ホーム » wimaxの支払い方法 » クレジットカードなし!口座振替可能なWIMAX2・審査内容は?

クレジットカードなし!口座振替可能なWIMAX2・審査内容は?

UQ WiMAX2は口座振替ができる?


■クレジットカードなしでもモバイル通信はできる?

インターネット回線は今ではかなり多くの方が利用しています。
携帯電話などを含めると殆どの家庭に1回線以上あると言われています。


当然屋外でもインターネット接続が出来るモバイル通信はとても注目されています。
スマホなどで利用している方もかなり多いのではないでしょうか?


また最近ではタブレットPCを屋外で利用しているユーザーも増えています。
そんな方たちに注目されているのがWiMAX2+です。


Wi-Fiを利用して屋外でも高速通信が出来るモバイル通信の一つで、現在かなりのエリアで
利用できるWiMAXと高速通信可能なWiMAX2+の両方の回線が利用できます。


さらにMVNOとして多くのプロバイダでもサービス提供がされています。
この注目の回線、実際に利用したいという方も多くいるようです。


そこでWiMAX2+に加入する際にクレジットカード以外の支払い方法が出来るのかを
調べてみました。


ネットショップでも便利に利用できるクレジットカードですがこれがない場合でも
ネット回線の契約はできるのでしょうか?


まずは本家と言われるUQ WiMAX2+の支払い方法をチェックしてみます。
口座振替等が利用できるのか、その手順などをチェックしました。


■UQ WiMAXの申込状況とは?

WiMAX回線の提供をしているUQコミュニケーションズが行っているプロバイダが
UQ WiMAXです。


こちらでも当然WiMAX2+のサービス提供は行われています。
ほとんどすべてのWiMAXサービスが利用できるので、支払い方法も色々と選んで利用が
出来るようになっています。


クレジットカードと口座振替での支払いが可能です。
申し込みの時点でどちらの方法かを選ぶことになります。
また法人の場合のみ銀行振り込みでの支払いが可能となっています。


個人の契約ではクレジットカードか口座振替での支払いのみとなります。
口座振替で申し込みをするとUQコミュニケーションズから口座振替依頼書が届きます。


それと本人確認書類を一緒にしてUQコミュニケーションズに返送することで契約が
可能になります。


ただし契約には審査が必要で、過去に電話料金の支払いを忘れている、未払料金がある
などの状況では審査に合格をしません。


クレジットカードを作れない状態、ブラックな状態でも未納料金などがない場合は審査に
合格することは出来ます。


審査や必要書類の確認、手続きなどに1ヶ月位はかかります。
口座振替ができるようになるまでは請求書による支払いで利用することができます。


■どれ位でWiMAX2+が使えるようになる?

申し込み自体はネット上からすることが出来ます。
公式サイトのオンラインショップで端末購入と同時に申し込みをすれば端末料金が
800円で購入できるキャンペーンも展開されています。


当然クレジットカードと口座振替でキャンペーン内容に違いはなく、どちらでも
同じキャンペーンの利用が可能です。


申し込みから1週間程度で端末が配送されますが、それとは別に上記の書類が郵送され
その提出に不備があるとさらに契約完了までは時間がかかります。


その間の料金支払いは請求書での支払いになります。
コンビニや銀行で支払いをする為に毎月の手間がかかりますので注意しましょう。


口座振替に対応している銀行は都市銀行とゆうちょ銀行、それに地方銀行の一部です。
それに信用金庫も一部を除いて利用することができます。


クレジットカードの審査とは違い本人確認や所属確認で電話がかかるなどのことは
ありませんが、信用情報で未払いや滞納がある場合は審査が厳しくなる可能性が
高くなってしまいます。


請求書の発行には月額100円の手数料がかかりますが、利用しない場合は手数料もなく
支払いが健全なら無職の方でも利用できるのが口座振替です。


UQ WiMAX2+ならクレジットカードがなくても利用することができます。


WiMAX2+の口座振替はBIGLOBEでできる?


