ホーム » wimaxあれこれ » WiMAXの接続方法はUSBとWi-Fiで速度に違いがある?|接続方法で多少の違いがでます

WiMAXの接続方法はUSBとWi-Fiで速度に違いがある?|接続方法で多少の違いがでます

■WiMAXルーターの接続方法でいいのはどれ?

屋外でもネット接続ができるようになるモバイル通信、その中でも待機制限がなく
いつでも高速通信が出来るのがWiMAXです。


今ではかなり多くのプロバイダがサービス提供をしていて、色々なサービスから選んで
利用することも可能になっています。


またそんなWiMAX対応のモバイルルーターも各社で取り扱われています。
色々なタイプのルーターがありますが、その接続方法も多くあります。


最新のルーターではモバイルルーターでもUSB接続とクレードルを利用しての
有線LAN接続が出来る端末が取り扱われるようになりました。
そこでこれらの接続方法で速度に違いが出るのかが気になります。


モバイルルーターの電源供給にはUSB端子が利用されていますが、このUSBで
直接PCに接続することもできます。
更にクレードル対応の端末にはUSBと有線LANポートも付いているものがあります。


当然これらすべての有線接続にWi-Fi接続を合わせるとかなりの接続方法があります。
その中でも速度に関する違いは出るのでしょうか?


元々無線を利用しているネット回線なので周囲の状況や混雑具合によって通信速度は
かなり変わってきます。
ただしそれ以外のPCとの接続スピードが違うことでネットの速度自体が変わることが
あるのかを調べてみます。


まずはそれぞれの接続方法で実際にどれ位の速度が出るのかを調べてみます。


■接続方法による速度の違いは?

前にも書いたようにWiMAXはその時の状況によって通信速度が大きく変わる可能性が
ある回線です。
その為に実際に調べて結果でも目安程度の数値になります。


まずは通常のWi-Fi接続で速度測定をします。
その時には約10Mの速度が計測されました。
この状態でUSBと有線LANケーブルを利用してパソコン本体都の接続をします。
その数値も計測してみました。


ルーター本体とパソコン本体を直接USB接続した場合の通信速度は約17Mでした。
数回測定した平均値では17.4M という結果になりました。


次にクレードルを利用して有線LAN接続もしてみました。
同じ所で計測した結果が約17Mの速度が計測されました。
こちらも同じように複数回計測した平均値を出すと17.8Mという結果になりました。


無線の場合はパソコンの受診する子機の性能でも通信速度に違いが出るために
すべてのパソコン本体で同じ結果になるとは言えません。
ただしパソコン本体と有線接続をすることで安定して回線接続ができるために
速度が上る可能性は高くなります。


利用しているのが最新のルーターなのでクレードル自体の性能も良く、有線LANでも
USBと変わらない速度が出せるのがよくわかります。


速度に違いが出ることがわかったので次にそれぞれの接続方法のメリットとデメリットを
調べてみます。


■接続方法による利点とは?

WiMAXのモバイルルーターを利用した場合の接続方法は色々あります。
それぞれの接続方法にはやはりメリットとデメリットがありそうです。
それを調べてみます。


無線LAN接続の場合、屋外での利用にプラスして手軽に本体と接続ができるのは
大きなメリットとなります。
ルーター自体は鞄の中などに入れたままで携帯端末をネット接続するなどの手軽な
方法が利用できます。


デメリットは無線LANの子機の性能によっては速度が大きく変わります。
場合によっては思った以上に速度が出せない状況になります。


USB接続の場合、速度以外のメリットではバッテリーの消費が少ないことです。
最新端末の場合USB接続をしているとそちらから電源供給するために内蔵バッテリーの
消費をせずに利用できます。


長時間利用の他にもバッテリー寿命を延ばすためにも利用できます。


デメリットはUSB接続ではモバイルルーターの手軽さがなくなります。
また当然USB端子がある本体にしか利用できないので携帯ゲーム機などでは
この方法が利用できません。


有線LAN接続の場合は通信ロスが一番少ない回線なのでかなり安定して接続が出来る
というメリットが有ります。


デメリットは対応しているクレードルが必要なことです。
また最新端末ならクレードルの性能も上がっていますが、昔の端末の場合クレードルが
それ程性能が良くないために回線速度が落ちる可能性があります。


ルーター本体に有線LANポート装備の物がないのでクレードル利用が必須になります。
当然屋外での利用はかなり厳しくなります。


利用するパソコン本体が最新端末ではない場合、当然無線LAN機器も昔のままで
最速の規格に対応していない可能性も高くなります。


その場合にはUSB接続などの有線接続をすることで通信速度を上げることが出来る
可能性があります。


昔のPCなどでもネット接続がしたいという場合には有線接続することがお勧めです。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top