ホーム » wimaxの支払い方法 » WiMAXの審査が通らない事はある?

WiMAXの審査が通らない事はある?

■WiMAXの審査ってどんなもの?

モバイル通信の一つWiMAXは多くの方が注目している通信回線の一つです。
帯域制限がないことやプロバイダによっては2段階定額などが利用できるので
利用者にとってかなり魅力的な回線となっています。


帯域制限がないことではヘビーユーザーがパケット利用を気にせずに使うことが
出来るようになっています。


さらにUQ WiMAXなどのプロバイダでは2段階定額プランが利用できます。
通信を使わない時にはかなりの低価格で、使った場合でも上限金額があるので
安心して利用することができます。


今では回線を提供しているUQコミュニケーションズのプロバイダ、UQ WiMAX以外にも
多くのプロバイダからサービスの提供が行われています。


色々なプロバイダを選んで利用できますが、ほとんどのプロバイダで使用できるのかを
審査することになります。


多くのプロバイダでは利用料の支払いにクレジットカードを指定しています。
そのためにクレジットカードを持っていないと契約できない、というプロバイダもあり
契約する時には注意が必要になります。


クレジットカードを作るときにも審査がありますが、WiMAXの場合にも同じような
審査をされるのでしょうか?


また審査が通らない状況とはどんな場合なのでしょうか?
これらのWiMAXの審査の事をちょっと調べてみました。


■WiMAX契約で行われる審査とは?

クレジットカードの審査ではその人の信用情報などをチェックして継続的な支払いが
出来る能力があるかを調べます。


過去に滞納や未納がある場合は審査に通らないということもあります。
では同じような審査がWiMAXの場合でも行われるのでしょうか。


審査自体はプロバイダによっても変わりますが、基本的にはクレジットカードが
利用できる状況にあるか、というチェックになります。


クレジットカードの場合上限金額に達してしまうとそれ以上の支払いができません。
その状況になっていないかのチェックがされます。


また毎月の支払が滞り無く行われているかの審査なので基本的にはそれ程厳しい
審査が行われていないと言われています。


その為にクレジットカードをすでに持っている人はWiMAXの審査には通りやすい
といわれています。


クレジットカード以外の支払い方法では口座振替が利用されます。
これも口座の支払状況をチェックされますので、それ以前に支払いが滞っているなど
トラブルあると通らない可能性もあります。


クレジットカードが利用できない状況なら当然WiMAXの審査も通りませんが
現状で金融ブラックの方でも口座振替で審査が通るという状況はあります。


クレジットカードが新しく作れない状況でも、銀行口座があってそこからの
支払いがきちんとしている場合はWiMAXの審査に合格できます。


ただし口座振替の場合は審査に時間がかかり、実際に利用する事ができるまで
1ヶ月以上掛かる可能性もあります。


またプロバイダによっては信用情報をチェックすることもあります。
携帯電話やスマホを購入する時に本体一括払いではなく電話料金と一緒に
支払いをする方も多いと思います。


この場合に電話料金を滞納すると、分割購入の本体料金の支払も滞納したことになり
信用情報にチェックが付いてしまいます。


これのためにWiMAXの審査が通らないという状況もあるので、料金支払いには
十分に注意をしましょう。


■クレジットカード以外の支払い方法が利用できる?

WiMAXは審査自体はそれ程厳しいことはなく、特にクレジットカードを持っている場合
それが利用できる状況ならほとんどは大丈夫です。


ただし、クレジットカードが利用できない状況だったり金融ブラックだったりした場合は
通らない可能性のほうが高くなります。


その場合はクレジットカード以外の支払い方法が利用できるプロバイダを選ぶことが
必要になります。


上記のようにクレジットカード以外の支払い方法として利用できるのは口座振替です。
銀行口座からの自動引落で支払いをする方法で、こちらは利用できるプロバイダが
限られています。


現状で口座振替が利用できる所はUQコミュニケーションズ、@nifty、GMO
BIGLOBE、So-netです。


しかし@niftyとBIGLOBE、So-netはすでに新規でWiMAXの加入募集を
行っていません。


WiMAX2+への完全移行に向けて新規募集を行っていないので選べる所はかなり
少なくなってしまいます。


また口座振替の場合は最短でも利用開始まで2週間程度の時間がかかります。
すぐに利用したいという方にはあまりオススメできる方法ではありません。


また当然ですが口座振替の場合でも審査が必要になります。
こちらも口座からの引き落とし支払いが滞っていないかをチェックされますので
過去に滞納などがある場合はやはり通らない可能性もあります。


現状ではクレジットカード以外の支払い方法はWiMAXではかなり厳しい状況です。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top