ホーム » wimaxあれこれ » カード支払いではなく銀行引き落としで利用できるWiMAXプロバイダは?|口座振替ができるのはこちら

カード支払いではなく銀行引き落としで利用できるWiMAXプロバイダは?|口座振替ができるのはこちら

■クレジットカードが無くても利用できるプロバイダ

現在ではスーパーの買い物でもクレジットカードが利用できるほど
一般的にカードは浸透しています。


様々な支払いに利用できますが、中でも公共料金等毎月の支払いに
利用する事が出来るのは大きな魅力です。
いちいち支払いに行かなくても、自動で支払いをしてくれるので
利用している方も覆いと思います。


この支払い、インターネットの料金にも利用する事ができます。
最近では銀行引き落としの場合に手数料が係り、カード払いの場合
手数料無料というプロバイダも多くなっています。


当然モバイル通信でもそれは同様で、WiMAXプロバイダでは
ほとんどがクレジットカード支払いのみという状況です。


無料で試しに利用できるTry WiMAXもクレジットカードの
登録が必要で、こちらもクレジットカードが無いと利用が
出来ない、という状況です。


では今も銀行引き落とし(口座振替)で利用料の支払いが出来るプロバイダは
あるのでしょうか?
WiMAXプロバイダの場合、少ないのですがまだ銀行引き落とし
いわゆる口座振替で支払いが出来るプロバイダはあります。


申し込み方法などもプロバイダによって多少違いがあります。
それぞれのプロバイダの利用方法などを調べてみましょう。

■銀行引き落とし(口座振替)が出来るプロバイダは?

WiMAXプロバイダで銀行引き落としの申し込みが出来るのは
次のプロバイダです。

・ UQ WiMAX
・ @nifty
・ BIGLOBE WiMAX
・ So-net
・ GMOとくとくBB
・ Broad WiMAX

ただしこの中でもWEBでの申し込みをしていないプロバイダが
so-netです。
こちらは電話での申し込みが必要です。


公式サイトから銀行引き落としの申し込みが出来るのですが
実際には必要書類なども多いので、口座振替が始まるのは
かなり時間が経ってからです。


ただしそれまでWiMAX回線の利用ができない、という訳では
無く回線の開通自体は先に行われます。
銀行引き落としが始まるまではコンビニなどで請求書での
支払いになります。


でもクレジットカード支払いの場合より開通までの時間は
多少かかります。
口座振替の支払い方法を選択時に、開通までの時間を調べてみました。

・ UQ WiMAX 約2週間
・ @nifty 約2週間
・ BIGLOBE WiMAX 2週間から3週間
・ So-net 約2週間
・ GMOとくとくBB 5日から
・ Broad WiMAX 2日から

通常と変わらない開通期間のプロバイダもありますが、他は
多少時間がかかる事が多い様です。


申し込みはWEBなどから出来ますが、その後に書類を郵送して
それが実質の申し込みになります。
その時に申込書以外の書類が必要になるプロバイダがあります。


UQ WiMAXとBroad WiMAXでは本人確認の証明書のコピーが
必要になります。
他のプロバイダでは申込書のみで大丈夫のようです。


それと、銀行引き落としの場合プロバイダによっては手数料が
必要になります。
BIGLOBE WiMAX、so-netとBroad WiMAXでは手数料の
210円程度が通信料金に加算されます。

■クレジットカードが無くても大丈夫

クレジットカードが作れなかった、持つ気がないという方でも
WiMAXプロバイダなら銀行引き落としができる出来る所が
あるので利用が出来る様になっています。


未成年者でモバイル回線の利用がしたい、という場合でも
利用可能な回線なんです。


ただし、未成年の場合には真剣を持つ人の同意書が必要になる
または親権者の名義で申し込みが必要という条件もあります。


またこれとは別に独自のネットマネーを利用して支払いが可能な
プロバイダもあります。
それがGMOとくとくBBです。


こちらでは独自のBBウォレットという電子マネーを利用しての
通信料金支払いが可能です。
銀行引き落としの申し込みよりも手軽に出来るのでGMOを
利用している方は利用価値があります。


クレジットカードを持っていなくても、インターネット回線の
申し込みや利用は可能ですが手数料などの面では不利なところも
多くあります。


開始に時間がかかることもその一つで、すぐに開通して利用できる
モバイル通信の魅力が一つなくなってしまいます。


ただし色々な理由でクレジットカードの利用をしていない人も
多く、実際に持っていないという方もまだたくさんいます。
その人たちでも問題なく利用できる通信回線があるのは利用者に
とっては嬉しい事です。


銀行引き落としが利用出来るプロバイダはまだあるので、カードを
持っていない人でもWiMAXの利用は出来ます。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top