ホーム » wimaxあれこれ » フレッツ光からWiMAXへ乗り換える時の問題は?|利用する状況を確認しましょう

フレッツ光からWiMAXへ乗り換える時の問題は?|利用する状況を確認しましょう

■固定回線をやめてモバイル回線のみの利用を考える

大学に受かって、今度実家からでて一人暮らしを始めることになりました。
すでに移転先の部屋も決まり、引っ越しをする準備を始めています。


引っ越しの荷物になるのでパソコンも最新のタブレットPCに買い替えました。
ここでインターネット回線の事を思い出しました。
現在実家では自分しかパソコンを利用していないので回線を引っ越しすることも
問題ありません。


今はフレッツ光を利用していますが、タブレットPCにしたので固定回線は
それ程重要ではなくなりました。
そこでフレッツ光からWiMAXに乗り換えることも考えています。


モバイル通信ならタブレットPCとの相性も良く十分に固定回線の代わりに利用できる
と聞いています。
そこで実際にWiMAXに乗り換える時に問題はないのかを調べてみます。


その前にまずはフレッツ光の解約をする必要があります。
引っ越しの時には同じ会社の管轄、NTT東日本やNTT西日本が管轄しているエリア内の
回線移転ならフレッツ光は契約を継続したまま移動させることができます。


契約年数で月額利用料金が安くなる契約をしている場合は、複数年契約がされるので
途中解約では違約金が発生します。


自分の場合ではNTT東日本のにねん割に加入しています。
2年契約で月々の利用料金から戸建てタイプの場合1,000円の割引がされる契約です。
これが途中解約になる場合9,500円の違約金が発生します。


更にプロバイダによっても違約金が発生する可能性はあります。
こちらはプロバイダとの契約なのでそれぞれのプロバイダで違約金に関する
契約が変わってきます。


ただしフレッツ光の場合、契約更新となる月に解約をすることで違約金が発生せず
解約することができます。
自分の場合は春に加入していたのでちょうどこの更新月の近くでした。


マンションタイプや戸建てタイプ、プロバイダとの契約で違約金の金額は変わります。
解約するときには契約内容をしっかりとチェックしておきましょう。


■固定回線の代わりに利用することが出来るのか?

契約に関しては問題なくできそうです。
次に気になるのはフレッツ光からWiMAXにした場合、速度的な問題は無いのか?
ということです。


光ファイバーを利用した専用回線のフレッツ光は安定して高速通信ができることが
大きな魅力のインターネット回線です。


通信速度も速く、大量の高速通信を行うユーザーには光回線の快適な通信速度は
他の回線に変えることができない魅力と言われることも多くあります。


ただし、それはあくまでも高速通信が必要なユーザーにとっての意見で、通信速度が
あまり関係ないユーザーならそれ程大きく変わりはないのではないでしょうか?
実際にWiMAX回線の通信速度を調べてフレッツ光と比較してみます。


WiMAXではTry WiMAXというお試しサービスの提供をしています。
クレジットカードを持っているユーザーに無料で1週間レンタルをしてくれる
サービスが利用できます。


これを利用して自分の行動エリアのWiMAX通信状況をチェックすることができます。
レンタルできる機器が最新機器ではないので多少速度にも違いがでますが
自分の行動エリアでは平均して下り4Mくらいの速度が出せていました。


確かに光回線に比べると平均値では半分以下になります。
更に電波を利用したモバイル回線なので電波状況で速度はかなり変化があります。
でも大容量の通信を行うような使い方をしない限りこの速度は十分に利用できる
速度となっています。


実際に動画サイトなども快適に見ることができますし、自分はネットゲームをしないので
速度的には問題無いと思っています。


■固定回線の代わりに十分利用できるWiMAX

回線速度は多少落ちることになりますが、それでも自分には問題なく利用できることが
わかったので今回フレッツ光からWiMAXへの乗り換えをすることに決めました。


実際に使ってみても利用可能エリアの広さと回線の安定性は十分に利用できるレベルに
あると実感しました。


何より引越し先の部屋で回線工事をしなくても済むことは大きな魅力の一つです。
契約をしてからすぐに利用できる手軽さと、新しい部屋に傷を付けずに済むことは
とても嬉しいと思います。


更にWiMAXは今では多くのプロバイダからサービスの提供がされています。
お得なキャンペーンを利用すると初期コストをほとんどかけずにWiMAXを
始めることも出来るようになります。


事務手数料無料、モバイルルーター0円購入などプロバイダで行っているお得な
キャンペーンを利用すると最初にかかる費用はほとんどありません。


通信費用も安くなり、使い方によってはスマホなどのコストを下げることが出来る
WiMAXはコスト面でもオススメの回線です。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top