ホーム » wimaxの支払い方法 » ワイマックス(WIMAX)で口座振替可能なプロバイダは?

ワイマックス(WIMAX)で口座振替可能なプロバイダは?

■WiMAXの支払いにはクレジットカード以外が使える?

インターネットに接続する場合は回線に接続するためのプロバイダ殿契約が必要です。
その為に回線利用料の他にプロバイダ料金を支払う必要があります。


最近ではクレジットカードがかなり普及しているので、公共料金やインターネット料金を
クレジットカードで支払う人が増えています。


またプロバイダでもクレジットカードでの支払いを推奨する所が増えています。
手軽に認証ができて支払いも簡単になるので、利用している方も多くいます。


このネット料金の支払、WiMAXの場合もクレジットカードが必須なのでしょうか?
モバイル通信のWiMAXは多くのプロバイダからサービスが提供されている
モバイル通信の一つです。


固定回線の場合回線料金とプロバイダ料金が別に支払われますが、WiMAXは
回線利用料とプロバイダ料金が一緒になっています。


その為にプロバイダによって支払い方法が決定し、回線利用料も一緒にプロバイダに
支払いをする形がほとんどです。


このWiMAXを契約する時にクレジットカード以外の方法、口座振替可能なプロバイダは
無いのでしょうか?


クレジットカードが作れない方や口座振替で支払いをしたい方がWiMAXを利用する場合
どのような契約になるのでしょうか?


口座振替が出来るプロバイダをチェックしてみたいと思います。


■口座振替が出来るプロバイダは有る?

モバイル通信のWiMAXは今ではかなり豊富なプロバイダからサービスの提供が
行われるようになっています。


当然大手プロバイダからはサービスが提供されています。
その大手プロバイダで口座振替が出来るところを探してみました。


口座振替に対応しているのは次のプロバイダです。
・ UQコミュニケーションズ
・ @nifty
・ so-net
・ BIGLOBE
・ GMOとくとくBB
・ Broad WiMAX

WiMAXを提供しているプロバイダではこれらが口座振替を行っています。


当然クレジットカードでの支払いも可能です。
またGMOとくとくBBだけは請求書発行による支払いと電子マネーでの
支払いも可能になっています。


WiMAXの本家と言われているUQコミュニケーションズではさすがに色々な
支払い方法を利用できるようになっています。


口座振替を利用しても手数料がかからず、明細の発行をしなければ無料で
口座振替が利用できます。


他のプロバイダはGMOとくとくBB以外のところでは明細発行の有無にかかわらず
口座振替の場合には手数料が必要です。


手数料自体は数百円単位のコストですが、それが毎月かかると利用年数によっては
かなりのコストになってしまいます。


クレジットカード支払いの場合は手数料がかからないのでコストを考えるなら
口座振替での支払いは多少不利になるというイメージです。


ただしWiMAXの場合はまだこれだけ大手のプロバイダが口座振替を行っています。
クレジットカードが無い方でも安心して利用することができそうです。


■WiMAXサービスの注意点

支払い方法では色々な支払いを選んで利用できますが、最近WiMAX2+のサービスが
提供されるようになっています。


当然多くのプロバイダでもWiMAX2+サービスが始まり、中には完全移行している
プロバイダもあります。


その為に現在ではWiMAXへの加入を新たに行わず、すべてWiMAX2+のみ新規加入を
受け付けているというプロバイダもできています。


口座振替可能なプロバイダの中では@nifty、BIGLOBE、so-netでは新規受付が
WiMAX2+担っています。


ただし@niftyの場合WiMAXシングルプランとして電話での受付を行っています。
サービス内容は変わりませんが、インターネットからの申し込みができないので
新規申し込みは電話でサポートダイヤルに連絡する必要があります。


また今までWiMAXを利用してきたユーザーに対するサポートは続いています。
ポイントサービスなどは継続されていますので既存のユーザーは安心できます。


ただしWiMAXに新しく加入したい場合、口座振替を行っているプロバイダが
かなり少なくなってしまいます。


新規で申し込みをする場合は口座振替をしたいならWiMAX2+への加入が必要に
なる可能性もかなり高くなっています。


キャッシュバックなどのキャンペーン特典の利用がいらない場合は本家の
UQ WiMAXが利用できるのでこちらからの加入がお勧めです。


現状ではサービスがWiMAX2+に移行し始めているので、今後WiMAXを
口座振替で利用したい場合はちょっと選択肢が少なくなりそうです。


ただしWiMAX2+への新規申し込みなら上記のプロバイダなら口座振替に対応して
加入から選ぶことが出来るようになっています。


今後のサービス提供状況にもよりますが、新規で契約するならWiMAX2+を視野に
入れることを検討したほうが良さそうです。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top