ホーム » wimaxあれこれ » プロバイダによってWiMAX回線に速度の違いが出る?

プロバイダによってWiMAX回線に速度の違いが出る?

■WiMAXは速度に違いが出る?

モバイル通信の中でも特に人気の高い回線がWiMAXです。
帯域制限が無いためにいつでも通信速度が変わらずに利用できるメリットがあります。


特にヘビーユーザーに注目されていて、今では多くのプロバイダからもサービスの
提供が行われるようになりました。


回線自体はUQコミュニケーションズが提供していて、ここがそのままプロバイダを
しているUQ WiMAXというプロバイダがあります。


本家と言われるプロバイダですべてのサービスが利用でき、料金も一般的には
こちらの料金を規準としています。


他にもサービスを提供しているプロバイダはかなり多く、それらMVNOのプロバイダも
色々なサービスを提供しています。


そこで気になるのはUQ WiMAXとMVNOでは回線速度に違いがあるのか?
ということです。


インターネットに接続する回線は全てWiMAX回線が利用されています。
でも色々と調べてみると選んだプロバイダによって回線速度に違いが出る
という方がいることも事実です。


では本当にプロバイダによって回線速度に違いは出るのでしょうか。
WiMAX回線の状況について調べてみました。


厳密に言うと回線速度自体にプロバイダによる差は無いはずです。
どのプロバイダでも同じ通信回線を利用しているので、回線速度には
違いがありません。


ただし体感できる速度に違いが出る可能性はあります。
それはプロバイダによって、大きく体感できてしまう場合もあるようです。


プロバイダによる体感速度の違いを調べてみました。


■プロバイダによる通信速度の違いとは?

WiMAX回線は全てのMVNOで同じ通信回線のWiMAX回線を利用しています。
その為に本当なら回線速度に違いがでないはずです。


でもWiMAX回線を使うまでの、プロバイダからWiMAX回線に接続するルートが
速度に違いを出してしまう可能性があります。


一般的にバックボーンと言われるもので、会員数が多いプロバイダの場合には
バックボーンが大きいので一度に多くのユーザーがアクセスしても問題なくネットに
接続させることが出来ます。


このバックボーンが小さなプロバイダの場合、混雑している時間帯にはユーザーを
インターネットに接続させるタイミングが遅くなり、それが体感速度の違いに
感じる可能性があります。


ただしWiMAX回線の場合、大手のプロバイダ以外はWiMAX回線に接続するまでの
ルートもUQコミュニケーションズのものを利用しています。


回線から基地局まで全てをレンタルしてサービス提供をしているために通信速度は
UQ WiMAXとまったく変わらない速度が出せるようになっています。


家電量販店などでWiMAX回線に加入した場合、こちらの全てをレンタルした
WiMAX回線の場合があります。


その為にWiMAX回線に関しては大手よりも小さなプロバイダやMVNOの方が
体感速度が速いと感じる可能性もあるようです。


ただし実際に速度を計測してみると、体感できるほどの足との違いがなく
かなり大きく通信速度がプロバイダによって変わる可能性はかなり低くなっています。


インターネットの回線は混雑している時にはどんな回線でも遅くなる可能性があります。
当然プロバイダを変更しても速度が改善することもあればしないこともあるようです。


■WiMAX回線の速度が変わる可能性があるのは?

プロバイダによって通信速度が大きく変わる可能性はあまりないことが分かりました。
でも実際にWiMAX回線は状況によっては大きく通信速度が変わります。


その速度が違う状況の原因になるのは一体何なのでしょうか。
WiMAX回線の場合は電波状況によって回線速度が大きく変わる可能性が高いです。


特にWiMAX回線が利用している周波数帯は、高周波数帯なので障害物で反射する為に
室内やビル群などで接続が悪くなる可能性が高いです。


電波状況が悪くなると速度が大きくオチます。
その為にプロバイダによる違いよりも電波状況を安定させることが早くするためには
重要になります。


モバイルルーターよりもホームルーターのほうが受信感度が高いので室内では
速度が大きく違い、安定して高速通信が出来るようになります。


モバイルルーターを室内で利用する場合は窓際において利用する、自作のアンテナを
利用しているなど工夫が必要になります。


またアンテナの設置状況は当然都心や地方都市中心部のほうが多く、地方のエリアに
なるほど繋がりにくくなります。


その為にWiMAXを利用する場合は事前に電波状況を確認する、レンタルで
無料のWiMAXを借りてみるなど実際に行動範囲で利用する事がお勧めです。


プロバイダによる速度の違いはあまり実感できませんが、キャンペーンやサービスの
違いはかなり大きくあります。


オトクに始めることが出来るプロバイダを選んで利用する事をおすすめします。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top