ホーム » wimaxの支払い方法 » ワイマックスは銀行引き落としで支払い可能?

ワイマックスは銀行引き落としで支払い可能?

■クレジットカードがなくてもWiMAXを利用したい!

モバイル通信のWiMAXは今多くの方が注目しています。
屋外でもインターネットに接続ができて、高速通信が可能なモバイル通信のWiMAXです。


しかも帯域制限がないので、パケット通信をどれだけ使っても速度制限にかからずに
いつでも変わらない速度でインターネットを楽しむことが出来ます。


エリアも拡大しつつ有るこのWiMAX、多くの方の注目を集めていますが、加入には
ほとんどのプロバイダでクレジットカードが必要です。


最近ではネットショッピングなどでもクレジットカードの利用が増え、ネットを利用する
多くのユーザーがクレジットカードを持っています。


でもネット関係でクレジットカードの利用をしたくない、という方もいるのは事実です。
またクレジットカードを作ることが出来ない方もいます。


それらの方々がWiMAXを利用することは出来ないのでしょうか?
クレジットカード以外の方法でWiMAXを新規契約することが可能でしょうか。


確かにプロバイダによってはクレジットカード必須という契約条件の所もあり
実際に公共料金の支払などでもクレジットカードを利用するほうがお得になります。


でもWiMAXの場合はクレジットカードの他にも銀行引き落としで支払いをすることが
出来るプロバイダがあります。


クレジットカードを持っていない方でもWiMAXを利用してインターネットを
楽しむことが出来るようになっています。


この銀行引き落としで利用できるプロバイダをチェックしてみました。


■銀行引き落としが出来るプロバイダは?

WiMAXは今ではかなり多くのプロバイダからサービスの提供があります。
大手プロバイダではほとんどがWiMAXサービスを行っています。


この大手プロバイダの中には銀行引き落としを利用できる所が多くあり
クレジットカードを持っていない方でも利用することが可能です。


WiMAXサービスを銀行引き落としで利用できるプロバイダは
・ UQ WiMAX
・ BIGLOBE
・ @nifty
・ So-net
・ GMOとくとくBB
・ BroadWiMAX

以上のプロバイダで銀行引き落としが利用できます。


当然クレジットカード支払いとは違い、書類で申し込みをする必要があります。
書類が届くまでの時間など、実際に銀行引き落としができるようになるまでは
時間がかかることが多くあります。


そこで銀行引き落としの手続きが終わるまでは、請求書による金融機関や
コンビニでの支払いが必要になります。


クレジットカードの場合は手続きも早く、請求書支払いになることはほとんどありません。
この手間がかかることも銀行引き落としのデメリットです。


ただし、クレジットカードを作れない方や使いたくない方にとっては銀行引き落としが
出来るプロバイダはやはりとても嬉しいものです。


手軽に利用できる方法ではありませんが、クレジットカードを持っていない場合でも
WiMAXの契約をすることは十分に可能です。


■銀行引き落としの場合の注意点とは?

手続きがかなり手間がかかること、さらに手続完了までの時間がかかることは
銀行引き落としの大きなデメリットです。


さらに銀行引き落としの場合の注意点がないか、チェックしてみました。
一番大きなものでは利用できるプロバイダがかなり少ないことです。


現状では上記のプロバイダ以外で銀行引き落としサービスを行っている所は
見つかりませんでした。


さらに銀行引き落としの場合は手数料がかかるプロバイダが多く、余計なコストが
かかってしまうデメリットも有ります。


毎月200円程度ですが、それが積み重なるとかなり大きなコストになります。
領収書なども発行するとさらにコストがかかるために継続すると大きな負担です。


また新規でWiMAXへの加入者を受け付けていないプロバイダも増えました。
WiMAXは完全にWiMAX2+にサービス移行をする為にすでに新規WiMAX契約を
終了しているプロバイダも多くなっています。


銀行引き落としが出来るプロバイダでもBIGLOBE、@nifty、So-netではすでに
WiMAXの販売を終了しています。


ただし完全上位サービスのWiMAX2+のサービスを開始しています。
こちらのサービスでも銀行引き落としが利用できるので、新規加入をする場合でも
安心して利用することが出来ます。


クレジットカードのポイントサービスなどあるので、公共料金や通信料金の支払いには
クレジットカードを利用する方もかなり増えています。


ただしクレジットカード以外の支払い方法が利用できるプロバイダもまだあります。
クレジットカード支払いと同様のサービスを提供しているプロバイダもあるので
探して利用するとお得になる可能性もあります。


クレジットカードなしでもWiMAXは十分に利用できる通信サービスです。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top