■WiMAX2+の支払い方法にはどんな方法がある?

屋外でもインターネット接続が出来るモバイル通信は今ではかなり注目の回線です。
タブレットPCやノートPCを利用して屋外で手軽にネットが楽しめる為にすでに
かなりのユーザーが愛用している回線となっています。


中でも帯域制限がなく、どれだけ利用しても速度規制がかからないWiMAXは
ヘビーユーザーが注目していた人気回線です。


こちらのモバイル通信、支払い方法がクレジットカードのみというプロバイダが
多いことでも有名です。


支払い方法の確定が速いクレジットカードはネット関係では使いやすいのはわかりますが
現在クレジットカードを作ることが出来ない場合は加入できるのでしょうか?


転職までの期間、無職でもインターネットを利用したい、という場合新しくカードを
作れない状況などもあるかと思います。
そんな時でもWiMAXに加入することが出来るのでしょうか?


そこで大手プロバイダのBIGLOBEで利用できる支払い方法をチェックしてみました。
現在募集しているのはWiMAXの上位回線、WiMAX2+という回線です。


こちらの回線で利用できる支払い方法を調べてみました。


■BIGLOBEの支払い方法は?

BIGLOBEでWiMAX2+を契約した場合に選択できる支払い方法はクレジットカードと
口座振替です。


銀行口座にはゆうちょ銀行の口座を指定することも出来ます。
契約までの流れは簡単に説明すると郵送される支払い方法登録申込書への記入が必要です。


その書類を返送して内容を確認できたら支払い方法が確定されます。
その後モバイルルーターが配送されてWiMAX2+の利用が可能になります。


書類の確認作業が7日から10日程度、そこからモバイルルーターが配送されるまでは
2日から10日間程度です。


書類の郵送される時間もありますので、実際に申し込みをしてからWiMAX2+の利用が
できるようになるまで2週間程度の時間がかかります。


この間、当然モバイルルーターが発送されませんので利用することができません。
すぐに利用したい場合はクレジットカードを選択するほうがおすすめです。


利用できるキャンペーン等の違いはないので、どちらの支払い方法でもオトクな特典は
利用することができます。


■口座振替はだれでも利用することができる?

クレジットカードと同じように口座振替で支払いをする場合にも審査があります。
ただしクレジットカードの審査とは違い、無職の方でも支払いが滞りなくできると
判断されれば問題なく口座振替で利用することができます。


またクレジットカードを作ることが出来ないブラックの状態でも口座振替で
支払いが可能と判断されれば利用可能です。


ただし今までに通信料金や電話料金の滞納や未払いがある場合、審査が難しくなる
ということは多くあります。


特に未払い料金がある場合は申し込みすら出来ない事が多いです。
その場合はすぐに未払い料金の精算をしましょう。


クレジットカード申し込みのような在籍確認や本人確認の電話がかかることは
ほとんどありません。
書類に不備がなければスムーズに契約をすることが出来ます。


BIGLOBEではWiMAX2+の新規加入者に対してモバイルルーター0円購入と
タブレットPCのプレゼントキャンペーンを展開しています。


当然口座振替でもこれらのキャンペーンの利用は可能です。
口座振替の場合は毎月の手数料が200円かかりますので、少しでもお得になる
キャンペーンの利用をしっかりとするようにしましょう。


口座振替が出来るWiMAX2+のプロバイダでSo-netはお得?


■So-netでWiMAX2+を利用するためには?

