ホーム » 色々な会社のwimaxサービス » UQ WiMAXとMVNOの違いとは?

UQ WiMAXとMVNOの違いとは?

■WiMAXはどこで契約するとお得になる?

屋外でインターネット接続が出来る回線は最近ではかなり多くなっています。
その中でも多くのユーザーが利用する回線がWiMAXです。


帯域制限がなく、どれだけ利用しても速度低下のないWiMAXは特に動画などを
多く見ることが多いヘビーユーザーに利用されています。


そんなWiMAXですが、最近ではかなり多くのプロバイダから提供が行われる
サービスとなっています。


本家と言われるUQ WiMAXを始め、固定回線のプロバイダとしても有名なところや
家電量販店などからもサービスの提供が行われています。


これらのプロバイダはMVNOと言われ、WiMAXのサービスを個別に提供を
している所です。


ではUQ WiMAXとMVNOではサービス内容等の違いがあるのでしょうか?
利用している通信回線など基本的なサービスの違いがあるならどこを利用すれば
快適に利用する事ができるようになるのでしょうか?


また、そもそもMVNOとは一体何なのかも詳しくはわかりません。
とても分かりづらいと感じる方も多くいるのがMVNOです。


まずMVNOとはおおまかに説明すると通信回線を持っていない業者が回線を
レンタルしてサービス提供をしている、ということです。


つまりWiMAXの場合、UQコミュニケーションズの回線を借りてWiMAXの
サービスを提供している所がMVNOです。


UQ WiMAXはUQコミュニケーションズが行っているプロバイダです。
ここは当然MVNOではありません。


BIGLOBE WiMAXや@nifty WiMAXなどはこのMVNOということになります。
つまりUQ WiMAX以外のWiMAXサービスを行っている所全てがMVNOです。


このUQ WiMAXとMVNOのサービスなどの違いをチェックしてみました。


■UQ WiMAXとMVNOの違いとは?

WiMAX回線の提供をしているUQコミュニケーションズが行っているプロバイダが
UQ WiMAXです。


基本的には大きな割引サービス等がありませんが、すべてのプロバイダがここを
参考にして価格設定などを行っています。


利用できるプランがいつでも解約できる定額プランを始め1日毎の料金設定の
1Dayプランなど4種類のサービスを選ぶことが出来ます。


通信で利用するモバイルルーターも初期は割引のみで購入が必要でしたが
最近では本体1円購入が可能になっています。


大きなキャンペーン等がありませんが基本的なサービスをきちんと受けることが
出来る安定したプロバイダがUQ WiMAXです。


MVNOの場合通信回線を借りているために通信速度などは大きな違いがなく
家電量販店系のMVNOの場合施設までまるごとレンタルをしているために
サービス自体はUQ WiMAXとまったく変わらないと言われています。


実際にプロバイダによって回線速度に違いは殆ど見られず、実感できる
速度の違いは無い、と言われています。


ただしプロバイダによっては多くの会員に提供できる環境をしっかりと整えて
サービス提供をしているために通信速度のボトルネックになりにくい、という
魅力があります。


またMVNOの最大の違いはプロバイダによってキャンペーン展開をしている事
さらに契約年数が2年というところが多いことです。


WiMAXに加入することでキャッシュバックがもらえたり割引ができたりと
色々な特典が利用できるプロバイダが多くあります。


ただし長期間の契約、2年契約が必要で途中解約の場合の解約違約金もプロバイダに
よって変わる可能性があります。


UQ WiMAXの年間パスポートが1年契約なのに対してMVNOでは2年契約で
解約違約金が9,500円という所も多くあります。


MVNOの最大の違いはこのキャンペーン特典と契約期間でした。


■お得に契約するためにはキャンペーンの利用が必要

キャンペーン特典はMVNOによってかなり大きく変わります。
元々UQ WiMAXがほとんどキャンペーン展開をしていないためにお得にWiMAXを
利用するためにはMVNOのキャンペーン利用が重要になります。


特にプロバイダによってはモバイルルーター本体プレゼント、事務手数料無料等の
お得になるキャンペーン展開を多くしています。


これを上手に利用することでWiMAXをかなりお得に始めることが出来ます。
またプロバイダによっては月額利用料を割引している場合もあります。


現金キャッシュバックやパソコンやタブレットPC本体プレゼント等のキャンペーンも
以前はかなり多く見ることが出来ました。


これらのキャンペーンを利用するとかなりお得にWiMAXを始めることが出来る為に
注目されていたプロバイダも多くあります。


その一方でMVNOの場合、急速にユーザーを増やすことでプロバイダが対応できず
通信が遅くなる、という自体もありました。


その為に多くのユーザーが同時に接続しても安定した速度が出せる大手プロバイダを
選んだほうがいい、という方もいたようです。


実際にはWiMAXの回線自体はすべてのMVNOで同じ回線を利用しています。
その為に回線速度に大きな違いが出る可能性は殆どありません。


ただし一度に接続できるユーザー数はやはり大手プロバイダのほうがきちんと設備を
整えている分、安定していると言われています。


実際に体感できる速度の違いは殆ど無いはずですが、安定してお得なWiMAX回線を
利用したい場合は大手プロバイダのMVNOの方が安心できると思います。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top