ホーム » wimaxあれこれ » 据え置き型モバイルルーターでWiMAXを使った時の安定性は?|家庭用回線としてもバッチリ

据え置き型モバイルルーターでWiMAXを使った時の安定性は?|家庭用回線としてもバッチリ

>>据置型WIMAX端末「Uroad-Home」が0円


こちらもの参考にどうぞ


■WiMAX回線を家庭などで利用する場合

外でも快適にインターネットができるモバイル通信は
タブレットPCなどを利用する場合かなり便利な通信回線です。


特にWiMAXは帯域制限がないために動画などを良く見る
ヘビーユーザーにはとても人気の高いモバイル通信です。


モバイル通信では一定以上のパケット量のユーザーに対して
速度規制をする帯域制限という規制をしています。
これがWiMAXにはないので、毎日の通信量が多いユーザーには
かなり利用されています。


どれだけ利用しても速度規制がないのなら家庭用の回線の代わりに
利用しても大丈夫なのでは?と思う方も多く、実際に利用している
ユーザーも増えているようです。


ただ、普通のルーターでは状況によっては安定せずに室内で
利用するには厳しい地域もあります。
そこで注目されているのが据え置き型のWiMAXルーターです。


モバイルルーターのように持ち運んで利用するのではなく
置いたままで利用するタイプのWiMAXルーターです。
モバイルタイプよりも電波の受信感度が良く安定して
ネット接続ができるといわれています。


実際に利用した場合の使い勝手と、通信速度などは
モバイルルーターと違いが有るのでしょうか?
据え置き型ルーターを使ってみた印象などを調べてみたいと
思います。


■据え置き型ルーターの性能

モバイルルーターは持ち運んで利用する為に軽量化や厚さを
抑えるための小型化がされています。
その為にどうしても受信感度など悪くなります。


小型化をする必要があまりない据え置き型のルーターは
モバイルルーターよりも受信感度良く、モバイル通信では
速度を上げる事ができる様になっています。


WiMAXの場合利用できるエリアが決まっていますが、そのエリア
ギリギリの所ではモバイルルーターでは速度がほとんど出ない
という状況でも据え置き型ルーターなら普通に利用できる場合が
あります。


一つの例ですが、モバイルルーターでは下り0.1Mしか出ない所で
据え置き型ルーターを利用すると下り1.2Mの速度が出る状況も
あります。


更にモバイルルーターではクレードルを利用しない限り外部接続の
端子を増やす事が出来ません。
USB以外で有線接続するのは難しいです。


しかし据え置き型ルーターなら最初から接続端子が多く、複数台を
LAN接続する事もできます。
無線接続以外の方法が利用できるというメリットがあります。


回線自体が無線LANを利用している回線なので有線回線に
比べると反応の数値、ping値が悪いのはモバイルルーターと
変わりません。


しかし安定した通信速度が出せる為にタイムラグを感じる事無く
ネットゲームをする事ができるほど安定した速度が確保できます。


室内、特に家庭内で利用するなら据え置き型ルーターはかなり
便利で安定しています。


■実際に据え置き型ルーターを利用すると

外で利用する端末を多く持っている方や、家庭ではほとんど
ネット接続をしないという方はモバイルルーターのほうが
利用する機会が多くお勧めできます。


家庭の固定回線の代わりに利用したい方やWiMAXエリアの
ギリギリなので安定してネットが使いたいという方には
据え置き型ルーターの方がお勧めできます。


据え置き型ルーターは今では多くの種類が販売されていて
それぞれがモバイルルーターよりも受信感度は高いと
言われています。


実際に利用してみても体感で速度の違いが実感できるほど
据え置き型ルーターの方がネット接続は安定します。


それとモバイルツールや他のWi-Fi機器をネット接続させたい
という場合にも据え置き型ルーターの方がオススメです。


モバイルルーターよりもWi-Fi出力が高い為に遠くまでWi-Fiの
電波を届ける事が出来ます。
家庭で使う場合、多少ルーターから離れていても安定して
ネット接続ができる様になります。


接続端子を増やすというだけならモバイルルーターでも
クレードルを利用する事で同じ様な使い方が出来ます。
でも、安定して室内でネットをしたいという場合には
据え置き型ルーターの方がオススメです。


自分が利用する状況を考えて選ぶようにしましょう。


WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top