WiMAXはモバイル通信の中では帯域制限がない通信回線として注目されていた
回線です。


通常はモバイル通信は一定以上のパケット通信を短期間に利用することで他のユーザーが
回線を利用しづらくなるので速度規制がかけられます。


これを帯域制限と言いますが、WiMAX回線にはこの帯域制限がありませんでした。
その為にヘビーユーザーからとても注目されていました。


最近このWiMAXの完全上位互換回線のWiMAX2+がサービスの開始をしました。
こちらもとても注目されているモバイル通信となっています。


ただしプロバイダによっては加入するためにはクレジットカードでの支払いが
必ず必要という所も多くあります。


現在与信ブラック状態でクレジットカードが作れない、支払いに利用できないという
状況の場合はWiMAX2+の回線自体が利用できないということなのでしょうか?


クレジットカード以外の支払い方法が利用できるのかを大手プロバイダで調べてみました。
WiMAXから参入しているSo-netの支払い方法をチェックしてみます。


■口座振替を利用する場合の注意点とは?

現在すでにSo-netでもWiMAX2+の加入申し込みは開始されています。
支払い方法にはクレジットカードと口座振替が利用できますが、WEB上からの
申込の場合はクレジットカードの受付のみになります。


口座振替を利用して支払いをしたい場合、サポートダイヤルからの申し込みが必要です。
口座振替を利用する場合は注意しましょう。


電話からの申し込みをすると口座振替に必要な書類が郵送されてきます。
それに記入をして本人確認書類と一緒に返送して月額利用料の支払い方法の確定をします。


郵送の時間や口座確認等の書類確認作業を合わせると全部で2週間程度の時間が必要です。
また書類確認の際に、今まで電話料金などの支払いに滞納や未払いがないかの
チェックも同時にされます。


この時に未払いなどがある場合は口座振替が出来ない可能性もあります。
その場合は未払い分を生産し、改めて申し込みをする必要があります。


クレジットカードの審査のように在籍確認などはありませんが、状況によっては
本人確認の電話が来る可能性はあります。


クレジットカードが作れない、無職などの状況でも口座振替に問題がないと
判断されれば契約自体は可能になります。


それと口座振替を利用する場合、手数料がかかります。
明細が必要なら月額300円、不要な場合は200円のコストがかかります。


■いつから使えるようになる?

WiMAX2+は専用のモバイルルーターを利用してネット接続をする回線です。
So-netの場合、自分で用意した端末を利用して回線接続が出来ないので
入会と同時にルーターを購入し、それが届くまではネット接続が出来ません。


ルーター自体はキャンペーンを利用して本体価格0円で購入できます。
クレードルセットで購入できるキャンペーン展開があるのでそれを利用すると
お得に購入することが出来ます。


口座振替でもキャンペーン特典は変わりなく利用できますが、このルーターの
発送は支払い方法が確定してからになります。


つまり口座振替の場合、書類確認などが終わってからのルーター発送なので申し込みから
2週間位経ってからのルーター発送になります。


当然その間はWiMAX2+への接続はできないので実際に利用できるのは3週間から1ヶ月
経ってからとなります。


対応している銀行は都市銀行や地方銀行、ゆうちょ銀行など多くの銀行口座が
利用可能ですが、接続ができるまでの時間は口座振替の場合かなりかかります。


口座振替でWiMAX2+を利用する場合@niftyはおすすめ?


■口座振替でWiMAX2+を利用するならどこがお得?

通信費用の支払にはクレジットカードを利用する事が多くなっています。
ポイントなどの加算もあり、さらにカード番号の入力などネット上での決算には
かなり手軽に利用できるので今では多くの支払いで利用できます。


中でも通販で取り扱われることが多いモバイル通信の料金支払いにはクレジットカードが
とても便利に利用できます。


ヘビーユーザーが多く利用することで注目されているWiMAXでも申し込みの時に
クレジットカードが必須というプロバイダも多くあります。


では現在債務整理中などでクレジットカードが利用できない状況の場合は加入することが
出来るのでしょうか?


クレジットカードが手元にあっても、それを支払いに利用できない場合は他の方法を
支払いに選ぶ必要があります。
それが出来るプロバイダは、どんな支払い方法の利用が可能なのでしょうか。


今回は大手プロバイダで様々なキャンペーン展開もしている@niftyの場合を
調べてみました。


■@niftyで申し込みをする場合は?

