ホーム » wimaxの支払い方法 » 郵便振替でWiMAXの支払いはできる?

郵便振替でWiMAXの支払いはできる?

■WiMAXはどんな支払い方法ができる?

モバイル通信の中でもとても注目されているのがWiMAXです。
最近では固定回線を利用しないユーザーが増えている中でかなり人気の回線です。


スマホや携帯電話で屋外でもインターネットを利用できる環境はかなり整いました。
その為に自宅以外でインターネットをする方も多くなり、それが一般にも大きく
普及しています。


その為に家庭でもモバイル通信を利用している方がいるほど広く普及している
通信回線となっています。


そんなモバイル通信の中でもWiMAXは帯域制限がなく、どれだけ利用しても
速度規制がかけられないというメリットがあります。


人気のあるモバイル通信のために多くのプロバイダからサービスの提供がされています。
でもほとんどのプロバイダでは支払い方法にクレジットカードを利用します。


支払い方法の確定が早く済むので基本的には多くの通信コストの支払いでは
クレジットカードが利用されています。


ではWiMAXでも支払いにはクレジットカード歯科利用できないのでしょうか?
請求書による支払いや口座振込み、郵便振替等が利用する事が出来るのでしょうか。


支払い方法自体はサービスを提供しているプロバイダによって異なります。
そこでWiMAXのサービスを提供しているプロバイダで、どの支払い方法が
利用できるのかをチェックしてみました。


クレジットカード以外の支払い方法が利用できるプロバイダとその方法を
チェックしてみます。


■クレジットカード以外の支払い方法が利用できるプロバイダは?

WiMAXではキャンペーンの一つにモバイルルーターの割引を行っています。
通信に利用する持ち運びができるルーターをかなりの低価格で購入できるという
特典を利用することができます。


この発送が月額利用料の確定後に行われるために、素早く支払いの確定ができる
クレジットカードが推奨されます。


カード番号の登録で毎月の支払がすぐに確定できるので早いところだと申し込みの
当日にルーター発送が出来ます。


一方口座振替の場合、支払いの確定が2週間以上かかることがあります。
その為にWiMAXプロバイダではあまり利用されることがありません。


現在でも口座振替、郵便振替が利用できるプロバイダは
・ UQ WiMAX
・ BIGLOBE
・ @nifty
・ Broad WiMAX
これらのプロバイダから口座振替が利用できます。


プロバイダによっては口座振替の場合手数料が掛かる可能性もあります。
また郵便局からの口座振替に対応しているか、ということもプロバイダによって
対応が違う可能性があります。


支払い方法やその申し込み方法は直接プロバイダに確認を取るようにしましょう。
また郵便局の民営化に伴って郵便で相手口座に振込をする普通振替の取り扱いが
終了しています。


現在では全て電子振替でゆうちょ銀行口座から相手口座に振込をするサービスに
統一されています。


その為に郵便局の普通振替を利用してWiMAX料金を支払うことは出来ません。
利用料の支払いはクレジットカード、口座振替が利用出来るだけです。


■口座振替を利用する場合の注意点とは?

クレジットカード以外の月額利用料支払い方法として口座振替と一部では
請求書による支払いが可能になっています。


クレジットカード以外の支払い方法を利用する場合にはやはり支払い方法の確定までに
かなりの時間がかかることが多くなっています。


上記のようにキャンペーンなどでモバイルルーターを安く購入できるのもWiMAXの
プロバイダで利用できる特典の魅力ですが、これが支払い方法の確定後に配送されるので
場合によっては利用できるのがかなり遅くなります。


またプロバイダによっては1ヶ月以上支払い方法の確定に時間がかかってしまうと
申し込み自体をいとどキャンセルするという処置を取る場合もあります。


特に口座振替は必要書類も多く、手違いがあるとかなり大きな時間のロスになります。
書類の確認などはしっかりと行うようにしましょう。


それと口座振替や請求書による支払い方法の場合、クレジットカードとは違って
手数料がかかるというプロバイダもあります。


月額利用料の他にもコストが掛かってしまう可能性があるので、プロバイダの対応は
きちんと調べてから利用するようにしましょう。


それと今はWiMAXの完全上位互換回線のWiMAX2+がサービス開始されています。
プロバイダでもすでにWiMAXサービスからWiMAX2+のサービスに移行している所が
多くなっています。


その為に新規でWiMAX加入者を募集していないプロバイダもあります。
WiMAX2+は当然サービスも違いますが月額利用料なども大きく変わります。


申し込みをする時にはこれらのことにも十分に注意をしてプロバイダを選ぶように
しましょう。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top