ホーム » wimaxあれこれ » 回線の乗り換えをする場合、光からWiMAXにするのは?|利用する状況で判断しましょう

回線の乗り換えをする場合、光からWiMAXにするのは?|利用する状況で判断しましょう

■固定回線とモバイル通信、どちらがお得?

インターネットの接続方法は今ではかなり多くの方法があります。
電話回線を利用した方法は今では利用している方も少なくなり
光回線ケーブルやケーブルテレビ回線を利用している方もかなり
多くなっています。


その一方で専用回線を利用しないインターネット回線にも
大きな注目が集まっています。
モバイル通信や携帯電話やスマホを利用したテザリングなど
こちらも色々な方法があります。


じゃあこの固定回線とモバイル通信、どちらがよりお得に
インターネットを利用出来るのでしょうか?
家庭用の回線を持っていてもスマホ等がメインのネット回線なら
一つにまとめる方が通信料金がお得になります。


実際に固定回線からモバイル通信への乗り換えは便利でお得に
なるんでしょうか?


それを調べる為に通信回線にかかるコスト等を色々と調べて
比較してみたいと思います。


固定回線では今一番注目されている光回線のデータをみて
モバイル通信ではそれに対抗できそうなWiMAXのデータを
調べてみます。


現在光回線を利用している人がWiMAXに乗り換えをすると
通信料金やその状態はどの様になるのか、チェックしてみましょう。


■それぞれのコストを計算してみる

まずはそれぞれの回線に加入する際にかかる初期コストを
計算してみます。

光回線の場合
回線工事費用 10,080円から25,200円
月額利用料 5,460円
プロバイダ利用料 540円から
ルーターレンタル料金 約500円

フレッツ光の場合で調べてみました。
回線工事は実際に回線を引く家庭の状態で料金が変わります。
また月額利用料もプランによって変わるのでこちらも一般的な
料金を書いてあります。


NTT東日本では工事費の割引や月額利用料の割引を行っていて
実際にはこれよりかなり初期のコストを下げる事が出来ます。
ただやはり戸建ての場合、回線工事費と月額利用料はかなり
高額に感じます。


WiMAXの場合
月額利用料 3,880円
事務手数料 3,150円
モバイルルーター料金 19,800円から

月額利用料はプロバイダによって変わる可能性があります。
また多くのプロバイダでは事務手数料とモバイルルーターが
無料になるキャンペーンを行っています。


同じ様にキャンペーンを利用するなら初期コストが
月額利用料だけですんでしまうWiMAXの方が安いです。


光回線から乗り換える場合でもWiMAX初期コストの
低さはとても魅力的に感じます。
月額利用料が安く、回線工事が必要ないために乗り換えも
手軽で安くなる印象です。


では実際に利用した場合の通信速度など、利用した実感を
比べてみましょう。


■通信速度や使いやすさのチェック

持ち運んでどこでも利用できるモバイル通信の方が使い勝手
という面ではとても優れている印象です。
ただ通信速度や安定性という面では固定回線の高さは大きな
魅力となります。


実際に速度などを比較して見ましょう。

光回線の場合
最高通信速度 1G
利用可能エリア 全国で人口カバー率90%以上
平均通信速度 約40M前後

光回線でも利用する状況が変わると通信速度などは変わります。
また契約しているプランによっても最高速度が違うので実際に
計測される速度には大きく差が出ます。


光回線の場合ケーブルを引く為のコストがかかる為に人口の少ない
山間地などではまだ利用できないところも多くあります。
その為に人口カバー率はそれ程高くありません。


ただし現在では地方自治体が光回線を利用した地域サービスの
提供も行っているのでかなり普及してきてはいます。
現在も光回線利用可能エリアは広がっています。


WiMAXの場合
最高通信速度 40M
利用可能エリア 全国で人口カバー率94%以上
平均通信速度 約8M前後

モバイル通信は無線LANを利用してネット接続する為に
アンテナの設置でかなり広いエリアも利用可能になります。


その反面、電波の届かない所では利用可能エリア内でも安定して
ネット接続が出来ない可能性もあります。
WiMAXは室内で弱いというのはそんな理由からです。


最高速度が出せる所はほとんど無く、アンテナの状況で速度は
同じ地域でも大きく変わるので安定性では劣ります。
平均速度も低くなるので大容量のファイルをやり取りするなら
固定回線よりも時間がかかります。


家庭でネットを利用する事があまり無く、パソコンではなく
スマホやタブレットPCがメインで使われているなら固定回線より
モバイル通信の方が使いやすくなります。


大容量ファイルをやり取りしないなら、コストの面を考えると
WiMAXへの乗り換えもお得になる可能性は十分にあります。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top