ホーム » wimaxあれこれ » モバイル通信はどっちがいいの?WiMAXとイーモバイル

モバイル通信はどっちがいいの?WiMAXとイーモバイル

■モバイル通信はどちらがおすすめ?

今では屋外でインターネットをするユーザーも増えています。
スマホや携帯電話以外でもネット接続が出来る環境を整えることができるからです。


特にタブレットPCを利用しているユーザーはスマホのテザリングなどでは使いにくく
しっかりとした通信回線が欲しいところです。


そこで注目されているのがモバイル通信です、Wi-Fiを利用してインターネットに接続を
するので電波の届くエリアなら場所を選ばずにどこでもネットが利用可能です。


このモバイル通信にも携帯電話のキャリアと同様にメジャーな回線があります。
それがWiMAXとイーモバイルです。


どちらも全国で対応しているモバイル通信です。
主要都市の人口カバー率はどちらも99%、その他のエリアではイーモバイルが96%
WiMAXが94%となっています。


従来のWiMAX回線は下り最高40Mでイーモバイルは下り最高75Mでした。
速度的にはイーモバイルのほうが良かったのですが、最近完全上位互換回線の
WiMAX2+がサービスを開始して速度が110Mになりました。


一方のイーモバイルもソフトバンクと提携をして回線の利用が可能になりました。
元々イーモバイル回線が110M対応でしたが、ソフトバンクのLTE75Mも
広範囲で利用できるエリアの広さが魅力となっています。


利用可能エリアもほとんど同じ、回線速度も同じモバイル通信のWiMAXと
イーモバイルのどちらがいいのでしょうか?


それぞれの回線の特徴をもっと比べてみました。


■WiMAXとイーモバイルの特徴とは?

それぞれの回線の特徴などを比較してみました。
・WiMAX2+
利用可能回線 WiMAX2+、WiMAX、au 4G LTE
通信速度 110M、40M、75M それぞれ下り最速の場合
月額利用料 3,880円、ただしau 4G LTEはオプションで利用には1.055円/月が必要
帯域制限 無し、ただしau 4G LTEは7Gで速度規制


・イーモバイル
利用可能回線 EMOBILE 4G LTE 3G
通信速度 110M 75M 42M それぞれ下り最速の場合
月額利用料 3,880円
帯域制限 月に7G以上の利用で速度規制


現状では料金には殆ど変わりはありません、でもWiMAX2+はauの回線を利用すると
オプション利用料として1,055円がかかります。


さらに2年契約の期間が過ぎると月額利用料が4,405円になります。
その代わりに帯域制限がなく、パケット量を気にせずに通信が可能です。


元々WiMAXには帯域制限がなく、動画などの大容量のデータ通信には最適と
言われていたモバイル通信でした。


WiMAX2+になって帯域制限が付く可能性が出来ましたが、契約から2年間は
速度規制がない状態で利用することができます。


イーモバイルの方はソフトバンクと提携しているのでこちらの回線を利用する場合
人口カバー率99%とかなりの広範囲で利用することができます。


契約期間はどちらも2年間、ほとんどの特徴は変わりませんがやはり帯域制限が
とても大きな違いになりそうです。


どっちがいいかはそれぞれユーザーの使い方によって変わりそうです。
次にWiMAXとイーモバイルのおすすめ利用方法とユーザーを見てみましょう。


■どんなユーザーにオススメできる?

WiMAXの最大の特徴は帯域制限がないことです。
その為にヘビーユーザーにとても評判がよく、実際に愛用している方も多くいます。


また固定回線をあまり利用しない方の場合、WiMAXの回線一本化をしてコストダウンを
しているというユーザーもいたほどです。


今度のWiMAX2+では2年目以降の契約には帯域制限がかかるので同じ利用方法は難しく
今後WiMAX回線も完全に提供停止になることが決まっています。


また現在はまだWiMAX2+回線の普及が進んでいないために主要都市以外でWiMAX2+の
回線を利用することが難しくなっています。


今後の状況をきちんと確認する必要があるモバイル通信がWiMAXとWiMAX2+です。


イーモバイルは所要都市の利用可能エリアはほぼ100%というほどどこでも利用が出来る
回線と明言しています。


実際に各県の県庁所在地では人口カバー率100%と発表しています。
これにソフトバンクのLTEエリアが利用できるのでかなり広いエリアで利用できるのが
大きな魅力となっています。


帯域制限があるので利用方法に注意が必要ですが、屋外で利用する事が多くメールや
簡単なブラウジングがメインの使い方ならイーモバイルの方が使いやすいイメージです。


ただし加入するときのキャンペーンはWiMAXの方がかなり大きく行っています。
WiMAX2+への加入ではタブレットPCプレゼントや高額キャッシュバックなど
かなり魅力的なキャンペーン特典の展開をしています。


イーモバイルは本家とソフトバンクからの加入がほとんどなので大きなキャンペーンを
見かけることが少ないです。


一方のWiMAXはMVNOが多く、大手プロバイダではほとんどサービスの提供があるので
かなり派手にキャンペーン展開をしています。


加入するときのコストを下げるためにキャンペーンを利用するならWiMAXの方が
よりお得に加入することが出来ます。


それぞれの特徴などを考えてどちらがいいか選んでください。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top