ホーム » 色々な会社のwimaxサービス » ポケットWiFiとWiMAXの違いとは?

ポケットWiFiとWiMAXの違いとは?

■モバイル通信の違いはどこにある?

インターネットへの接続方法は今ではかなりの種類から選べるようになりました。
中でもモバイル通信は今とても多くの方が注目する通信方法となっています。


スマートフォンや携帯電話を利用してインターネットに接続する方も多いですが
それではノートPCやタブレットPCをネットに接続するには多少難しい設定などが
必要になってしまいます。


そこでWi-Fiを利用してもっと簡単にネット接続が出来るようなモバイル通信に
今とても注目が集まっているんです。


タブレットPCなどだけではなく、スマホもこのモバイル通信を利用して
接続することでパケット代の節約をすることも出来ます。


また利用する通信手段によってはかなりの高速通信が出来るようになります。
携帯電話やスマホで利用している3G回線よりも高速通信が出来るモバイル通信は
今かなり多く揃っています。


でも多くの種類があるのですが、その違いがよくわからないという方も多くいます。
そこでモバイル通信のそれぞれの特徴などをチェックしてみました。


今回はモバイル通信の中でもかなりのユーザーが既に利用をしている回線の
ポケットWi-FiとWiMAXの違いをチェックしてみました。


どちらも屋外で高速インターネット接続ができることが注目されている回線です。
モバイル通信ですが固定回線に比べても遜色ない高速通信が可能となっています。


どちらも全国エリアで利用することができるモバイル通信ですが、それぞれの
特徴などの違いはあるのでしょうか?


外宮額利用料などを含めてチェックしてみました。


■ポケットWi-FiとWiMAXの違いとは?

ポケットWi-FiはイーモバイルやSOFTBANKからサービスの提供がされている
モバイル通信です。


現在提供されているサービスはイーモバイルLTEです。
3G回線よりも高速通信が可能なLTEを利用したデータ通信ができる端末です。


LTE対応エリアなら最高速度110M/bpsという高速通信が可能です。
現在LTEエリアはかなりの速度でエリア拡大をされています。
その為に主要都市以外でも利用できるエリアは広がりつつある状況です。


ただし一定期間内に規定値以上のパケット通信を行うと速度制限がかかる、という
いわゆる帯域制限があります。


月額利用料は3,880円が基本で、提供している会社によって多少料金が変わります。
Yahoo!の場合はプレミアム会員なら割引サービスが利用できるようになっています。


WiMAXはUQコミュニケーションズが提供しているモバイル通信です。
MVNOとして多くのプロバイダが同じ回線を提供しています。


回線速度は40M/bpsと3G回線よりは高速通信が可能ですが、LTEよりも最高速度は
落ちる通信回線です。


対応エリアはかなり広く、人口カバー率は94%を超えると発表がありました。
ただし利用している電波が高周波数帯なので建物の中ではかなり接続しづらいと
感じるユーザーが多くいます。


一番の魅力は帯域制限がないモバイル通信ということです。
どれだけ利用しても速度規制をかけられることなく、同じ速度で利用する事が出来ます。


動画を多く見る方などヘビーユーザーにかなり利用されている回線でもあります。
人によっては固定回線の代わりに利用している方もいるほどです。


UQ WiMAXという直営のプロバイダの料金を見ると月額利用料は1年契約の場合
3,696円となっています。


プロバイダによって月額利用料は変わりますので、もっとお得に利用できる可能性も
ありますが初期コストなどかかる場合もあります。


■どちらのモバイル通信がお得に利用できる?

月額利用料を考えるとほとんど違いがないので、使い方によってどちらの回線を
利用するかがおすすめのポイントとなります。


一番大きな違いは帯域制限がある、と無いという違いです。
かなり動画などの大きなデータファイルを利用する方の場合WiMAXの方が
パケット量を気にせずにネットができるのでお勧めです。


ポケットWi-Fiの場合帯域制限はありますが、通信速度はLTEエリアならかなりの
通信速度になります。


屋外でノートPCなどを利用する場合は通信速度が早いほうが快適なのでその場合は
ポケットWi-Fiの方が快適です。
ただし帯域制限には十分な注意が必要です。


とても使いやすそうなWiMAXですが、先日完全上位互換回線のWiMAX2+が発表され
こちらの回線に完全移行することが決まりました。


プロバイダの中にはすでにWiMAX2+のサービスを開始し、WiMAXのサービスを
新規に受け付けていない所もあります。


これから新規でWiMAXに加入する場合にはもう新しいモバイルルーターの発表も
発売もなさそうなので今後の通信速度向上に期待することが出来ません。


ポケットWi-Fiの場合LTEエリアが広がればどこでもかなり使いやすくなりそうです。
でも現状ではLTEエリアの拡大を待っている状況なので、すでに対応しているエリアなら
使い勝手はかなり良さそうです。


WiMAX2+には帯域制限があるので自分の活動エリアがどちらに対応しているかで
決めるという方法でも問題無いと思います。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top