ホーム » wimaxあれこれ » 契約に必要なもの、WiMAXの場合は?

契約に必要なもの、WiMAXの場合は?

■契約する時には何が必要?

Wi-Fiを利用するので工事の必要がなく、手軽にすぐに利用できるネット回線として
人気があるのがモバイル通信です。


中でもWiMAXは対応エリアも広く、多くのプロバイダがサービスの提供をしている
注目の回線となっています。


家電量販店などでもパソコン購入と同時に加入することでお得になるキャンペーンの
展開をしていることもありました。


そこでこのWiMAXに加入するために必要なものとは何でしょうか?
店頭でパソコン購入の時などに手軽に加入できるものなのでしょうか。


モバイル通信という通信回線の契約になるので、当然本人の確認ができる書類などが
必要になるはずです。


ではそれらの書類を用意していないとWiMAXへの加入は出来ないのでしょうか。
WiMAXの契約に必要なものをチェックしてみました。


WiMAX回線は現在でも回線提供をしているUQコミュニケーションズが行っている
プロバイダのUQ WiMAX以外からも提供が行われています。


それらのプロバイダでも必要な物は変わってくるのでしょうか?
まずは回線提供元のUQ WiMAXで必要になるものをチェックしてみます。


■UQ WiMAXで加入するために必要なものとは?

現在UQ WiMAXでは月額利用料の支払い方法にクレジットカードと口座振替が
利用できるようになっています。


さらに加入する時に回線接続するために必要なモバイルルーターを購入せずに
自分で購入した、または以前使っていたルーターを利用しての契約も可能です。


それぞれの契約方法で必要になるものが違います。
まずはクレジットカード支払いで新規購入する場合に必要なものをチェックします。


WiMAX回線の月額利用料をクレジットカードで支払う場合に必要な物は
クレジットカードのみです。


クレジットカード自体が本人確認書類を兼ねているので他に書類の提出なども
必要がありません。


オンラインショップで購入する時には一番手軽な方法がクレジットカード支払いで
購入することです。


月額利用料を口座振替で支払う場合は本人確認書類と口座振替申込書が必要です。
申込書には引き落としをする口座のお届け印が必要なので、そちらも用意します。


書類の郵送や確認作業に時間がかかりますが、クレジットカードを持っていない方でも
WiMAX回線の利用ができる為にとても便利な購入方法です。


その分必要書類等が増えるので、用意する書類や必要なもののチェックをきちんとして
スムーズに契約ができるようにしましょう。


自分で端末を用意する場合は当然ですがモバイルルーターなど接続機械を用意します。
その後、WiMAXのポータルサイトに接続してそちらから支払い方法の設定をします。


UQ WiMAXの場合はこちらでもクレジットカードか口座振替を選んで利用できるので
新規購入の場合と同じものが必要になります。


基本的には月額利用料の支払い方法で必要な物が変わり、クレジットカード支払いなら
ほとんど必要なものがない、という状況です。


■他のプロバイダでは何が必要になる?

UQ WiMAXではクレジットカード支払いと口座振替の2つの支払い方法から選んで
利用することができます。


でも他のプロバイダの場合、口座振替に対応しているプロバイダはかなり少ないです。
その為に多くの場合、必要な物は利用できるクレジットカードのみとなります。


UQ WiMAXの場合オンラインショップでの購入ですが、家電量販店の店頭でも
WiMAX回線の加入受付をしている場合も多くあります。


この家電量販店の店頭の場合もほとんどがクレジットカードのみです。
店頭の場合契約まで時間のかかる口座振替での月額利用料支払いはキャンペーンの適応も
難しくなるので多くのところでは出来ません。


その為に家電量販店での購入を考えている方はクレジットカードを用意することが
おすすめの購入方法です。


店頭で購入する時に利用しなくても、月額利用料の支払いに利用するだけでOKです。


また自分で購入したWiMAXルーターを利用しての契約が出来るプロバイダは
UQ WiMAXとBIGLOBEだけです。


それと現在サービスの提供がされているWiMAX2+ではポータルサイトを利用した
契約方法は利用することができません。


現在では多くのプロバイダがWiMAX回線への新規加入受付を終了していて
WiMAX2+への移行が始まっています。


WiMAX回線自体も2018年には電波が完全停止することが決まっているので利用が
できなくなることが決まっています。


これから加入する場合には完全上位互換回線のWiMAX2+への加入がおすすめです。
こちらの回線も必要な物はWiMAXと変わらず、クレジットカードが便利です。


店頭でもネットショップでもクレジットカードの場合本人確認書類の提出が
必要ないのでかなり手軽に契約をすることが出来ます。


プロバイダによって必要な物が変わる可能性もありますので、契約の際には事前に
チェックをしておくようにしましょう。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top