すでに他の通信回線を利用していて@niftyのIDを持っている方はかなり簡単に
口座振替でWiMAX2+の申し込みができるようになります。


対応も素早く、オンライン上で口座振替の申し込みができるのでクレジットカードと
ほとんど同じ対応で契約することが出来ます。


まだ@niftyのIDを持っていない、WiMAX2+購入と同時に@niftyに加入する場合
契約完了するまでかなりの時間がかかる可能性があります。


口座振替の手続をオンラインですることも出来ますが金融機関によってはオンラインでの
対応をしていない場合もあります。


ゆうちょ銀行などは書面での手続きが必要なために書類の配送と記入した情報の確認で
かなりの時間が必要になります。


またクレジットカードと違って口座振替の場合、毎月手数料が200円かかります。
小さなコストですが、毎月加算されることに注意しましょう。


口座振替の申込自体は大きな審査はなく、今までに電話料金などの未払いや滞納が
無いのかをチェックされます。
未払いがある場合はそれを生産するまで申し込みができません。


電話による在籍確認などはないので無職の方でも口座振替西しょうがないなら申し込みは
出来るようになっています。


■モバイルルーターが届くまでの時間は?

WiMAX2+は専用のモバイルルーターを利用してネット接続するモバイル通信です。
契約の時に自分のルーターを利用することができるプロバイダはほとんど無く
入会の時にモバイルルーターも購入することになります。


@niftyでも購入が必要ですが、キャンペーン展開をしていて新規加入者に対して
ルーター本体とクレードルセットを1円で購入できる特典が利用可能です。


当然クレジットカードでも口座振替でも利用できるキャンペーンですが、ルーターの
配送時期に注意する必要があります。


@niftyの場合、支払い方法の確定をしてからルーターの発送をします。
クレジットカードやすでにIDを持っている場合は申し込みの直後に支払い方法が
確定できるので、最短4日後にはルーターが到着します。


口座振替をオンラインで出来るユーザーの場合もクレジットカードと同様の扱いが
出来るので4日後にはルーターが届きますが、書面での口座振替をする場合には
確認に時間がかかるので場合によっては2週間程度の時間が必要です。


支払い方法が確定してからの発送なので2週間後に発送、到着まではさらに数日の
時間が必要になります。


口座振替での申し込みには時間がかかることを覚えておきましょう。


Broad WiMAX2+で口座振替は可能?


■業界最安値級のWiMAXプロバイダの支払い方法は?

モバイル通信のWiMAXは帯域制限のない通信回線としてとても人気がありました。
ヘビーユーザーが利用していても速度規制をかけられることなく、いつでも快適に
ネット接続が出来る通信回線として注目されています。


最近では完全互換上位回線のWiMAX2+がサービス開始されてこちらも注目されています。
以前と同じように多くのプロバイダがサービスの提供を始めています。


中でも業界最安値クラスの月額利用料で契約が出来るBroad WiMAX2+はとても注目を
されているプロバイダです。


このBroad WiMAX2+の特徴には支払い方法に口座振替が利用できるという物があります。
通常のプロバイダでは支払い方法にはクレジットカードを推奨していて、その他には
支払い方法が選べないというところも多くあります。


でもBroad WiMAX2+ではクレジットカードと口座振替の2つの支払い方法から選んで
利用することができます。


しかもクレジットカードと対応が殆ど変わらないというメリットもあります。
実際にBroad WiMAX2+で口座振替を選んで契約した場合を調べてみました。


■口座振替で申し込みをした場合

Broad WiMAX2+ではインターネットからの申し込みと電話を利用した申し込みが
利用できます。


口座振込みを利用したい場合は電話での申し込みが必要です。
クレジットカードの場合はどちらからも申し込みができますが、WEB上からは
クレジットカードの申し込みのみを受け付けています。


