ホーム » wimaxあれこれ » WiMAX内蔵と無線LAN内蔵、どちらのパソコンがいい?|使い方によって選びましょう

WiMAX内蔵と無線LAN内蔵、どちらのパソコンがいい?|使い方によって選びましょう

■WiMAX回線を利用するならどちらがいい?

モバイル通信は今ではかなり利用されるようになったインターネット回線です。
スマホや携帯電話のようにどこでもネット接続ができるようになるモバイル通信は
すでにかなり普及してきています。


実際に日本中多くのエリアで利用可能な回線もあり、今でもアンテナの増設計画が
進められています。


そんなモバイル通信の一つがWiMAXです。
無線LANを利用した回線で、屋外でもかなりのエリアでインターネット接続が出来る
モバイル通信です。


これを利用する時に気になるのがWiMAX内臓パソコンです。
通常WiMAX回線は専用のルーターを利用して回線接続をします。


屋外でも利用することが出来るWiMAX回線には持ち運びが可能なモバイルルーターを
利用する方が多く、一般的にはこのモバイルルーターを持ち運んでどこでもネットに
接続できるようにします。


ただし、各メーカーからはこのモバイルルーターが最初から内蔵されているパソコンが
販売されています。
それがWiMAX内蔵パソコンと言われるものです。


このWiMAX内蔵パソコンのメリットなどを調べて、通常のモバイルルーターを
利用する場合との違いを知りたいと思います。
それぞれのメリットやデメリットを調べてみます。


■WiMAX内臓パソコンと無線LAN内臓パソコン

モバイルルーターとパソコンを繋ぐ際には有線接続よりも無線LAN接続をする方が
多くいます。
モバイルルーターをかばんに入れたままノートPCだけをかばんから出してネット接続に
利用することが出来るためです。


一般的にはこの様に無線LAN内蔵パソコンとモバイルルーターを利用してWiMAXに
接続するユーザーがほとんどです。
この利用方法とWiMAX内臓パソコン、それぞれのメリットを調べてみます。


・WiMAX内臓パソコンの場合
最初からモバイルルーターが内蔵されているのでWiMAXと契約するだけで簡単に
ネット接続が出来るようになります。
周辺機器などを接続する必要が無いために本体周りもスッキリとします。


ルーターが本体に内蔵しているので接続設定もWiMAX回線との設定だけで
すぐにネットを始めることが出来るようになります。


・無線LAN内臓パソコンとモバイルルーターの場合
最新のモバイルルーターは性能の向上などいろいろな面で優れています。
それを発売ごとに交換することができるので、安定して高速通信が可能になります。


パソコンの他にも無線LAN対応のモバイルツールがあればそちらでもネット接続が
可能になります。
利用方法によっては固定回線の代わりにも使うことが出来るようになります。


次にそれぞれのデメリットも調べてみます。


・WiMAX内臓パソコンのデメリット
ルーターが内蔵されているのでパソコンしかネット接続ができない。
当然パソコンが壊れるとネット接続は不可能、ルーターが壊れてもパソコンを
修理に出す必要がある。


・無線LAN内蔵パソコンとモバイルルーターの場合
ルーターとパソコンなどのモバイルツールを両方持ち歩く必要がある。
当然両方のバッテリーを気にして使う必要ができる。


無線LANの接続設定やセキュリティなどをしっかりとする必要がある。
パソコンやネット初心者には設定自体がとても大変。


■使い方によってそれぞれの接続方法を利用する

どちらの接続方法にもメリットとデメリットが有ります。
特にパソコン初心者には無線LANの設定やセキュリティはわからないことばかりで
とてもむずかしく感じることがあります。


ただし最近の無線LAN接続機器は簡単に設定できるものも多くなっています。
それを利用するとモバイルルーターとパソコンの接続もかなり簡単にできます。
当然セキュリティもしっかりとできるので安心して利用できます。


一方のWiMAX内臓パソコンならほとんど設定もなくネット接続ができます。
パソコンの電源をいれるだけで電波が届いているところならすぐにネットに
接続できるようになります。


周辺機器を利用する必要もないので、とても簡単でスッキリしますがパソコンに
組み込まれているために他のモバイルツールなどでネット接続はできません。
しかもルーターが壊れてしまった場合でもパソコンを修理に出すことになります。


当然HDDの中身が完全消去されるのでデータの保存などにも気を使う必要が
あるのがWiMAX内蔵パソコンです。


インターネット接続はそのパソコンのみで行うという方にはWiMAX内臓パソコンは
とても簡単で便利に利用できます。
一方、他にもスマホや携帯ゲーム機等をネット接続したいという方にはルーターを
利用する方法がお勧めです。


モバイルルーターとの接続自体は無線LANに対応している機器なら可能です。
パソコンも無線LANに対応させるとモバイルルーターとの接続が出来るようになります。


利用する方法によって使い分けると便利にWiMAX接続が出来るようになります。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top