ホーム » 色々な会社のwimaxサービス » UQ WiMAXと3G回線の違いとは?

UQ WiMAXと3G回線の違いとは?

"■高速でモバイル通信を利用するためには?

最近ではインターネットを家庭以外で利用するユーザーが増えています。
モバイル通信が普及したために、屋外でも手軽にインターネット接続が出来るように
回線設備も進んでいます。


特に携帯電話やスマートフォンを利用してのインターネットは利用者も多く
固定回線を利用していないユーザーもかなり多くいます。


この携帯電話などの通信回線のことを3G回線といいます。
最近多くのスマホでも対応し始めたLTEなどの回線が4G回線です。


携帯電話で利用されているこの3G回線の他にもモバイル通信ではポケットWi-Fiが
LTE回線を利用しています。


さらにWiMAXという回線もあります。
こちらはLTEとも3G回線とも違うモバイル通信回線となっています。


では実際に3G回線とWiMAX回線とはどのような違いがあるのでしょうか?
携帯電話やスマホでは利用されていないWiMAX回線とはどの様な回線なのでしょうか?


近年、完全上位互換回線のWiMAX2+へのサービス完全移行も行われる、今注目の
モバイル通信のWiMAXはどんな回線なのでしょうか。


今回は携帯電話で利用されている3G回線と比べてみます。
2つの回線の違いをチェックしてみたいと思います。


■3G回線とWiMAX回線の違いとは?

まず3G回線について調べてみました。
3G回線とは3rd Generationの略称です。


日本語の意味では第三世代の回線という意味になります。
通常の電話回線が第一世代、docomoのMOVAが第二世代となります。


その後の通信回線、docomoで言うところのFOMA回線やこの頃から参入している
他のキャリアの通信回線のことを3G回線と呼んでいます。


つまり音声通信をメインにした通信回線なのでデータ通信は音声回線を邪魔しないこと
という制約がつく通信回線でもあります。


その為に音声回線の多くの領域を取ることが必要なのでデータ通信量に制限をかけるなど
色々な措置が取られています。


3G回線の場合パケット通信量が毎月規定値以上を使うと制限がかかるのはこのためです。
LTEやXi等の4G回線がデータ通信を基本にしている回線にできるのも、また3G回線が
音声通信を受け持ってくれているためです。


一方のWiMAXは完全にデータ通信のための回線です。
音声通信をしないためにすべての領域をデータ通信に当てることが出来ます。


その為に3G回線よりもかなり高速でネット接続が出来る、というメリットが有ります。
ただしdocomoの3G回線と比べると利用できるエリアの狭さは気になるところです。


3G回線と比べるとdocomoは人口カバー率100%という全国エリアの通信可能地域です。
WiMAXは人口カバー率は94%を超えたくらいなので全国のどのエリアでも利用できる
とは言いがたいところです。


しかも高周波数帯を利用しているために電波が反射しやすく、室内ではWiMAXの接続が
なかなかしづらくなるというデメリットも有ります。


安定してネット接続が出来るエリアでは高速通信が可能ですが、安定しないエリアも
存在する為に自分の活動エリアで利用できるかは自分でチェックが必要です。


またWiMAXの最大の魅力としては帯域制限がないことです。
3G回線やLTEなどでは毎月のパケット通信量が決まっていてそれ以上の通信を
行うと速度規制がかかる帯域制限があります。


WiMAXの場合、この帯域制限がないのでどれだけ利用しても速度の低下がなく
快適なインターネット接続ができることが大きな魅力となっています。


特に動画などをよく見るヘビーユーザーの場合、帯域制限がないことはかなりの
魅力となるはずです。


■3G回線とWiMAXはどちらがいい?

通信速度を考えるとインターネットに接続するならWiMAXの方が快適です。
帯域制限もないので、パケット量を気にせずにインターネットを楽しむことが出来るのも
大きな魅力になります。


3G回線の場合、利用できるエリアがかなり広くあることが魅力です。
全国どこでも利用できる、といえるほどのエリアで利用可能なために旅行などで
インターネットを利用する場合は3G回線の方が安定します。


ただし通信速度を見ると3G回線の場合最高速度は10M前後、WiMAXは40Mと
大きな違いがあります。


ホームページなどのデータ量の大きなものを見る場合にはWiMAXの方が快適に
インターネットの利用ができます。


ただ、現在では両方共次の世代の通信規格が発表されています。
3G回線はLTEやXi等の4G回線がすでに整備されエリア拡大も進められています。


WiMAXも完全上位互換のWiMAX2+がすでに発表されています。
利用できるエリアも徐々に広がっていて、近年サービスの完全移行も行われます。


4G回線はデータ通信に特化するようで今では音声通信を行わず、データ通信のみを
担当する回線となっています。


WiMAX2+は従来のWiMAXエリアも利用できる端末が提供されています。
ただしWiMAX2+自体がまだエリアが狭く、契約から2年経つと帯域制限をかけられる
というWiMAXのメリットがなくなる回線になります。


3G回線とWiMAXの違いは大きくありましたが、4GとWiMAX2+の違いはそれ程
感じられなくなるという状況になっています。
"

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top