クレジットカードの支払をする場合でも申し込みの後、電話での契約確認があります。
口座振替の場合は電話での申し込みなのでこれ以外の確認はありません。


また支払い方法の確定をする前にモバイルルーターが配送されるというメリットがあり
すぐにWiMAX2+の利用ができるのも大きな魅力です。


ただし口座振替の場合は初期費用や事務手数料などを契約の後、コンビニなどで
支払いをする必要があります。


支払い方法の確定と同時に口座からの引き落としがされるわけではなく、事前に
契約の後払いという形で支払いが必要になります。


また口座振替の場合は手数料が200円かかります。
毎月の月額利用量に200円プラスされますので、明細を見る時には注意が必要です。


■Broad WiMAX2+の特徴とは?

口座振替でWiMAX2+が利用できるのが大きな特徴ですが、こちらの支払い方法を
選択してもすぐにモバイルルーターの配送をしてもらえるのも大きな魅力です。


他にも口座振替を利用して支払いができるプロバイダはありますが、そちらでは
支払い方法が確定してからのルーター配送となります。


その為に口座振替では確定に時間がかかり、それまでWiMAX2+の利用が出来ませんが
Broad WiMAX2+ならすぐに利用できるメリットが有ります。


口座振替が確定するまでは請求書での支払いなので手間がかかりますが、キャンペーンの
利用などはクレジットカードと同様に出来ます。


その為にモバイルルーター0円購入等の特典が利用できるのでお得にWiMAX2+を
始めることが出来ます。


利用できる銀行口座も多く都市銀行やゆうちょ銀行、地方銀行の口座でも問題なく
利用することができます。


無職の方や金融ブラックの方でも支払い自体に問題が泣けれれば口座振替は出来ますが
通信料金に未払いや滞納がある場合、契約できない可能性が高いです。


審査でこれらがわかった場合はすぐに未払いの清算をして新たに申し込みをしましょう。


WiMAX2+の口座振替支払いはGMOとくとくBBでも出来る?


■WiMAX利用料の支払い方法はどんなのがある?

屋外での高速通信が出来るモバイル回線の中でも、とても注目されているのが
WiMAXという通信回線です。


広いエリアで高速通信が可能で、しかも大きな都市では地下街や地下鉄駅のホームでも
回線接続ができるためにどこでも使いやすいと注目されています。


回線提供元のUQコミュニケーションズ以外にもMVNOとして多くのプロバイダから
サービスの提供も行われています。


でも多くのWiMAX提供プロバイダではクレジットカード支払いのみでの契約と
なっているようです。


もともと回線工事の必要ないWiMAXの場合、すぐに契約して利用できることが
大きなメリットになります。


その為に支払手続きが簡単なクレジットカードを月額利用料の支払いにすることで
素早く支払い方法の確定をすることが出来ます。


契約初月の利用料無料などのキャンペーンもあるために当然直ぐに利用が可能になる
クレジットカード支払いのみというプロバイダも多くなります。


でも他の支払い方法が利用できるプロバイダはないのでしょうか?
クレジットカードを作ることが出来ない、または支払いに利用したくないという方でも
利用できる方法はないのでしょうか。


そこで口座振替が利用できるプロバイダの申し込み方法等をチェックしてみました。
今回はGMOとくとくBBで行っている支払い方法をチェックしてみます。


■GMOとくとくBBで利用できる支払い方法は?

