ホーム » wimaxの支払い方法 » ワイマックスの審査はブラックでも通る?

ワイマックスの審査はブラックでも通る?

■金融関係のブラックリストに乗っていても契約はできる?

最近はインターネットも色々なところで出来るようになっています。
店舗内などでは公衆Wi-Fiを設置している所も多く、無線LANを利用したネット接続は
色々なところで可能になっています。


さらに電波の届くところならどこでもネット接続が出来るモバイル通信も数多くなり
多くの方が利用するようになっています。


その中でも帯域制限のないWiMAXはかなり注目のモバイル通信で、今でも多くの
ユーザーが利用しているようです。


そんな人気のWiMAXですが、友人が加入を考えている時にこんな相談をされました。
「信用情報に事故記録があるけどWiMAXの契約は出来るのか?」


いわゆるブラックリストと言われる、事故情報が過去にあるユーザーでもWiMAXを
契約することが出来るのか心配だそうです。


クレジットやキャッシングの滞納や未払いは信用情報に事故情報として記録されます。
この事故情報があるユーザーは新しくクレジットカードを作ることがまず出来ません。


ローンを組むときになどにもかなり不利になってしまいます。
このブラックの状態でもWiMAXと契約することは出来るのでしょうか?


友人の状況を含めた色々なパターンでWiMAXの契約が出来るのかを
チェックしてみました。


ブラックの状態でもWiMAXに新しく加入することが出来るのか?
またその方法は何かあるのか?をチェックしてみました。


■WiMAXはブレックでも契約することが出来る?

信用情報に事故情報があると新しくクレジット契約やキャッシング契約をすることは
殆どできません。


ではWiMAXの契約はどうなのでしょうか?
現状ではブラックの状態でもWiMAXの契約をする方法はあります。


WiMAXの料金支払いにはクレジットカードを利用するプロバイダが多くあります。
そのプロバイダの場合はクレジットカードを新しく作ることが出来ないブラックの状態で
新規にクレジット契約をするのは難しいです。


新しいクレジットカードを作ることが難しく、現在持っているクレジットカードが
利用できるかはかなり微妙なところです。


その状態で支払にクレジットカードを利用した契約をすることはかなり厳しく
クレジットカード支払いのみのプロバイダでWiMAX契約をするのはかなり難しいです。


でも大手プロバイダではWiMAXの支払い方法に口座振替を利用できるところがあります。
こちらの場合クレジットカードなどの信用情報を見ずに審査するために、口座振替なら
契約できる可能性が高くなります。


ただし信用情報と同じように通信関係の滞納情報は多くのところで共有されています。
公共料金や電話料金、携帯料金の滞納や未払いがあると口座振替でも契約が難しくなる
という状況もあります。


特に通信費用の未払いがある場合はまず新規契約が出来ません。
その生産をしてからWiMAXと新規契約をするようにしましょう。


■WiMAXの口座振替ができるプロバイダは?

信用情報がブラックの場合でもWiMAXの口座振替なら新しく契約をすることが
出来る場合が多くあります。


ただし現状では口座振替が利用できるプロバイダがかなり少なくなっています。
しかも大手プロバイダではすでにWiMAX2+への移行が始まっていて
WiMAXを新規で募集していない、というプロバイダも多くなっています。


実際にWiMAXのサービス自体も2020年をめどにサービスの停止を考えているそうで
すべてのサービスをWiMAX2+に移行する計画となっています。


その為に現在口座振替で契約ができるプロバイダはUQ WiMAX等の一部のプロバイダ
のみとなっています。


WiMAX2+の場合、現在では最初の数ヶ月間はWiMAXと同様に帯域制限がなく
いくら利用しても速度の低下がないのですが、サービス期間を過ぎると他の
モバイル通信同様にパケット通信量に制限がかかります。


また現状では対応エリアが狭く、WiMAX2+ならではの高速通信が出来るエリアは
それ程ありません。


ただしWiMAXのエリアでは当然WiMAXでの通信が可能です。
一応完全上位通信となるので、新しく加入する場合はWiMAX2+の方がある意味では
便利になるかもしれません。


当然ブラックの状態ではクレジットカードの利用が難しいので、口座振替で端末の
購入も本体一括支払いなどを選択する必要があります。


現状でもブラック状態でWiMAXの契約をする方法はありました。
ただしそれも公共料金や電話料金などの滞納がなく未払い状態でもない事が条件です。


信用情報と同じく、これらの未払情報は広く共有されるので電話料金の支払いは
きちんとして止められることがない、健全な経済状態を確保しておくことは
通信関係の新規契約にはかなり重要な事になっていました。


今まで滞納などが有る方は、今後きちんと気をつけるようにしましょう。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top