ホーム » wimaxあれこれ » 端末同時購入のWiMAX契約で到着までの日数が早いプロバイダは?

端末同時購入のWiMAX契約で到着までの日数が早いプロバイダは?

■素早く利用できるWiMAXをもっと素早く利用したい!

通常のインターネット回線は契約してから回線工事が始まり、実際に利用できるまでに
かなりの時間がかかります。


特に光ファイバーケーブルを利用する光回線では専用のインターネット回線を引く工事が
あるためにかなり時間がかかります。


長い場合回線を利用できるまでに1ヶ月以上かかる可能性もあります。
その為に最近では専用回線以外のインターネット回線が注目されています。


元々固定回線を利用する状況がそれほど多くなくなり、モバイル通信の方が使いやすい
というユーザーが増えたことも一つの原因となっています。


スマホや携帯電話でインターネットをするユーザーが多くなり、自宅ではパソコン等を
利用しないというユーザーにとってはモバイル通信の方が使いやすくなります。


さらにタブレットPCを利用する場合には固定回線よりもWi-Fiを利用した
モバイル通信のほうが接続が簡単なので、最近ではこちらをメインに利用する
というユーザーもかなり多くなっています。


そこで注目され始めたのがWiMAXです。
帯域制限がなく、多くの動画を見るユーザーには速度規制がかからない回線として
かなり人気があります。


多くのプロバイダでも回線提供のサービスが開始され、手軽に申し込みができるように
なっています。


でもプロバイダによってはモバイルルーター端末の発送に時間がかかるので
場合によっては利用できるまでに時間がかかる可能性もあります。


回線工事の必要がなく、素早く利用できるWiMAXをもっと素早く利用するために
端末発送から到着までの日数が早いプロバイダはどこなのでしょうか?


プロバイダの発送期間等をチェックしてみました。


■一番早い発送ができるプロバイダは?

WiMAXは固定回線とは違い電波を利用して通信をする回線です。
その為に電波を受信するモバイルルーター端末が必要になります。


通常のプロバイダではWiMAXの契約をするとこのモバイルルーター端末をお得に
購入できるキャンペーン展開などもしています。


本体価格0円で購入できるプロバイダなどもあり、このルーター端末料金はプロバイダを
選ぶときの要因になるというユーザーもいます。


プロバイダと契約をした時にWiMAXの利用ができるようになりますが、実際に利用が
出来るのは端末が届いた時です。
でも契約が終了しているのでルーターが手元に届いた瞬間から利用が出来ます。


そこでプロバイダによってどれ位発送までの時間が違うのかをチェックしました。
まずは到着までかかる日数をみてみます。

・ BIGLOBE WiMAX 3日から1週間
・ So-net 3日から7日
・ @nifty 最短4日
・ UQ WiMAX 最短翌日

大手通信系のプロバイダではこのように発表されています。
他のプロバイダの場合もチェックしてみます。


・ Broad WiMAX 最短即日
・ VOYAGE WiMAX 最短翌日
・ Hi-ho WiMAX 5~10日
・ GMOとくとくBB 5~12日

格安の月額利用料で利用できるなどのサービス提供しているプロバイダです。
最短即日は全ての申込手続きが最速で行われた時に、発送先が都内もしくは近郊の
場合のみだそうです。


プロバイダによってはかなり発送時間にも差がありました。
なるべく早くWiMAXの利用がしたい、というユーザーはこの発送期間にも注目を
する必要がありそうです。


■ルーター到着までの期間が違うのは何故?

到着までの日数が早いプロバイダと遅いプロバイダがあるのがよくわかりました。
でもその時間の違いはどこにあるのでしょうか?


基本的にはプロバイダはルーターの在庫を持っているわけではなく、別のところに
発送を頼むために時間が変わってしまいます。


最近のインターネット通販では配送時間や日付の指定ができるのは普通ですが
それは在庫があり、自社で発送をしているためです。


UQ WiMAX等の自社で通販も行っているプロバイダではかなり素早く対応が出来て
端末到着までの時間も早いプロバイダとなっています。


申し込み時間にもよりますが、即日発送が出来る所は到着までの期間が短くすぐに
WiMAXの利用が出来るようになります。


ただし申し込み初月はプロバイダによっては無料や日割り計算で利用料が決まる
というサービスも提供されています。


日割り計算されるならいつ申し込みをしても一緒ですが、初月無料の場合には
月初めから利用するとちょっとだけお得にWiMAXを始めることが出来ます。


またこれらのキャンペーンがない場合はやはり月初めからの利用がお得です。
申し込みをする時にはこれらのキャンペーンや月額利用料の確認もしましょう。


また最近ではプロバイダがWiMAX2+への完全移行準備に入っていて、すでに
新規でWiMAXへの加入を受け付けていないというところもあります。


WiMAXへの加入をする場合には現在新規受付を行っているかの確認もしましょう。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top