ホーム » wimaxの支払い方法 » ワイマックス(WIMAX)はクレジットカード以外の支払い方法ができる?

ワイマックス(WIMAX)はクレジットカード以外の支払い方法ができる?

■人気のモバイル通信の支払い方法は?

屋外でのインターネット接続が色々と出来るようになり、場所を選ばずに
どこでもネットを楽しむ人が増えています。


実際にスマホやタブレットPCなら持ち運びも便利で好きなところでどこでも
インターネットが出来るようになります。


そんな人達にとても人気があるのがWiMAXです。
Wi-Fiを利用した通信回線は屋外でも電波の届くエリアならどこでもネット接続が
可能になります。


エリアも全国的に広がって、すでに人口カバー率は94%越えるほどになっています。
そんなWiMAXですが、利用料金の支払はクレジットカードが必要です。


多くの家電量販店でも加入できるようになっていますが、こちらでは契約の時に
支払い方法にクレジットカードしか選べなくなっています。


確かに支払い認証を素早くするためにはクレジットカードがとても便利です。
でもクレジットカードを作っていない人などはWiMAXの利用をすることが
できないのでしょうか?


そこでWiMAXでクレジットカード以外の支払い方法ができないかを
チェックしてみました。


家電量販店を始め、今ではWiMAXは色々なところから契約ができるように
MVNOの展開がかなり進んでいます。


プロバイダ契約などをチェックしてWiMAXの支払いをクレジットカード以外で
出来るところを探してみます。


■クレジットカード以外の支払い方法が出来る所は?

WiMAXの加入を多く展開している家電量販店ですが、こちらの場合はほとんどのところで
クレジットカードが必須となっています。


一時期には他の支払い方法を選べたところもあったのですが、今ではほぼすべての
家電量販店でクレジットカード以外の支払い方法が選べません。


そこでプロバイダに直接申し込みをする方法をチェックします。
WiMAXはMVNOを採用しているので色々なプロバイダからサービスの提供が
行われています。


その中にはクレジットカード以外の支払い方法を選択できる所は有るはずです。
そこで詳しくチェックしてみると、以下のプロバイダでは口座振替が利用できました。


・ UQ WiMAX
・ BIGLOBE
・ @nifty
・ so-net
・ GMOとくとくBB
・ Broad WiMAX

これらのプロバイダでは支払い方法にクレジットカード以外の方法を選ぶことが
出来るようになっています。


ほとんどは口座振替ですが、GMOとくとくBBだけは請求書の発行や
BBウォレットというネットキャッシュを利用して支払うことも可能です。


一応数はかなり少なくなりますが、大手のプロバイダではクレジットカード以外の
支払い方法も選択することが出来るようになっています。


ただしこれらのプロバイダでもクレジットカードを利用できる場合はそちらを
勧めることが多くなっています。


クレジットカードを利用したほうが支払いに関する手続きが簡単で、しかも
クレジットカードのポイントなど他のメリットも高くなります。


何より契約が早くできるのですぐに利用できるようになるメリットが高いです。
口座支払の場合は注意するべきことが多くなってしまうんです。


次に口座支払いのデメリットもチェックしてみました。


■口座支払いにした場合の注意点とは?

プロバイダからの申し込みの場合はWiMAXの回線料金の支払が
クレジットカード以外の方法を選ぶことが出来るのがわかりました。


多くのところで口座振替ができますが、この口座振替を利用した場合の
注意点は有るのでしょうか。


まず契約の時に口座振替の手続きが終わるまで端末の利用ができないことです。
基本的にはプロバイダからモバイルルーターが発送されてきてWiMAXが
利用可能になります。


このルーターの発送は契約が終了してからの発送になります。
その為に口座振替の手続きが終了するまで発送できない場合があります。


その場合はすぐに利用できるWiMAXのメリットがひとつなくなってしまいます。
長い場合1ヶ月程度確認にかかるので、それまでルーターの発想がされません。


プロバイダによってはクレジットカード支払いと同じ扱いをしてくれるので
すぐにルーターの発送がされますが、それが出来るのはBroad WiMAXと
GMOとくとくBBのみです。


さらに口座振替の場合クレジットカードと違い手数料が別途必要というプロバイダが
多くあります。


毎月数百円ですが余分にコストがかかるので長期間利用する場合はかなり大きな
コストがかかってしまいます。


それに最近では大手プロバイダはWiMAX2+のサービスに完全移行している所が増えて
今ではWiMAXを新しく募集していない所があります。


確かに2020年位にはWiMAXサービスの終了という話もあるので、これから新しく
WiMAXに加入する場合はかなり厳しい状況になります。


クレジットカード以外の支払い方法を選ぶ場合はこれらの注意点にもしっかりと
気をつけるようにしましょう。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top