現在は新規募集を行っていませんがWiMAXの時にはクレジットカードの他にも
口座振替が利用できました。


他のプロバイダでは支払い方法の確定が終わってからモバイルルーターの発送なので
口座振替の場合、利用できるまで2週間以上かかることがありました。


でもGMOとくとくBBの場合、口座振替の申込書が届いた時点でルーターの発送が
出来たのでクレジットカードよりも数日遅いだけで利用することができるという
メリットが有りました。


キャンペーンも同じように利用できてとても便利だったのですが、WiMAX2+のサービスに
移行してからは口座振替での申込受付をしていません。


現在はクレジットカードのみの支払い方法となっています。
新規加入者の申込受付ではクレジットカード支払いのみ利用できるように変わりました。


申し込みの時にはクレジットカードを用意するようにしましょう。


■GMOとくとくBBのキャンペーン内容は?

現在提供されているWiMAX2+のサービスではクレジットカードでの支払いのみ可能です。
当然クレジットカード番号の記入で終わるので審査はほとんど無い状態です。


本人確認などもカード番号の提示で済むので必要書類などもなく、当然電話での
在籍確認などもありません。


現在利用できるクレジットカードが有れば金融ブラックの方も無職の方でも申し込みは
出来るようになっています。


現在GMOとくとくBBが行っているキャンペーンは月額利用料の割引と端末本体の
0円購入ができることです。


ポイント還元での月額利用料割引も合わせるとかなりお得に利用できるようになる
キャンペーン展開ですが、キャッシュバック金額にはauユーザーのみのサービスも
含まれています。


またGMOが行っていない、キャリアやauで行っているキャンペーンの金額も
合わせた金額が表示されています。


キャンペーン内容はよくチェックしておきましょう。


ヤマダ電機でWiMAX2+に申し込んだら口座振替が利用できる?


■家電量販店での通信費用の支払い方法とは?

WiMAXはMVNOとして多くのプロバイダがサービスの提供をしています。
大手プロバイダはもちろん、通信系としてはそれ程大きくはないところでもサービスを
行っているモバイル通信です。


またプロバイダ以外でもサービス申し込みができることでも有名です。
それが家電量販店からの申し込みです。


WiMAXルーターを内蔵しているノートPCなどが販売されたこともあり家電量販店で
WiMAXの申し込みを受け付けている所も多くあります。


ではこの家電量販店からの申し込みではどんな支払い方法が利用できるのでしょうか?
元々WiMAXはクレジットカードの支払いのみというプロバイダも多くあります。


本人確認の手間をなくすため、書類のやりとりを少なくするためなど色々な理由が
あるようですが、基本的にはクレジットカード支払いが多くなっています。


このWiMAX料金の支払方法は家電量販店でもやはりクレジットカードのみでしょうか?
家電量販店の通信料金支払い方法をチェックしてみました。


■ヤマダ電機でWiMAXに加入すると?

今回は全国でチェーン展開をしているヤマダ電機の場合を調べてみます。
ヤマダ電機の場合は独自の通信回線サービスサポートのホームページなどもあります。


元々ヤマダ電機のWiMAXサービスは中継局も含めて全てUQコミュニケーションズから
レンタルをしている回線です。


大手プロバイダでは基地局などは自社のところを利用するなど回線のみをレンタルする
というところもありますが、家電量販店では施設を含めた全てをレンタルします。


そのためにプランや回線速度などはほとんどUQ WiMAXと変わりません。
なので以前はUQコミュニケーションズと同様に口座振替での利用料金支払いも
出来るようになっていました。


でも最近開始されたWiMAX2+のサービスではクレジットカード支払いのみでの
受付となっています。


ヤマダ電機でも法人申込以外、つまり個人申込での口座振替の受付をやめています。
今ではクレジットカードのみの受付になっています。


ヤマダ電機でWiMAX2+に加入する場合には利用できるクレジットカードの用意を
しておきましょう。


■ヤマダ電機で行っているキャンペーンとは?

