ホーム » 色々な会社のwimaxサービス » UQ WiMAXのプロバイダの違いとは?

UQ WiMAXのプロバイダの違いとは?

■WiMAXが利用できるプロバイダとは?

モバイル通信のWiMAXは多くのユーザーが利用している通信回線の一つです。
特徴として帯域制限がなく、どんなに利用しても通信速度が遅くなる速度規制を
かけられないというメリットが有りました。


最近では完全上位互換のWiMAX2+にサービスを移行する準備が整いつつあります。
それでも多くのプロバイダからまだサービスの提供が行われています。


元々は回線提供をしているWiMAXがサービスをしているUQ WiMAXから
申し込みをして利用できる通信回線でした。


今では大手プロバイダなどからもサービスの提供があり、選んで利用する事が
出来るようになっています。


ではこのプロバイダに因る違いとはなんなのでしょうか?
基本的に回線はすべてWiMAXが提供している回線なので、速度などはプロバイダでは
変わらないはずです。


ではプロバイダによる違いとは一体なんなのでしょうか?
プロバイダを選ぶことでWiMAXを利用する上でお得になるなどの違いが出来る
ということなのでしょうか。


そこでUQ WiMAX以外のプロバイダから提供されているサービスの違いを
チェックしてみました。


プロバイダの中には完全にWiMAX2+にサービス移行が行われていて、現在では
新規加入のユーザーを募集していない所もあります。


そこで今回はまた新規加入でWiMAXに申し込みができるプロバイダをチェックします。


■WiMAXサービスのプロバイダによる違いとは?

まずは基本となるUQ WiMAXのサービス内容をチェックしてみます。
月額利用料3,696円 1年契約の年間パスポートの料金
事務手数料 3,000円
データ端末料金 1円~
途中解約違約金 5,000円 継続契約の場合のみ


選べるプランが年間契約やフレットプラン、2段階定額プランに1DAYプランと
自分の使うペースに合わせて選ぶことが出来るのが特徴です。


ただし初回加入特典などがなく、事務手数料も普通にかかります。


他のプロバイダを見てみると同じように年間パスポートの契約ができる所はかなり多く
その料金も最安値では2,759円の月額利用料で使うことが出来ます。


また違うプロバイダでは新規加入特典の利用ができるようになっています。
キャッシュバックや初期費用、事務手数料無料などの特典を利用することでお得に
WiMAXを始めることが出来るようになっています。


この様にプロバイダによってかなり新規加入特典については違いがありました。
特にキャッシュバックは初期コストを下げることができるので、おすすめの特典です。


ただしこれらの特典が利用できるプロバイダはほとんどが2年契約が必要で
当然と仲介役の場合違約金を支払うことが必要です。


すでにWiMAX2+への完全移行が決まっているサービスを長期間契約するリスクも
考える必要があることも事実です。


WiMAX回線を選ぶ時には契約期間とキャンペーンのバランスをきちんと理解して
自分の利用方法なども事前に考えることが必要となります。


■タイプ別のプロバイダの特徴とは?

現在まだWiMAXサービスの提供を行っているプロバイダの特徴をチェックしてみます。
サービス内容等に違いがあるのかを調べてみました。

・キャンペーンの利用が出来るタイプ
新規加入をすることでキャッシュバックができるなどオトクな特典が利用できるタイプの
プロバイダではキャッシュバックやプレゼント特典が多く見られます。


キャッシュバックの場合は数カ月間の利用が必要で、契約してから9ヶ月後の
料金支払いが確認されてからキャッシュバックの登録メールが届くなどの制限があります。


モバイル通信との相性が良いタブレットPCのプレゼント特典を展開している所も
多くありましたが、ほとんどが期間限定特典なので加入シュル前にチェックが必要です。


・月額利用料がお得なタイプ
毎月の利用料金がUQ WiMAXに比べて安くなっているプロバイダでは初期費用などの
割引がありません。


事務手数料の他に初期費用が加算されるプロバイダもありました。
さらにこのタイプでは途中解約の違約金が高額な所が多くなっています。


UQ WiMAXは年間パスポートなどの途中解約で5,000円の違約金がかかります。
他のプロバイダでは途中解約で9,500円の違約金がかかる所があり、かなり高額の
違約金が発生する可能性があります。


・他の賞金が割引されるタイプ
家電量販店に多いのがパソコン購入と同時に加入することでパソコンの料金を割引する
という特典が利用できるところです。


WiMAX自体に割引があまりない代わりに、パソコンを大きく減額することが出来ます。
一時期にはパソコン本体0円購入が可能なところもありました。


長期間利用する場合には月額利用料が安い所がトータルでお得になりますが、現在では
WiMAXを長期間利用するリスクがかなり大きくなります。


新規加入する場合には自分の利用するスタイルをきちんと把握するようにしましょう。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top