ホーム » wimaxのキャンペーン » 一番安いプランでWiMAXが利用できるのは?

一番安いプランでWiMAXが利用できるのは?

■一番安くWiMAXを利用できるのはどこ?

モバイル通信の中でも帯域制限がなく、速度がいつまでも変わらず利用できるのが
特徴なのがWiMAX回線です。


ヘビーユーザーにも多く利用されている回線で、最近では完全上位互換のWiMAX2+も
サービスの提供が始まりました。


WiMAX回線はすでにかなりのエリアで利用することができる回線です。
WiMAX2+も徐々に利用可能エリアを広げている途中で、今後は全国的に多くの都市で
利用できる計画が立てられています。


新しい高速モバイル通信としても注目されている回線で、すでに多くのプロバイダからも
サービスの提供がされています。


WiMAX回線を提供しているUQコミュニケーションズもUQ WiMAXというプロバイダを
事業展開していますが、その他のプロバイダでもMVNOとしてサービスの提供があります。


ではそれらのプロバイダで一番安いプランを提供しているのはどこでしょうか?
WiMAX自体のサービスはすでに新規加入者の募集を行っていないので、今回は
WiMAX2+の新規加入キャンペーンなどをチェックしてみました。


すでに多くのプロバイではWiMAX2+のキャンペーン展開を行っています。
中には月額利用料の割引などを展開しているプロバイダもあります。


それらのプロバイダからキャンペーンや月額利用料などをチェックして一番安い
プランを提供しているところをチェックしてみます。


■プロバイダの月額利用料をチェック

一番安いプランと聞いて思い浮かぶのはやはり月額利用料の安いプロバイダです。
基本的には月額利用料はそれ程大きな違いがなかったのですが、最近では
プロバイダによってかなり変わるようになりました。


・Broad WiMAX
すでにWiMAXのサービス申し込みは新規加入者を受け付けてはいませんが
WiMAX2+の申し込みは出来るようになっています。

月額利用料2,856円は他のプロバイダに比べるとかなり安くなっています。
モバイルルーターの端末料金も本体価格0円で購入できるようになっています。

ただし初期費用として18,857円、事務手数料3,000円がかかります。
そのために初期コストが一番大きく、トータルコストでみると他のプロバイダと
それ程変わりがありません。


・@nifty WiMAX2+
月額利用料は3,670円、これにキャッシュバックかタブレットPCのプレゼントの
どちらかを選んで利用できるキャンペーンがあります。

端末代金は本体1円、事務手数料3,000円と初期コストがかなり低く安いプランに
なっています。

すでに@niftyの会員なら月額利用料3,450円で利用することができます。


・BIGLOBE WiMAX2+
月額利用料は3,695円とUQ WiMAXと変わらない月額利用料ですがキャンペーン特典が
タブレットPCを選んで本体価格0円購入が出来ます。

またモバイルルーター本体も価格0円で購入できます。
事務手数料のみの初期コストで、タブレットPCをもらうことが出来るプロバイダです。


この他には不定期で加入申し込みができるRaCoupon WiMAXがあります。
月額利用料1,991円は業界でも最安値ですが、クーポンチケット販売サイトでの
取り扱いのためにいつでも加入できるとは限りません。


また数量限定のために売り切れになると加入できないなど申し込みはしづらいイメージの
プロバイダです。


月額利用料だけを見るとかなりお得なプロバイダも多くなっています。
ただし今後は多くのプロバイダでキャンペーン展開も期待できるので、それぞれの
プロバイダの特典をチェックしてから加入することがお勧めです。


■一番お得なプロバイダはどこ?

一番安いプランを提供しているのはRaCouponですが、こちらの場合は申し込みができる
タイミングがかなり微妙になります。


さらにクーポンチケットの値段が販売される時によって変わりますので、次に販売が
行われる時に同じ料金とは限りません。


また基本的にはサポートなどが他の大手プロバイダに比べると心配な点もあります。
実際に多くのWiMAXユーサーが利用していた大手プロバイダもWiMAX2+のサービスは
提供を始めています。


色々なプロバイダを見てみると基本的にはモバイルルーター本体価格は0円か1円です。
それに事務手数料はこちらのサービスをしているプロバイダはほとんどありませんでした。


WiMAXの時には初期コストは殆どかからずに加入できたのですが、WiMAX2+では
多少のコストが掛かります。


月額利用料だけではなくキャッシュバックも考えると大手の@niftyとBIGLOBEが
いろいろな特典が利用できるのでかなりお得に感じます。


月額利用料を考えるとBroad WiMAXとGMOとくとくBBがお得です。
ただしBroad WiMAXの場合は初期費用がかかる点に注意が必要です。


この様にかなり多くのプロバイダからサービスの提供があるWiMAX2+です。
お得に利用できるキャンペーンや月額利用料を良くチェックして、自分に合った
プロバイダを選ぶようにしましょう。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top