ホーム » wimaxのキャンペーン » wimaxキャンペーンの特典はデオデオ、価格ドットコムどっちが得?

wimaxキャンペーンの特典はデオデオ、価格ドットコムどっちが得?

■デオデオ(DEODEO)のwimaxキャンペーン

デオデオとは、西日本を中心に勢力的に展開をしている家電量販店ですが、
現在はエディオンの傘下となっているグループの家電店です。

2012年10月から店舗ブランドもエディオンに統合され、デオデオで加入するwimaxは
エディオンのモバイルインターネットサービスKuaL net(クオルネット)となります。

それではこのクオルネットでは現在どのようなキャンペーンが行なわれているのでしょうか?

デオデオ(エディオン)でのwimax申し込みではメールアドレスを無料で一つ付与、
エディオンカード会員なら月額料金が200円引き、端末費用1円~、
駅や空港などで使える公衆無線LANが無料などのキャンペーンが行なわれています。

また、先着50名限定ですが「Kindle Paperwhite(キンドル ペーパー ホワイト) Wi-Fi 2013」
がプレゼントされるというキャンペーンがインターネット上で行われています。

更に、wimax搭載パソコンの購入でエディオンポイントが5,000ポイント貰える
キャンペーンも行なわれているようですが、店頭での申し込みが必須となる為、
店舗が存在しない地域では利用できませんのでご注意下さい。

■価格ドットコムのwimaxキャンペーン

価格ドットコムでは現金キャッシュバックのキャンペーンを随時勢力的に行なっています。

売れ筋の1位は最大33.184円のキャッシュバックのプランで、続いて31.984円、25.000円と
高額なキャッシュバックのプランが続きます。

これだけ見るととてもお得なようですが、実際はどうなのでしょうか?

価格ドットコムでの申し込みですが、これは独自のプロバイダを有している訳ではなく、
GMOとくとくBB、hi-hoモバイルコース-wimax、VOYAGE WiMAXなどでの契約を
価格ドットコム側が代理店のような形で請け負っているということになります。

ですので加入の際には、自分がどのプロバイダで申し込むことになるのか、
どんなプランへ加入することになるのかを一度チェックする必要があります。

また、実質○○円!と安さを売りにしていますが、この実質価格と言うのは
実際に月々支払う金額ではありません。

キャッシュバックを受けた額を1年目の月々料金から差し引き、更に12ヶ月で割ったもの
となりますので、キャッシュバックの申請、受け取りが完了して初めて
その恩恵が受けられる事となります。

更に、キャッシュバックの時期も、以下の様におよそ1年が経過してからとなります。

GMOとくとくBBの場合は端末到着後12か月程度に振り込み。
hi-hoの場合は利用開始月を含む12か月後に発送。
VOYAGE BBの場合はご利用開始月から12か月を経過した月の月末頃。

もしwimaxを1年未満で解約したくなった場合にはキャッシュバックは受け取れませんし、
価格ドットコムでの契約は2年契約となっていますので、
2年目からは正規の料金で契約を続けなくてはならないことにも注意が必要です。

■その他インターネット契約でのwimaxキャンペーン

それではその他のインターネット契約が出来るサイトでのキャンペーンを見てみましょう。

「BIGLOBE WiMAX」

希望者全員に以下の、
13ヶ月以上の利用約束でAmazon「Kindle Paperwhite(ニューモデル)」参考価格10.280円
24ヶ月以上の利用約束でAmazon「Kindle fire HD 7タブレット(16GB)」参考価格18.380円
をプレゼントで貰うこと出来ます。

「nifty WiMAX」

14.000円のキャッシュバックキャンペーンがあります。
キャッシュバック特典は、開通月(機器到着月)を含む9カ月目に
登録をした受取口座へ現金振込がされます。

「GMOとくとくBB」

キャンペーンその1
「Nexus 7(2012年モデル) 32GB」が2台プレゼントされるキャンペーン。

キャンペーンその2
「ガラポンTV 参号機」税抜き39.800円のものが0円で手に入るキャンペーン。

キャンペーンその3
最大で25,000円キャッシュバックが受け取れるキャンペーン。

キャッシュバック特典は、端末受け取り月を含む11か月目に
基本メールアドレス宛に「指定口座確認通知メール」を送信の上、
返信があった日の翌月の最終営業日に口座に振り込みとなります。

「so-net WiMAX」
ソネットポイント30,000円分相当のプレゼントキャンペーンがあります。

申し込みから9ヶ月後の月末時点でキャンペーン対象サービスのご利用開始が確認できた方へ、
利用開始から11ヶ月後の中旬にSo-netよりソネットポイント30,000ポイントが付与されます。

■インターネット契約はキャンペーンの宝庫

このように、ざっと見ただけでもwebでの契約はキャンペーンの種類が豊富な事に気付きます。

月額利用料金だけで比較すると、実際大きな差はありませんので、
キャンペーンの内容で加入を決めるのが良いといえます。

「Kindle」や「Nexus 7」が貰えるキャンペーンでは、
1ヶ月以内に特典を手に入れることが出来ますし、
同じキャッシュバックキャンペーンでも、「nifty WiMAX」なら
1年以内に特典を受け取る事が可能です。

また各社によってサポート体制などが違いますので、
wimax加入を考えるのでしたら自分に合ったプランをインターネットで探し、
特典の内容など目的に合わせて契約するのが良いでしょう。

WIMAXは値段だけで選ぶのは危険?

■本当にお得なWIMAXの会社はどこか?
■キャッシュバック額に目を奪われると損をする?
■結局どのプロバイダを選べばよい?

⇒疑問にお答えする比較表はこちら







WIMAXは月額5000円近くなる・・・

もちろん自宅のネット回線をWIMAXで一本化できるので
光回線など、固定回線を自宅に引かなくてもよくなりました。

ただ、WIMAXは料金が高いのがネックです。

WIMAXは月額(税抜き)で「4380円」。
税込みだと4700円と5000円近くまでいってしまいます。


月7G超えるときもあるけど、毎月ではない、
という人はWIMAXに向きません。

なぜかというと、コストパフォーマンスが最悪だから。

そういう人はスマホのテザリングと下記の7G制限のある
モバイルWIFIが最適です。


>>WIMAXよりかなり安いモバイルWIFIを見てみる

なんといっても1Gあたりのコストが最安です。
今時携帯でも1G追加するのに結構とられますからね・・・

ヤフーWIFIだと1Gあたり約285円で使えてしまいますので
ポケットWIFIの定番になりつつあるようですよ。






関連記事

Return to page top