ホーム » wimaxあれこれ » どの機種が良いのか?WiMAXの場合

どの機種が良いのか?WiMAXの場合

■WiMAXのモバイルルーターでおすすめの機種は?

広いエリアで高速通信が出来るモバイル通信として注目されているのがWiMAXです。
どこでもインターネットができるようになる為に注目の通信回線です。


現在ではかなりのエリアで利用できるようになり、人口カバー率は94%と広いエリアで
利用することができます。


特にWiMAXは地下街や地下鉄など、地下でも利用できるモバイル通信としても
人気があります。


回線接続するためには専用のルーターを利用します。
スマホなどとは違いSIMカードを利用せず、メモリに情報を入力するために
WiMAX専用のルーターが必要になります。


そこでWiMAXと契約する時に各プロバイダではモバイルルーターをセットにした
お得なキャンペーンなどの展開もされています。


そこで気になるのは、利用できるモバイルルーターの中でどの機種が良いのか?
ということです。


WiMAX対応のモバイルルーターは色々な企業から対応端末が販売されています。
それぞれに特徴的な機種があり、人気シリーズになっている端末もあります。


これらの購入できる端末の中でもおすすめの端末はどれなのでしょうか。
それぞれ利用したユーザーからの口コミなどを調べてみました。


それと端末ごとに性能が少しずつ変わっています。
それぞれの端末の性能なども合わせてチェックしてみました。


■それぞれのルーターの特徴とは?

まずは販売されているモバイルルーターの特徴をチェックしてみます。
性能などを調べて比較してみました。


取り扱われているルーターのタイプは3種類です。
・ モバイルルーター
・ USB接続ルーター
・ ホームルーター
この3種類が主な機種で、それぞれに特徴があります。


モバイルルーターは一番一般的なWiMAXルーターです。
接続にはUSBとWi-Fiが利用できるのでUSB端子を持たないスマホでも
WiMAXを利用することができます。


USBルーターは主にパソコン等のUSB端子を持っているツールで利用します。
コンパクトで持ち運びも便利ですが、USB端子が必要というネックがあります。


ホームルーターは通常のブロードバンドルーターのように家庭に設置した状態で
利用するルーターです。
モバイル通信のWiMAXを家庭用に利用するルーターで、受信感度などはかなり良い反面
持ち運びが出来ないというデメリットがあります。


これらのルーターの中でも一番多く利用されているモバイルルーターの最新端末を
チェックしてみます。

・AtermWM3800R
カードサイズのモバイルルーターでデザインもスッキリしているのが特徴です。
馴染みやすいカード型のルーターで、持ち運びに便利です。

連続利用時間8時間、最長待機時間20時間とかなりバッテリーも持ちます。
専用の機能としてスマホの充電が出来る機能があります。


・Uroad-Aero
特徴的なデザインと最薄8.4㎜というとても薄いモバイルルーターです。
持ち運びに便利で、胸ポケットに入れても違和感ないほど薄いルーターです。

連続利用時間が12時間と現在販売されているモバイルルーターでは最長の起動時間が
最大の特徴です。


・Mobile Slime
最軽量で最小サイズのモバイルルーターです、重量は67gしかありません。
カードサイズよりもひと回り小さくかなりコンパクトなモバイルルーターです。

連続利用時間12時間と長く使いやすいのですが、クイック起動が出来ないために
起動時間が多少かかるというデメリットがあります。


モバイルルーターで人気の端末はこれらの機種です。
それぞれに特徴的なルーターなので自分の利用スタイルに合わせて選ぶことも出来ます。


■どの機種を選ぶのがおすすめ?

WiMAXの場合色々な端末が様々な種類で販売されています。
でもほとんどの場合プロバイダと契約する時に格安で購入出来ます。


自分でモバイルルーターを購入して用意する必要がなく、プロバイダとの契約をする時に
格安で購入できるようになっています。


キャンペーンを利用すると本体価格0円で購入できる、というプロバイダも多くあります。
そのキャンペーン対応機種を利用する事がお勧めです。


プロバイダによって月額利用料や初期費用などのコストが変わるので、このコストで
プロバイダを選ぶほうがお得になります。


その選んだプロバイダでお得に購入できる端末を購入する事がおすすめの方法です。
その為に多くのプロバイダでキャンペーン対象になっているAtermかUroadが
多く利用されるルーターとなっています。


ただし現在ではWiMAXは完全互換の上位回線WiMAX2+のサービスが開始されています。
その為にプロバイダでも新しくWiMAXの加入者を募集しなくなりました。


当然キャンペーンとしてルータープレゼントをしているプロバイダが少なくなり
お得に利用できるキャンペーンを選んでプロバイダに加入することが難しい状況です。


今からWiMAXへの加入を考えている場合、WiMAX2+の利用も考えてから契約を
するようにしましょう。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top