ホーム » wimaxあれこれ » WiMAXに対応していないiPhone5が対応する可能性は?|次世代同士なら可能性も

WiMAXに対応していないiPhone5が対応する可能性は?|次世代同士なら可能性も

■世界が注目する端末の対応とは

今では世界中で多くのユーザーが利用しているスマートフォンが
iPhoneです。
最新のiPhone5が販売されて、更に多くのユーザーが利用する
端末となりました。


日本国内では大手キャリアの3社全てが採用しているなど
その勢いはかなり高く、どんどんユーザーも増えています。


ただ、日本の場合だとキャリアごとの通信費が高めの事もあり
キャリアのパケットを利用しないで通信する手段を考えるという
方も多くいます。


そこで以前のiPhoneで利用されていたのがWiMAXです。
WiMAXは帯域制限のないモバイル通信ですので、通信量が
多くなっても速度規制がかからないというメリットがあります。


無線LANを利用したモバイル通信の場合、一人のユーザーが
回線独占をすると他のユーザーの通信速度が出なくなるために
パケット利用量の多いユーザーに対して速度規制をします。


これが帯域制限ですが、WiMAXの場合この速度規制がありません。
その為にヘビーユーザーでもパケット量を気にせずに利用する事が
できる様になります。


特にiPhoneユーザーは外で動画を楽しむなどハードに利用する
という方も多くキャリアの通信プランではすぐに規制上限に
なってしまいます。


速度規制を回避する為にインターネット接続を規制のない回線の
WiMAXで行う事でどこでも快適に接続が出来て、通信速度も
変わらずに利用できる養担っていました。


では最新のiPhone5でもこの方法は利用できるのでしょうか?
調べてみましょう。


■iPhone5の通信方法は

現在のWiMAXは独自の通信帯を利用して無線接続をしています。
他のモバイル通信、イーモバイルはLTEという企画を使って
高速通信を行っています。


LTEは他のキャリア、ドコモなども利用しているために互換性が
有るのですがWiMAXの場合は他のキャリアでは対応端末以外で
使う事が出来ません。


契約したSIMカードの差し替えで他の端末でもLTE接続を
する事ができる、という利用方法もあるのですがWiMAXでは
それが出来ません。


今回新しく販売されたiPhone5の場合はどうなのでしょうか?
高速通信はLTEを採用しています。
その為にWiMAXに対応する可能性はかなり低いです。


以前まではキャリアで対応していたところはありました。
大手の一つauではWiMAX対応のスマートフォンの販売を
行っていますが、この端末にiPhoneは含まれていません。


元々WiMAXではSIMカードの差し替えで端末の流用を
する事ができない為にモバイルルーターを持ち運ぶ必要が
あるのですが、対応端末ができればルーターを持ち運ぶ必要が
なくなります。


しかし現状ではiPhone5がWiMAXに対応する可能性はなく
外でWiMAX回線を利用してiPhoneを使う場合には必ず
WiMAXルーターを持っていく事が必要となります。


ただし最新のiPhone5sではそれも少し変わりそうです。
最新端末の情報を調べてみましょう。


■海外版ではTD-LTEに対応した端末

全世界で販売されているiPhoneですから当然日本以外の
国でも多く販売されています。
それぞれの国で利用している無線LANの周波数帯が違うので
日本よりも広い周波数帯の端末が取り扱われています。


更にWiMAXは次世代通信規格としてWiMAX2+という
通信を始めています。
こちらではTD-LTEという通信規格にも対応しています。


これは海外で利用されている高速通信の企画で海外制の
iPhone5sではこの規格に対応している端末があります。
その為に海外版のiPhone5s端末ならWiMAX2+でも
利用できる可能性があります。


更に日本国内でもソフトバンクのプラチナバンドは
このTD-LTE規格でサービスの提供が行われています。
その為にiPhoneでもこちらの規格に対応した端末の
発売があるのではという噂も立っています。


現状ではまだそれ程エリアが広くないWiMAX2+ですが
WiMAXエリアと重ねて拡大を順次されて区計画の為に
エリア自体の拡大には早い対応が期待されています。


現状でiPhoneのWiMAX対応は可能性としてはほとんど
絶望的ですが、次の世代での対応を考えるなら可能性は
かなり高くなると思います。


現状でも海外版の白ロム端末が入手できる状況なら
iPhone5sでWiMAX2+を利用する事ができる可能性は
かなり高いようです。


今後正式にApple社から販売が発表されれば更に
WiMAX2+の使い勝手は良くなるのではないでしょうか。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top