ホーム » wimaxの支払い方法 » UQ WiMAXの口座振替手続きには手数料や審査はある?

UQ WiMAXの口座振替手続きには手数料や審査はある?

■UQ WiMAXはクレジットカード以外の支払いができる?

モバイル通信は今ではかなり多くのユーザーが利用する通信方法です。
スマホなどを利用する方も増え、一般的に屋外でのインターネットユーザーは
かなり増えているようです。


またタブレットPCなどを利用するユーザーも増えていて、そんなユーザーが
利用しているのがWiMAXです。


帯域制限が無く、大容量の動画などを毎日見ていても速度が低下しないという
大きなメリットがあるモバイル通信です。


最近ではWiMAX2+のサービスも始まり、さらに高速でインターネットを楽しむことが
出来るようになっています。


そんな注目されているWiMAXですが、家電量販店で加入をするとクレジットカードが
必須となっています。


契約上のメリットも有るのでしょうが、クレジットカード以外の支払い方法が
利用できないとちょっと面倒だという方もいると思います。


そこでクレジットカード以外の方法を利用できないかチェックしてみました。
すると大手プロバイダからの加入なら口座振替で支払いをすることが出来るようです。


大手のプロバイダならほとんどのところで口座振替の利用が可能です。
そこでこの口座振替での支払い方法をさらに詳しく調べてみました。


今回は本家と言われるUQ WiMAXで口座振替をした場合のメリットやデメリットを
チェックしてみます。


申し込みには審査がある?口座振替にかかる期間は?等の問題をチェックしてみます。


■UQ WiMAXの手続き方法は?

UQ WiMAXではクレジットカード支払い以外にも口座振替でWiMAXの利用料を
支払うことができます。


今回はまず契約の時から口座振替を利用する場合をチェックしてみます。
オンラインショップからの申し込み方法は次のとおりです。

・ショップから利用したいモバイルルーターの購入をする
・そのさいにWiMAXへの申し込みができるのでオンライン上で申し込みをする
・口座振替場合本人確認書類にオンライン申し込み終了番号を書いて送付する
・加入審査、その結果のメールが届く
・口座振替申込用紙が届く
・モバイルルーターが到着すると利用可能

このような流れになります。


モバイルルーターが手元に届いた時点ではまだ口座振替の手続きが終了していません。
そこで終了するまでは請求書が届くので、それを利用して利用料の支払いをします。


通常UQ WiMAXでは利用料の支払いに請求書の利用ができませんが、この時には
請求書支払いができます。


また請求書の発行には通常手数料がかかりますが、この場合も2回までの発行には
手数料がかからなくなっています。


申し込みに必要な書類が多少多くなり、時間がかかりますがクレジットカード支払いと
ほとんど変わらない速度で利用可能になります。


振替の手続きが終了するまではコンビニや金融機関に足を運んで支払いをする
必要がありますが、それ以外にはクレジットカードと変わらずに利用可能です。


UQ WiMAXの場合は元々それ程素早い対応が出来るプロバイダではないので
口座振替で申し込みをしてもほとんど問題なく利用することができそうです。


では口座振替の場合のデメリットもチェックしてみましょう。


■UQ WiMAXで口座振替をすると損することはない?

新規申し込みの場合は審査等ほとんどクレジットカード支払いと同じ期間が
必要になるのでそれ程大きな問題はありません。


ただし口座振替の場合は手数料がかかります。
毎月200円の余計なコストがクレジットカード払いよりもかかることになります。


申し込みの時に利用する請求書の手数料は2回までは無料で利用できます。
その為に余分なコストにならずに利用できます。


口座振替の手数料は支払いのたびにかかるので、長期間利用するとかなり大きな
コストがかかる計算になります。


また途中から口座振替にする場合も新規と同じように書類の提出をする必要があり
書類をダウンロードして発送するという手間がかかります。


クレジットカードへの支払い変更にはネット上で簡単にできるのですが口座振替に
変更するためにはかなり面倒な手続きが必要です。


とはいえUQ WiMAXの場合はあまりクレジットカード支払いと変わらずにサービスの
利用ができるので、手数料以外には大きなデメリットがありません。


ただし口座引落先の確認に注意が必要になります。
口座振替の場合は債権譲渡をする為に請求元が東京電力株式会社になります。


公共料金の支払いと同じ口座を利用している場合は請求先が同じ場合ができます。
このことは公式サイトでも確認ができるので口座振替をするつもりの方はきちんと
チェックをしておきましょう。


現在でもWiMAXサービスを行っているUQ WiMAXは口座振替でも使いやすい
プロバイダと実感しました。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top