現在は店舗独自に行っているキャンペーン以外では、全国展開しているキャンペーンが
ありません。


ただしYAMADA Flatツープラスに加入したユーザーはWi-Fiスポットが無料で
利用することができるYAMADA Wi-Fiプレミアムに無料で加入できます。


UQ Wi-FiとWi2エリアのWi-Fiスポットが利用できるのでルーターを忘れても
対応しているエリア内ならネット接続が可能になります。


申し込み自体はクレジットカードなので本人確認の電話などがありません。
現在金融ブラックの方も無職の方も利用できるクレジットカードが有れば問題なく
申し込みをすることが出来ます。


端末の配送も申し込みの翌日から行われるので3日後くらいには手元に届いて
WiMAX2+の利用が出来るようになります。


店舗独自に行っているキャンペーンを良く調べて利用するとオトクなる可能性もある
それが家電量販店からの申し込みです。


WiMAX2+の口座振替はヨドバシカメラで出来る?


■家電量販店でWiMAXの加入はお得?

モバイル通信は今とても注目されている通信回線の一つとなっています。
タブレットPCやノートPCが普及してきて、多くの方が屋外でもインターネットの
利用をするようになったためです。


特にタブレットPCとは相性が良く、小型のタブレットPCを持ち歩いて
ネット接続で楽しんでいるという方も多いのではないでしょうか。


そこでタブレットPCやノートPCを購入する時に同時にモバイル通信にも加入をすると
お得になるのでしょうか?


モバイル通信の一つWiMAXは以前より家電量販店でも加入がよく行われている
モバイル通信としても有名です。


そこでこのWiMAXへの加入を家電量販店で行うと、どの様なキャンペーンが利用できて
どんなメリットがあるのかを調べてみました。


大手の家電量販店ヨドバシカメラでWiMAXに加入した場合をチェックしてみます。
ただし現在ではWiMAXの完全上位互換回線のWiMAX2+のみの加入受付なので
こちらに加入した場合をチェックします。


■ヨドバシカメラで加入する菜の注意点とは?

以前は月額利用料の支払いに口座振替が利用できた所もあるようですが
WiMAX2+の支払いには口座振替が利用できません。


ヨドバシカメラのモバイル通信はワイヤレスゲートが行っていますが、こちらの場合
支払い方法がクレジットカードのみとなっています。


その為にヨドバシカメラの通信プランワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXに加入するには
利用できるクレジットカードを用意する必要があります。


現状無職で収入がない、という場合でも支払いに問題のないクレジットカードがあるなら
それを利用することで問題なく加入はできます。


WiMAX2+への加入にも審査がありますが、クレジットカードの提示をすることで
本人確認などの手続きを省略することが出来ます。


また支払い方法の確定もすぐにできるのでモバイルルーターが配送されたすぐにも
WiMAX2+が利用できるようになります。


ただし他のプロバイダではルーターが到着してから初期設定を行い、それと同時に
料金が発生するというところがあります。


ヨドバシカメラの場合は発送した日が料金発生日になるので初月の課金日数には
注意をしておきましょう。


■ヨドバシカメラのキャンペーン内容とは?

基本的には店頭で行っているキャンペーンですが、すべての店舗で統一されている
キャペーン特典は本体にWiMAXルーターが搭載されているパソコンの割引のみです。


この場合はすでに販売が終了している本体などもあり、現在行われている店舗自体が
かなり少なくなっています。


それ以外ではワイヤレスゲートが行っているサービス提供なので、契約することで
ワイヤレスゲートの利用権利も無料となることです。


全国展開しているWi-FiスポットのワイヤレスゲートもWiMAX契約と同時に利用が
出来るようになります。


WiMAXへの加入自体は簡単な審査がありますが、信用情報に電話利用金などの
滞納闇払いがあるかをチェックされるだけです。


現在未払いも滞納もない場合は金融ブラックでも無職でも利用できるクレジットカードが
あるなら問題なく加入できます。


またクレジットカードが本人確認書類を兼ねるので在籍確認の電話などもありません。
当然本人への契約確認電話などもありません。


現在では家電量販店で加入することのメリットがあまりなく、Wi-Fiスポットも近くに無い
というユーザーの場合大手プロバイダの方が口座振替などの方法も利用できるので
使いやすく加入しやすいかと思います。


口座振替でWiMAX2+の料金支払いはビックカメラで申し込める?

