ホーム » wimaxあれこれ » 新規契約と端末持ち込み契約、WiMAXの場合どっちがお得?

新規契約と端末持ち込み契約、WiMAXの場合どっちがお得?

■WiMAXでも白ロムのモバイルルーターは利用できる?

スマホや携帯電話では白ロムと言われる、いわゆる契約していない状態の端末が
取り扱われています。


これを利用して契約することが出来るキャリアも多く、中古端末は一部とても人気の
市場となっています。


SIMカードを入れることでその契約の通信回線が利用できて、最近では格安の
SIMカードが取り扱われています。


手軽な通信手段としても注目されているこの白ロムですが、これをモバイル通信でも
利用する事ができるのでしょうか?


例えばWiMAXの場合、ほとんどのプロバイダで端末料金0円購入ができる特典が
利用できますが、これを利用せずに持ち込みの端末で契約することは可能でしょうか。


また持ち込み端末と新規契約で端末を購入する場合はどっちがお得に利用する事が
出来るのでしょうか?


スマホのようにSIMカードなどを利用するモバイルルーターなら契約したSIMカードの
差し替えで中古端末でも利用することができます。


これと同じことがWiMAXルーターでもできるようになるのでしょうか?
まずは持ち込み端末での契約ができるプロバイダをチェックしてみました。


現在持ち込み端末が利用できるプロバイダはUQ WiMAXとBIGLOBEだけです。
他のプロバイダの場合、契約ができるのは新規加入で端末も同時に購入した場合のみです。


そこで今度はこの2つのプロバイダで持ち込み端末と新規購入のどちらがお得なのかを
チェックしてみます。


■持ち込み端末が利用できる条件とは?

オークションサイトなどを見ると中古のWiMAX端末を売買しているところを
見ることが出来る場合があります。


実際にUQ WiMAXとBIGLOBEでのみ利用できる中古端末などはどのように
利用をするのでしょうか?


まずは持ち込み端末で契約をする条件をチェックしてみます。
条件は多くはないのですが、他のプロバイダ専用のモバイルルーターでは契約が
出来ない状態になっています。


例えばそのプロバイダ限定カラーやコラボ商品などのルーターの場合、他のプロバイダで
利用ができない専用ルーターの可能性が高くなっています。


それ以外でも通常の申し込みで利用できるモバイルルーターもプロバイダ専用という
可能性はかなり高くなっています。


WiMAXルーターはSIMカードを利用せずメモリに直接契約データを書き込んで
利用する体部のルーターです。


その為に情報を書き込んだメモリ領域にアクセス出来ないようにしている
プロバイダのルーターはそのプロバイダ専用になるというわけです。


そのルーターでは持ち込みで契約をすることが出来ませんので、事前に自分の
ルーターのタイプを確認しましょう。


契約自体はWiMAX回線が接続可能な状態でルーターを立ち上げて接続についての
設定を行います。


その設定の中で接続ユーティリティを起動、接続総合ポータルに接続したら
WiMAX通信サービス提供企業一覧から契約したいプロバイダを選ぶだけです。


その後プランや支払い方法などなどを選んで契約となります。
この方法で契約ができるのがUQ WiMAXとBIGLOBEだけとなっています。


料金プランを見ると通常の料金とまったく一緒です。
持ち込み端末で契約する場合の割引などはまったくありません。


ただし通常モバイルルーターを格安で購入できるキャンペーンでは利用できない
1DAYプランを選ぶことが出来るようになっているくらいの違いだけです。


ではこの持ち込み端末で契約する場合のメリットをチェックしてみます。


■持ち込み端末を利用する場合とは?

新規契約をしてモバイルルーターをお得な金額で購入した場合と、端末を持ち込みで
契約した場合のどっちでも利用料金は変わりません。


でも上記のように唯一違いがあるのが契約できるプランです。
モバイルルーター割引のキャンペーンを利用する場合は1DAYプランという
1日ごとの利用料金で計算するプランが利用できません。


ただしこのプランもBIGLOBEにはなく、UQ WiMAXで利用できるサービスです。
BIGLOBEの場合は2段階定額プランが利用できるようになっています。


ほとんどのプロバイダで本体価格0円で利用できるルーターを持ち込みで契約する
その理由は利用できる端末を増やすことが出来るサービスで利用する事が出来る
というメリットが有るためです。


いつも利用している端末が故障した場合、代わりの端末を中古で購入してそちらを
修理が終わるまで利用する、という使い方が出来るようになります。


通常のプロバイダでは中古の本体が利用できないので新規契約をするしかなく
二重契約でその分のコストが掛かります。


追加で端末を利用できるようにするサービスなら月額200円で出来ます。
修理が終わったらサービスを解約するだけなので大きなコストがかかりません。


また家の中ではホームルーターを利用して、屋外にはモバイルルーターを持ち出す
という使い方も追加端末のサービスで出来るようになります。


この様に契約自体はどっちでも料金は変わりませんが、持ち込み端末ならではの
利用方法でお得にすることが出来ます。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top