ホーム » wimaxあれこれ » 自宅をWiMAXで一本化することが出来る?|低いコストで運用可能です

自宅をWiMAXで一本化することが出来る?|低いコストで運用可能です

■光回線よりもお得にネットを利用するためには?

今自宅ではフレッツ光の1Gタイプを契約しています。
回線速度が欲しいと思ったのでNTT西日本で最速のスピードが出せるプランでの
契約をしました。


実際に利用してみて、確かに通信速度は速いと実感出来ました。
でもそれが値段に見合っているのか?というとちょっと疑問に感じます。


加入した時にはキャンペーンの利用ができたので月額利用料は多少安くなっていました。
でもそれが終わると月額5,400円かかります。


元々戸建てタイプでの契約なので金額的には100Mプランと同額です。
ただ、下り最速1G/bpsの速度が実感できるか、というとあまり実感できないのが
現状です。


実際に速度測定をしてみても下り12M程度とあまり100Mプラン都の違いが実感
できない速度となっています。
それでこの金額ではコストが掛かり過ぎると感じてしまいます。


そこでもっとお得に利用できる回線がないか調べてみました。
さすがに光回線を利用した後でADSLに戻すのは厳しいので他の回線を探してみます。


いろいろ調べて見つけたのがモバイル通信です。
コスト的にはフレッツ光に比べるとかなりお得になります。


ただしモバイル通信には帯域制限があります。
一定期間内に大量のパケット通信を行うことで速度規制がかかってしまいます。


更に調べてみるとこの帯域制限のないモバイル通信がありました。
それがWiMAXという回線です。


モバイル通信ですが帯域制限が無いために固定回線と同じように利用しているユーザーも
多くいるという回線のようです。


まずはこのWiMAXを詳しく調べてみます。


■WiMAXは固定回線の代わりに利用できる?

自宅で利用している現在の回線はフレッツ光です。
速度測定では下り12M程度の速度が出せていますが、WiMAXの場合はどれ位の速度が
出せるのでしょうか?


カタログスペックを調べると下り最速40M途あります。
ベストエフォートなのでこの速度が出せるエリアは少ないですが、通常の光回線と
同程度の性能を持っている回線のようです。


調べてみると都内で実測した通信速度を知ることが出来ました。
それを見ると山の手線内ではエリアによってかなりの速度が実測されています。
最高では下り20Mを超える速度が計測できるエリアもありました。


数ヶ所で計測した平均値を見ると6Mから7Mの間くらいになりました。
実測データでも40Mの光回線と同程度の速度が計測されています。


ただしこれは屋外で計測したデータになります。
室内の場合電波が届きにくい場合、モバイル通信では速度にかなり直接的に反映され
電波状況が悪いとかなりの速度低下が起こります。


それを回避するために自宅で固定回線の代わりに利用できるホームルーターもあります。
屋外に持ち出すことしない、自宅でのみ利用する場合にはホームルーターを利用すると
電波の受信感度が上がり快適にネット接続が出来るようになります。


速度を調べてみると固定回線の代わりに利用するための方法は充実していると
分かりました。


■WiMAXの運用コストを考えてみると?

通信速度に関してはフレッツ光にかなり近い速度を出すことが出来るのがわかりました。
では実際に運用した場合のコストはどれ位になるのでしょうか?


今自宅で利用しているフレッツ光の1Gプランでは回線利用料が5,400円、これに
プロバイダ料金がかかります。
今はルーターのレンタルもしているのでその料金もプラスされています。
これがトータルで2,000円程度かかります。


回線利用料金と合わせて約7,000円の通信コストが毎月かかります。
これをWiMAXに帰るとどこまで減らすことが出来るのでしょうか?


WiMAXの場合モバイル通信なので回線利用料とプロバイダ料金が一緒です。
そこでまずは本家と言われるUQ WiMAXの料金プランを調べてみます。


通常の契約なら月額利用料4,267円で使い放題プランがあります。
1年契約のパスポートなら月額利用料が3,696円になります。


プロバイダ料金と回線利用料が一緒なので基本的な月額利用料はこれだけです。
WiMAXを利用するためにはモバイルルーターが別途必要ですが、こちらはプロバイダの
キャンペーンなどを利用すると割引購入が可能となっています。


それぞれのプロバイダでWiMAXのか入キャンペーンを展開しているのでお得な
プロバイダを選んで加入すると初期コストをかなり下げることができます。
モバイルルーター0円購入に事務手数料無料などの特典があるプロバイダなら
初期コストを全くかけずにWiMAXを始めることも可能です。


フレッツ光のコストダウンをするためにWiMAXへの乗り換えは十分利用できると
数値的にも実感できます。
自宅の固定回線の代わりに十分利用できそうです。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top