
大きく変わります。

電波が安定している状態なら問題なのですが、電波が不安定に
なると通信回線の接続速度も大きく変わります。


まずは安定している地域で利用する事が必要です。

■PS3+WIMAXで通信対戦ゲームは出来るのか?

次に家庭用ネットゲームの利用方法、ネット対戦が出来るのかを
調べてみましょう。


色々なゲームがありますが、多人数で同時に撃ち合いをするゲーム
FPSの同時参加ゲームではかなり重たく、タイムラグを感じる
プレイ感覚になります。


多人数同時参加ゲームの場合、一度に多くの情報を交換するので
通信回線以上に回線のレスポンス、ping値という数値が重要に
なってきます。


サーバーに情報を送って、それが帰ってくるまでの時間が
このping値です、数値が小さいほどレスポンスが良い回線という
事になります。


WiMAXなどモバイル通信ではこれが100を越える事があります。
固定回線では20前後の数値の為にその速度の違いはかなり大きく
シビアにレスポンスが要求されるゲームでは重たさをかなり
実感する事になります。


多人数同時参加のFPSゲームではこのタイムラグが出ることで
ゲーム自体も不利になり、サーバーによっては遅い回線と判断され
ゲームに参加できなくなる事もあります。


ただしかなり通信量の大きな、シビアな入力が必要とされる
ゲーム以外では問題なく利用できます。
1対1の対戦格闘ゲームなどではほとんど問題なく遊ぶ事が
出来る様になっています。


回線状況と遊ぶゲームによっては問題なくWiMAXでネットゲーム
を楽しむ事が出来ます。

■回線を安定させる方法

モバイルルーターでWiMAXを利用している場合、回線接続と
機器への接続の両方が無線で行われます。


この場合どちらも回線速度を上げる事が出来ないので、ゲーム機の
本体と有線で接続できるなら多少速度を上げる事が出来ます。


モバイルルーターの場合クレードルセットにしてクレードルに
有線ポートがある場合、それを利用すると回線の安定性と速度を
保つ事が出来る様になります。


更に持ち運びをしないで家庭用ゲーム機や据え置きパソコン専用に
WiMAXを利用するならホームルーターの利用もお勧めです。


ホームルーターの場合持ち運びは出来なくなりますが、最初から
有線ポートが豊富に用意されていて、更にモバイルルーターよりも
大型にして問題ないので受信感度もかなり上がっています。


当然ping値もモバイルルーターよりも少ない商品が多く
ゲームのレスポンスも高くなります。


持ち運んで利用できるというメリットはなくなりますが
通信回線の安定性を上げるならかなり手軽な方法です。


モバイル通信の場合は通信の安定性が変わりやすい為に
ネット対戦では不利になると言われているので、まずは回線の
安定性を上げる事が必要です。


安定して接続出来る状況なら問題なくネット対戦でゲームを
楽しむ事も出来る様になります。

■【まとめ】:WIMAX2+のエリア内ならOK!

1.WIMAXの提供エリア内か?

>>
こちらで判定が「○」だったらエリア内なので使えます。
WIMAX2+のエリアでないと速度がでないので
通常のWIMAXだけのエリアだと、スムーズなネット対戦は五分五分と考えてください。



2.クレードルで有線接続な端末を選択 

>>
WIMAX2+に対応しています。

ネットで評判があまり良くなかった「HWD14」に比べて
こちらの「NAD11」は
「格段につながる」
「速い」

といった口コミが多かったです。 

前は中国製で今回は国産(NEC)ということも
端末の品質に関係しているかもしれませんね。 

 

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top