ホーム » wimaxあれこれ » 自宅でWiMAX破壊的に利用できる?|どこでも使えるインターネット回線です

自宅でWiMAX破壊的に利用できる?|どこでも使えるインターネット回線です

■自宅で利用できるモバイル通信は?

今度引っ越しをすることになりました。
今まで済んでいたアパートから引っ越しをするのですが、今度のアパートでは
インターネット回線が設置されていません。


以前はフレッツ光回線があるアパートだったのでそのまま契約しましたが、今回は
何もインターネット回線がないそうです。
そこでインターネットを利用するなら自分で契約をする必要ができてしまいました。


スマホを持っているので固定回線を引くつもりはありません。
その為にADSLは使いにくく、今まで利用していたフレッツ光の移転手続きも
今度のアパートに回線がないのでかなり手間と時間がかかりそうです。


そこで専用回線などを引く必要がないモバイル通信への乗り換えを考えています。
モバイル通信なら電話線も光ケーブルも必要なくネット接続が出来るはずです。


ただしモバイル通信の場合帯域制限が心配になります。
一定期間内にキャリアの規定値以上のパケット通信を行うと、速度規制がかかる
帯域制限がある場合大容量のホームページなどが多い通常のネット閲覧にも
かなりの神経が必要です。


いろいろ調べてみるとこの帯域制限のないモバイル通信がありました。
それがWiMAXという回線です。


帯域制限がないのでどれだけ利用しても通信速度が遅くなる措置を取られることが
ありません。
これなら固定回線の代わりに十分利用できると思います。


でもそれだけでは固定回線の代わりになるのか、ちょっとわかりかねます。
そこでWiMAXはきちんと自宅で固定回線の代わりに利用できるのか調べてみます。


■通信速度は大丈夫なのか?

帯域制限が無いために固定回線の代わりに利用するのには大きな問題はない
といえる回線がWiMAXです。
でも自宅で固定回線の代わりに利用するためには、それなりの速度が必要です。


実際に光回線を利用していた僕がWiMAXに乗り換えて快適にネットが出来ると実感が
出来るのかはわかりません。
そこでWiMAXの速度を調べてみました。


カタログスペックでは下り最速40Mでの通信が可能です。
これなら光回線と比べても問題ない速度です。
ただしWiMAXはベストエフォートなのでどこでもこの速度が出せるというわけではなく
電波状況によって通信速度はかなり変わります。


そこで自宅でWiMAXを利用した場合はどれ位の速度になるのかを調べてみました。
屋外で利用する場合は下り4Mから10M程度の速度が出せています。


これが室内になると電波の届くエリアにもよりますが悪くなるところがあります。
特に窓のない店舗の奥になると電波状態が悪くなり、速度が上がらない状況になります。


ただしこれは店舗なので、実際に自宅で利用する場合は窓際でクレードルなどを
利用すると問題なく高速通信が出来るようになります。


スマホや携帯電話と同様に電波状況によって大きく通信速度が変わります。
その為に自宅で利用する場合は電波の状況を良くすることも重要になりそうです。


■どんなルーターを選べばいい?

自宅でも電波の状況を良くすればきちんと固定回線の代わりに利用できるとわかりました。
そこで今度は自宅で利用するならどんなルーターを選べばいいのかを調べてみます。


屋外でWiMAXへの接続をするならモバイルルーターを利用します。
最新機種ではかなり小型で薄いモバイルルーターが販売され、持ち運びにはかなり便利な
機種が多くなっています。


モバイルルーターの場合は持ち運びには便利なのですが、自宅で利用する場合パソコン等
環境の整備が必要な場合もあります。


据え置き型のパソコンにはWi-Fiに対応していないものも多くあります。
この場合はパソコンにWi-Fiの子機をつけるかモバイルルーターと直接つなぐ必要が
あります。


ほとんどのモバイルルーターはUSB接続に対応していますが、LANケーブルを
利用したい場合にはクレードル対応のモバイルルーターを選ぶ必要があります。
本体にない端子をクレードルにつけている商品があります。
それを利用することでパソコンとのLAN接続が出来るようになります。


また自宅でのみ利用するなら持ち運びをしないホームルーターもあります。
ワイヤレスLANルーターと同じ様な感覚でパソコンに接続できるので自宅でのみ
WiMAXの接続をするならこちらのほうがお勧めです。


自宅で利用する場合に電波状況が悪く、ルーターを窓際に置きたい場合にも
ホームルーターなら設置も楽にできます。


回線工事の必要が無いためにルーターの置き場所などもかなり自由に決めことが
出来るのもWiMAXの大きな魅力です。


調べてみると十分に自宅で固定回線の代わりに利用できるモバイル通信でした。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top