■ビックカメラでモバイル通信の申し込みができる?

タブレットPCやノートPCを利用して屋外でインターネットを利用しているユーザーも
最近ではかなり多くなっています。


ただしタブレットPC等を屋外で利用するためには固定回線以外の回線が必要です。
そこで注目されているのがモバイル通信です。


特にWiMAXは帯域制限のないモバイル通信としてとても人気があります。
最近では完全上位互換のWiMAX2+という回線もサービスを開始しました。


このモバイル通信のサービスをタブレットPC購入と一緒に加入ができるように
家電量販店でもサービス提供しています。


では家電量販店のモバイル通信加入にはクレジットカード以外の支払い方法は
利用する事ができるのでしょうか?


現在、無職や生活保護を受けている状態では新規でクレジットカードを
作ることはかなり難しく、そんな場合にもWiMAXの契約は出来るのでしょうか。


大手チェーン店のビックカメラでもBIC WiMAXというプロバイダサービスを
提供していました。


最近サービスの始まったWiMAX2+もサービスを提供しています。
このBIC WiMAX2+のサービスをチェックしてみました。


■BIC WiMAX2+の注意点

店頭やWEB上で加入することが出来るのですが、WEB上ではクレジットカードが
必要になります。


店頭での加入でもBIC WiMAX2+の場合ほとんどの店舗ではクレジットカードが
必要になります。


以前のBIC WiMAXに加入する時には口座振替が利用できる店舗もありましたが
今回のWiMAX2+では家電量販店で口座振替ができる所はほぼありません。


口座振替でWiMAX2+の料金支払いがしたい場合は、対応しているプロバイダからの
加入が必要になります。


ただしクレジットカードが必須のために本人確認書類などの提出が必要なく
電話での在籍確認や本人への契約確認などがありません。


WiMAX2+回線利用には一応審査がありますが、クレジットカード支払いが可能な
状態ならばほとんど問題なく審査も素早く終わります。


ただし電話料金等の滞納や未払いがある場合は加入を断られることがあります。
特に未払いがあるとほぼ加入不可になります。


その場合は未払い分を清算して改めて加入申し込みをしましょう。
それ以外の場合は殆ど審査にも時間はかかりません。


でもBIC WiMAXの料金発生は審査が終わった時点となっています。
配送までに時間がかかっても手元に届く前に料金は発生しています。


手元に届いた時にはすでに利用できるようになっていますが、初月の
利用料金の計算には注意が必要です。


■ビックカメラのキャンペーン内容とは?

現在WEBなどを通して全店で一斉に行っているキャンペーンはありません。
その為に店頭で各店舗が行っているキャンペーンの利用がメインになります。


新規でWiMAXへの契約募集をしている所はプロバイダではすでに無いので
BIC WiMAXの契約をすることができれば新しくWiMAXの契約が出来ます。


ただしWiMAX2+はWiMAXエリアの利用もできる完全互換の回線です。
料金的にも差額がほとんど無いので特殊なプランを利用したいという
ユーザー以外にはWiMAX2+のプランがお勧めです。


また現在全店で行われているキャンペーンがなく、店頭でのキャンペーンのみなので
場合によってはプロバイダのキャンペーンのほうがお得になります。


BIC WiMAX2+で行っている月額利用料の割引やauスマホの割引はどのプロバイダでも
利用することができるキャンペーンです。


オプションプランとして無料で利用できるWi-Fiスポットのプランがありますが
こちらもUQコミュニケーションズでも無料で利用することができます。


自分の行動エリアにWi2スポット等がある場合は使いやすくなりますが、それ以外の場合
プロバイダのようにキャッシュバックなどが無いために多少加入しにくいイメージです。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top