ホーム » 色々な会社のwimaxサービス » So-net WiMAXとUQ WiMAXの違いは?

So-net WiMAXとUQ WiMAXの違いは?

■WiMAXはどこで加入しても同じ?

モバイル通信の中でも帯域制限のない通信回線として人気があるのがWiMAXです。
多くのヘビーユーザーが利用するモバイル通信として有名でもあります。


最近、さらに通信速度が上がった完全互換上位回線のWiMAX2+も発表されサービスも
開始されました。


WiMAX2+の場合帯域制限無しという特徴がなくなりましたが最高速度は下り110M/bps
とかなりの高速通信が可能になりました。


今後はWiMAX2+の対応エリアを増やしていく計画で、すでに主要都市外のエリアでも
利用できる所はかなり増えてきています。


そんなWiMAX2+は従来のWiMAXと同様に色々なプロバイダからサービスの提供が
行われています。


MVNOで大手プロバイダからも色々特徴的なサービスの提供があり、お得に加入が
出来るプロバイダなどもありました。


回線の提供をしているUQコミュニケーションズ自体もUQ WiMAXというプロバイダで
サービスの提供をしています。


ではこのUQ WiMAXと他のプロバイダのサービスでは違いがあるのでしょうか?
速度に違いやサービスの違いなど色々な違いをチェックしてみたいと思います。


お得になるならどれ位お得になるのか?使いやすさなどの違いはあるかなど
プロバイダによる違いをチェックしてみます。


今回は大手プロバイダのSo-net WiMAXとUQ WiMAXのサービスの違いを
チェックしてみました。


■UQ WiMAXとSo-net WiMAXの違いとは?

現在So-net WiMAXでは新規でWiMAXへの加入を受け付けていませんでした。
そこでWiMAX2+への加入キャンペーンをUQ WiMAXと比べて見ます。


So-netで添加しているキャンペーンでNAD11という端末購入と同時に加入する場合の
キャンペーン展開がありました。


キャッシュバックか最新たプレットPCのレンタルから選んで利用できるキャンペーンを
展開していました。


キャンペーンを利用することでNAD11の端末本体の料金が0円で購入できます。
さらに申し込み月の利用料が無料、最初の24ヶ月だけ月額利用料500円引き
というキャンペーン特典が利用できます。


同じ端末NAD11をUQ WiMAXで購入してWiMAX2+に加入する場合の料金などを
調べてみました。


加入する時に購入すればNAD11の端末料金が2,800円になります。
本体定価が20,000円なのでかなりの割引価格になります。


また申し込み月の月額利用料は日割り計算で支払いとなります。
月額利用料の24ヶ月割引はこちらも利用する事が出来ました。


月額利用料はSo-net WiMAXの場合3,498円、UQ WiMAXは3,696円です。
月額利用料も多少安くなっています。


初期コストの一つ事務手数料はどちらのプロバイダでも3,000円かかります。
キャッシュバックと端末料金の分だけSo-net WiMAXの方が多少お得に
加入することが出来そうです。


WiMAX2+の場合契約が年間継続契約が基本で、2年間の継続契約です。
どちらのプロバイダも2年間は変わらず、基本料が少し安い分だけSo-net WiMAXが
年間コストが安くなります。


何よりキャッシュバックと端末料金無料はかなり魅力的な特典です。
タブレットPCの利用をしてみたいという方にはこちらのレンタルも魅力的です。


基本的な加入ができると言われているUQ WiMAX殿比較ですが、現段階でも多少の
違いを見つけることが出来ました。


■お得に加入するためには?

今回は最新端末ではなくちょっと前に販売された端末を購入する場合のキャンペーンを
チェックしてみました。


最新端末ではないので端末料金などの違いがととても大きくなり、So-net WiMAXの方が
よりお得に加入できると感じました。


調べてみると期間限定のキャペーンですが、最新端末でも上記のキャッシュバックか
タブレットPCレンタルのキャンペーンを利用することができます。


さらにすでにSo-net会員になっているユーザーがWiMAXを申し込みすることで
月額利用料の割引をすることも出来るようになっています。


一方のUQ WiMAXではハートネット割引など障害者向けのサービスの提供など
多くの方がお得に利用できるサービスを行っています。


端末代金は最新端末でも割引がされていますので、2年間だけではなく長期間の
利用を考えている場合はこちらもオススメできるプロバイダです。


基本的に同じ回線を利用しているので速度などに大きな違いはない、と言われています。
実際に体感できる速度の違いは殆ど感じられるものが無いためにサービスでプロバイダを
選ぶユーザーも多くなっています。


厳密には利用している中継機などの違いがあるために多少の速度の違いがありますが
それを体感できる方はほとんどいないので気にする必要はありません。


どちらのプロバイダもサービス内容も信頼性も高いプロバイダなので、利用できる
キャンペーン等で加入先を選んでも問題無いと思います。


初期コストを掛けたくない場合はSo-net WiMAX、長期間利用を続ける場合には
UQ WiMAXがそれぞれおすすめのプロバイダです。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top