ホーム » 色々な会社のwimaxサービス » BroadWiMAXとUQ WiMAXの違いとは?

BroadWiMAXとUQ WiMAXの違いとは?

■WiMAXをお得に利用するためには?

屋外でも利用できるインターネット回線としてモバイル通信は今多くの方が利用する
注目の回線となっています。


携帯電話やスマートフォンだけではなくタブレットPCなども普及している中で
屋外でインターネット接続が出来る回線はかなり使い勝手が良くなっています。


携帯キャリアの3G回線やLTEなどもありますが、帯域制限があるために利用には
注意が必要になります。


そこで注目されているのがWiMAXというモバイル通信です。
このWiMAXには帯域制限が無いために、どれだけ使っても速度の低下がなく
いつでも快適に利用することができます。


通常のモバイル通信では一人のユーザーが電波を独占しないために一定期間に規定値を
越えるパケット通信を行うと通信速度に規制をかける措置を取っています。


キャリアによって規定値は変わりますが、多くの場合月7G以上のパケット通信をすると
速度規制をかけられます。


これを帯域制限といいますが、この帯域制限がWiMAXにはありません。
その為にヘビーユーザーにはとても人気がある回線です。


そこでこのWiMAXをもっと詳しくチェックしてみました。
今回は回線提供をしているプロバイダを含めてチェックをしてみます。


調べるのはUQ WiMAXとBroad WiMAXの2つのプロバイダです。
料金やサービスなどをチェックしてよりお得に利用できるところや
プロバイダの違いなどを詳しく調べてみました。


■それぞれのプロバイダをチェック

UQ WiMAXは元祖と言われるWiMAXサービスの老舗プロバイダです。
回線のサービスを提供している会社がプロバイダのサービスも行っているのでUQ以外の
プロバイダはすべてMVNOという事になります。


すべてのWiMAXサービスの提供があり、選べるプランも豊富です。
多くのMVNOでは年間パスポートの契約を選べるだけですが、UQ WiMAXなら
Flatプラン、年間パスポート、UQステップ、1DAYと色々なプランを選べます。


さらにauのユーザーに対して携帯料金の割引プランも用意されています。
キャッシュバック等の加入特典はありませんが、色々なプランを選んで利用する事が
出来るプロバイダです。


月額利用料は年間パスポートの1年契約で3,696円です。
これに事務手数料の3,000円が最初にかかります。


Broad WiMAXは業界でもかなり安い月額利用料で使うことが出来る料金プランが
魅力のプロバイダです。


年間パスポートの契約では月額利用料が2,856円で利用できます。
ただし契約は2年契約、途中解約の違約金が9,500円かかります。


さらに初期費用として最初の月に18,857円、これに事務手数料の3,000円を足して
21,857円必要になります。


こちらのプロバイダも加入特典やキャッシュバックがなく、月額利用料のお得さを
実感するためには3年以上使い続けることが必要になります。


この2つのプロバイダはサービス提供の種類と月額利用料、それの初期コストが
大きく違う、という結果になりました。


■どちらのプロバイダがよりお得に利用する事ができる?

月額利用料だけを見るとBroad WiMAXはかなりお得に利用できるように見えます。
ただし初期費用がかなり大きくかかるので、それを還元させるためには長い間の
契約が必要です。


現在ではWiMAX2+のサービス提供が始まっている中でWiMAXを長期間使い続けるのは
かなりリスクが高いと言えます。


実際にWiMAXはすでにサービス停止が決まっているので、今後は完全にWiMAX2+への
サービス移行となります。


この時期に長期間の契約でお得になるBroad WiMAXの契約はかなりリスキーと感じます。
ただしモバイルルーターの新機種はもうWiMAXでは発売されないはずなので2年以上
利用をしてもルーター遺体は最新端末のままです。


UQ WiMAXの場合料金の割引などはないのですが、自分の利用ペースで料金プランを
選んで契約できるという魅力があります。


2段階低額プランなどが選べるのでパケット通信量にばらつきがある場合はコストを
抑えることが出来るプラン選びが可能となります。


ただし選んだデータ端末によっては高額料金を支払う可能性があります。
最近ではWiMAX端末がほとんどのプロバイダで無料か1円で購入可能です。


利用している回線はどちらも同じWiMAX回線です。
その為に利用できるエリアや最高速度に違いがありません。


元々WiMAXはベストエフォートの最高速なので、利用するエリアの電波状況で
大きく速度が変わってしまいます。


そのためにプロバイダを選ぶ時にはサービスや料金の違いがポイントに成ります。
今回のUQ WiMAXとBroad WiMAXのように月額利用料や初期費用が大きく変わる
プロバイダの場合、自分の使い方にあったプロバイダを選ぶことが重要です。


今回の場合はどちらも新規加入キャンペーンがなく、初期費用がかかるプロバイダですが
初期コストの割引やキャンペーンでキャッシュバックなどを行っているところなら
さらにお得にWiMAXへの加入が出来る場合もあります。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top